知っておかないと釣具を買い直すことに…!?「釣具の後片付け」の方法を知って長持ちさせよう

シーバスフィッシングのタックルの悩み

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

「釣りから帰った後に、何をしたいのかわからない。」

「いつの間にかフックが錆びていた。どうしたらいいの?」

 

 

 

 

 

 

こういった悩みには、

釣りから帰った後の片付けを知っておくことで

次回の釣りもスムーズに行うことができます。

 

今回の記事もぜひとも読んでくださいませ

 

 

 

 

関連記事:ビギナーが「ただ巻き」を使いこなすべき2つのワケ

関連記事:「こういうリトリーブコースを見逃すな!」な2つの理由

 

 

 

釣り具は錆びて壊れやすいのでメンテナンスする

釣り具は金属やプラスチックなどを素材にして作られています。

 

そしてソルトウォーターフィッシング(海釣り)では海水で使うので

使った後に洗っておかないと

あっという間にサビて壊れてしまいます。

 

 

 

壊れたら有料でパーツ交換してもらうか

買い直すことになってしまいますので、

しっかり洗って手入れすることで長持ちさせましょう。

 

 

 

 

釣りから帰ったら絶対にするべき釣具の後片付け


釣りから帰ったら片付けをしなければなりません。

 

塩水がついたままのタックルを洗浄しなければ

あっという間にサビの塊になってしまいます…

 

 

そうそう、

持ち帰ったゴミを分別して捨てておくのも

お忘れなく。

 

 

 

 

 

釣りから帰ったら

・真水で洗うもの

・洗わずに片付けるもの

・分別して捨てるゴミ

と分けます。

 

 

具体的には、

 

真水で洗うもの

使ったルアー、ロッド、リール、タモ、偏光グラス

海の波しぶきを浴びた道具すべて

 

 

洗わずに片付けるもの

使ってないケースに入っていたルアー、リーダー

 

 

分別して捨てるゴミ

ラインの切れ端(糸くず)、飲み物のペットボトル、拾って持ち帰ったゴミ、ルアーやワームのパッケージ、ワームのちぎれたもの

 

 

 

 

私は

釣りから帰った後に

 

使ったルアーなどのタックルは

すぐに真水で洗います。

 

 

 

一度でも使ったルアー、

ロッド、リール、タモ、偏光グラス

 

これらは塩水でサビますから

絶対に洗っておきます。

 

 

 

 

 

洗うときに注意する事は

真水で洗うことです。

 

リールの内部のオイルやグリスが流れ落ちてしまうので

絶対にお湯で洗ってはいけません。

 

 

 

リール、ロッド、ルアーも

同時に洗うので

すべて真水で洗うようにします。

 

 

 

ロッドを洗うとき


ガイド、ガイドのつけ根を特に注意して洗います。

 

ガイドは洗い残しがあると錆びて劣化してしまいます。

忘れないうちに洗っておきましょう。

 

 

ガイドのつけ根は

塩水がたまりやすい場所です。

他の部分よりも集中して水を掛けておきましょう。

 

 

 

洗った後は、

タオルで水分を拭き取った後、

日に当たらない場所で陰干ししておきましょう。

 

 

 

 

 

リールを洗う


リールはドラグが締まったまま水洗いをします。

(ドラグが緩んだまま洗ってしまうと、ドラグの内部まで水が侵入してしまい故障の原因になってしまいます。)

 

 

 

必ず、真水で洗います。

お湯ではオイルが抜けてしまうので

絶対に冷水で洗います。

 

 

 

 

この時は、

「かけ洗い」をしますが、

つけ洗いはしてはいけません。

 

ボディの内部まで浸水してしまうと

故障の原因になってしまいます。

 

くれぐれも

つけ洗いはしてはいけません。

 

 

 

 

 

 

ボディやラインローラー周辺だけでなく、

ラインが巻いてあるスプールを親指の腹でやさしく洗います。

 

 

ブラシなどの硬いものでこすったりすると

ラインが傷むので指の腹で軽くこする、軽く揉む程度にしておきましょう。

 

 

 

 

スプールの部分だけは、

他のパーツよりも水で流す時間が長くしておきます。

 

(巻いてあるラインには塩水が溜まりやすいので

なるべく長めに洗っておきます。)

 

 

 

 

あとはラインローラーが

塩の結晶ができて故障してしまいやすいパーツです。

(長めの水洗いをしておきましょう。)

 

 

 

洗い終わった後は、

タオルで隅々までふいておきます。

 

 

 

隅っこのタオルで拭きにくい場所だけは

「パソコン清掃用のエアダスター」を使って水分を吹き飛ばすのもいい方法です。

 

(内部に風を送ってしまうと、グリスを吹き飛ばすことになってしまうので

外側だけにしておきましょう。)

 

 

 

あとはドラグを緩めてから

日の当たらないところで陰干ししておきます。

 

 

 

乾いた後は、

オイルやグリスを挿しなおすと完璧です。

(私の場合10回釣りに行ったら挿しています)

 

※オイルやグリスはメーカー純正のものが無難です。

 

 

 

 

 

ロッドもリールも

「特に金属部分を冷水でよく洗って

水分が残らないように処理してから陰干しをする」という流れです。

 

 

 

 

 

陰干ししなければならないのは

紫外線による劣化を防ぐためです。

 

(特にプラスチックの部分は

紫外線でひびが入ったり耐久性が落ちたりしやすいです。)

 

 

ルアーを洗う


ルアーも水で洗って陰干しします。

 

冷水を二度ほどかけておけば

基本的な洗浄はできます。

 

 

 

 

フックに海藻やゴミがついていたら

取り除いてからもう一度洗っておきます。

 

 

洗浄した後は、

水をよく切ってバケツの縁などに引っかけて陰干ししておきます。

 

ザルに上げておく方法など

試してみたことがありますが、

 

ザルの目にフックが絡んでしまうと大変なので

バケツのフチにかけておくこの方法が良かったです。

 

 

 

 

もしも時間があったら、

乾いた後にフックをチェックしておきます。

 

なまっているフックでは獲物を逃してしまうことになるので、新しいフックに交換しておきましょう。

(研ぐよりも交換するほうが、するどいのでオススメです。)

 

 

 

 

 

洗わずに片付けるものは収納するだけ

使ってないケースに入っていたルアー、リーダーはそのまま収納します。

(塩水を浴びてない限りは、このまま放置しておいても錆びません。)

 

 

 

・分別して捨てるゴミ

まず、プラスチック、金属などと分けます。

プラスチックは普段捨ている、他のプラスチックゴミと同じように捨てます。

 

 

 

 

使わなくなったフックは

そのまま捨てると大変危険なので一手間加えます。

 

 

近くの釣具屋さんにフック回収BOXがない場合は、

使わなくなったフックは缶などの容器に入れて出します。

 

このときに、

「釣り針 危険」とマジックで書いて出してください。

 

 

 

ゴミを回収する方がフックの先でケガをしないように、

缶などの容器に入れて各自治体のルールに従って容器ごと処理します。

(例:地域によっては不燃ゴミとして出します。)

 

 

 

 

 

 

どうでしたか?

タックルに塩水がついたままにしないようにしましょう。

 

 

私は釣りから帰ったら

すぐにお風呂場で水洗いしています。

 

 

時間が経過してしまうと

塩水が乾いて塩の粉が出てくることになってしまいます。(リールを何台もダメにしたことが…)

 

 

 

どうしても帰宅するまでに時間がかかる場合は

自販機でミネラルウォーターを買って洗い流すのも1つの方法です。

(お金がかかりますけどね…)

 

それではまた次回も読んでください。

 

 

関連記事:レンジは重要な要素!レンジキープを試してみよう

関連記事:ビギナーにおすすめする ミノー、シンキングペンシルをただ巻きをする時のロッドの位置、角度は?たった1つのレンジキープさせるための必須知識

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【オンラインシーバス釣り教室・入門講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスフィッシングのタックルの悩み
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました