「メインラインの号数の選び方の疑問」私がPEライン1号をオススメする2つの理由とは?

シーバスフィッシングのタックルの悩み

「PEラインは細いほうが良いんでしょ?」

「何で1号のPEラインをオススメするの?」

 

 

 

私がオススメするPEラインは

スーパーエックスワイヤー8の1号です。

 

 

 

何で0,6号や0,8号ではなく

1号なのかをお話します。

 

 

 

関連記事:最初に揃えるべき!シーバスを釣るために必要な18個のアイテムとは?

PEライン1号はトータルバランスが良いからオススメ

 

PEラインは新しく巻いて使っても、

使い捨てにはしません。

 

 

 

 

私は、1号を使っていますが、

次に巻き替えるまでに、少なくても10回以上は使います。

 

 

 

(使い方にもよるのですが、

コンクリートは岩などの障害物に触れないように使っていると

10~20回くらい使えます。)

 

 

 

 

しかし、以前は

様々なメーカーのPEライン0,8号を使っていました。

 

 

 

飛距離や操作性に魅力があるので

0,8号を使うことにもメリットがあります。

 

 

しかし、

0,8号は細かな傷が蓄積するのが早いのか

巻き替えるペースが早い感じがしました。

 

 

 

私は試しに

多少の飛距離と操作性を犠牲にして

コストパフォーマンスを優先してみることにしました。

 

 

 

0,8号から1号のPEラインに切り替えると

飛距離が目に見えて落ちます。

 

 

しかし、

これは私にとってあまり問題とは感じませんでした。

 

 

 

なぜなら、

私のホームグラウンドでは、

沖合に美味しいポイントがなかったので、あまり困りませんでした。

 

 

 

遠くにポイントがあったり、

逆風の中で飛距離を出したいといったことをされたいのでしたら

0,8号のPEラインも良いかもしれません。

 

 

 

「小さなルアーを最大限に繊細に使いたい」といった場合も

0,8号やときには0,6号も使っていいと思います。

 

 

 

でも、

飛距離と操作性は

「巻きかえの頻度とトレードオフ」です。

 

 

これは言いかえると、

巻き替えるたびに、お金がかかるということになります。

 

 

 

シーバス釣りを始めたばかりの頃は

少しでもお金があったらルアーを購入されたいことでしょう。

 

(ルアーが多いと攻略できる条件が増えるので、ルアーの数だけ有利になるでしょう。)

 

 

 

ちょっとでもお金を浮かせて

ルアーを増やしたほうが良いんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

これらの理由から

「飛距離、操作性、コストパフォーマンスのバランスが良い」ので

PEライン1号をオススメします

 

 

 

関連記事:ラインの強度維持に重要!「2つ+1つのPEラインの強度を維持するための方法」

関連記事:「カーボナイロンライン CN500 6号」←コスパ抜群のリーダーを見つけちゃった!!

ダメージに神経を尖らせたくないから1号をオススメします。

 

あとは、

1号くらいの太さから運用しやすいこともオススメポイントです。

 

 

 

最初はラインの扱いも難しいので

意図せずにラインをどこかに擦れてしまったりします。

 

 

こんな場合も、

1号のほうが、少し耐えてくれるので

「ラインが切れる前に傷を発見してカットする」なんてことも

やりやすいと思います。

 

 

 

 

一方、

0,8号の場合はダメージにはシビアです。

 

多少でも擦れたら

即座に傷がついた場所からカットしなければ

フルキャストしたときに切れることになります。

 

 

 

これが釣りをしているときにずっと続きます。

 

 

もちろん、

メインラインをカットするわけですから、

ラインシステムを何度も組み直す必要があります。

 

 

※ラインシステム(リーダーとメインラインの結び方のこと)

 

 

 

 

メインラインが細いということで

ダメージに神経を使い、ラインシステムを何度も組み直すのはかなりのストレスになるのです。

 

 

 

ラインシステムの組み直しは時間のロスにもなりますから、

チャンスを棒に振るうことにもなってしまいます…

 

ラインシステムの組み直しはなるべく少ない回数にしておきたいです。)

 

 

 

 

 

1号のPEラインでもダメージが蓄積したら切れるのですが、

 

1号は体感的に、

0,8号ほどシビアな感じではなかったです。

 

多少でも耐久度が高い1号をオススメします。

 

 

 

 

程度にもよりますが、

1号はラインが切れるまえに

(ダメージを発見してカットすることで)対処しやすい感じがします。

 

 

 

 

 

 

PEラインにダメージが入ると毛羽立ちます。

PEラインの表面に細かな透明っぽい繊維が出てきます。

 

「擦ったな?」と思ったときはラインをチェックして

少しでも毛羽立ちを発見したら迷わずにカットしましょう。

 

 

関連記事:【動画あり】5分で覚える「FGノットのやり方」楽しく釣りをするための1つの訓練とは?

PEライン1号をオススメする2つの理由のまとめ

・多少の飛距離と引き換えに、巻きかえ頻度を抑えることができる

・巻きかえ頻度が抑えられれば、浮いたライン代金でルアーを購入できる

・1号以上の太さなら、ダメージにそこまでシビアではないので運用しやすい

・PEラインにダメージを発見したらすぐにカットしよう

・耐久性が多少高いので、ラインシステムを組み直す時間を減らすことができる

 

 

関連記事:リールの「最大ドラグ力・実用ドラグ力」って何?シーバス釣りには重要なの?

関連記事:写真でわかる!「スプリットリングとフックを交換する方法」

関連記事:「スナップの寿命を縮めない正しい使い方」を知ってルアーロストを防ごう!

 

 

私がPEライン1号をオススメする理由を

お話してみました。

 

 

 

個人的には「ラインシステムを組み直す時間を減らすことができる」というのが

とても気に入っています。

 

 

時合の時間(チャンスのタイミング)に

ラインシステムを組み直すのは

もったいないですね。

 

やや耐久性に余裕のある1号を使うのは

戦略的とも言えるのではないでしょうか?

 

 

飛距離、操作性の0,8号0,6号

耐久性アップで時間的ロスを減らす1号

アナタはどちらを選びますか?

 

それでは、またお読みください。

お読みくださってありがとうございました。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【オンラインシーバス釣り教室・入門講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスフィッシングのタックルの悩み 初めてでも分かる!シーバス釣りの知識
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました