「時間的コスト3→1」内緒のレンジ攻略の裏技とは!?

シーバスが釣れなくて悩んでいる

シーバス釣りのレンジで迷っておられる方のために

秘密の攻略法をお話します。

 

 

 

 

その攻略法は

「レンジをチェックするために

ルアーを3回通過させる労力を

 

およそ1回の通過でチェックできるというものです。」

 

 

 

 

 

「3→1」内緒のレンジ攻略の裏技とは、どんな方法なのか?

 

レンジは、大まかに分けると

シャローレンジ

ミドルレンジ

ボトムレンジ

 

とあるとします。

 

 

 

 

例として単純に考えると

シャロー、ミドル、ボトムと3分割してみますと

33.3%が3箇所あります。

 

 

 

 

実際にはここまで大雑把に分けませんが、

各レンジを攻略しようとすると

「ルアーを3回通過させたらチェックできる」ということになるとしましょう。

 

 

 

 

しかし、これを

「およそ1回ほど通過させただけでレンジのチェックができる方法」をお伝えします。

 

(ちなみに、私はこのレンジ攻略をナイトゲームでよく使います。)

 

 

 

関連記事:リールの「最大ドラグ力・実用ドラグ力」って何?シーバス釣りには重要なの?

 

内緒のレンジ攻略の詳しい仕組みとは?

通常の攻略法として、

シャロー、ミドル、ボトムとレンジを3分割して攻略する必要があるのは、

ポイントに深さがあるからです。

 

 

 

つまり、

分割する必要がないようなポイントに行けば

3分割に分割しなくても攻略することができるのという攻略法です。

 

 

 

 

浅いところにいるシーバスには、

レンジを考えなくても、ルアーを見つけてもらえる可能性があります。

 

 

 

 

関連記事:ルアーの塗装が剥げたら使えないの?→「塗装の剥げは気にせずに使おう」

関連記事:この1択だけでOK「ファイトのためにビギナーが太いショックリーダーを使うべき理由」

 

分割する必要がないポイントとは?「シャローエリア」

 

レンジを分割しなくて済むようにするには、

シャローレンジだけで攻略ができればいいので、

 

全体的に浅いポイントばかりのシャローエリアを

ポイントに選ぶだけです。

 

 

 

水深が1mくらいのシャローエリアでは

シャローレンジで釣れなかったらミドルレンジ…またはボトムレンジ…とレンジを刻むようなことをしなくても釣ることができちゃいます。

 

 

 

こういうところでは

レンジを細かく攻略せずに

サブサーフェイスのレンジを通過させただけで

釣れたりします。

 

(厳しい条件下を除きます。秋のハイシーズンなら結構使える方法だと思います。)

 

 

 

 

関連記事:永遠の定番「komomoSF-125」をシャロー以外でも使ってい良い理由

関連記事:必見!攻略できるルアー選びをするスキル!「シーバスを釣るために大切な3つの秘訣」初心者が1匹を釣るまでのストーリー、その2

 

意外と盲点な仕組み

シャローエリアでサブサーフェイスを通過させただけで攻略できるのには

面白い仕組みがあります。

 

 

水深が1mくらいのシャローエリアで

サブサーフェイスを通過させたルアーは

1mの海底に潜んでいるシーバスにもルアーを見つけてもらうことができます。

 

 

 

つまり、

浮いているシーバスも

海底まで沈んでいるシーバスにも同時にアピールできてしまうのです。

 

(でも、ルアーをサブサーフェイスを通過させただけだよ。)

 

 

 

 

浅いポイントで

浅いところを通過させただけで

全てのレンジのシーバスにアピールできるという攻略法なのです。

 

 

 

(この釣り方は、フローティングミノーが使いやすいです。

コモモやカゲロウなどがオススメです。)

 

 

 

内緒のレンジ攻略の裏技のまとめ

・水深が深いポイントは当たりのレンジを見つけるのが大変

・シャローレンジだけを攻略するようにすると、

レンジで悩まずに釣りをするという方法もある

 

 

 

関連記事:レンジは重要な要素!レンジキープを試してみよう

関連記事:釣れないときの3つのヒント!「シーバスフィッシングで悩んだら」

関連記事:バイブレーションだけじゃダメなワケ【ルアーセレクトが必要なワケ】

 

 

 

ちょっとトンチっぽい攻略方法なのですが

 

秋のハイシーズンですと、

ベイトを追ってシャローエリアにシーバスが入っている時は

とても有効な釣り方だと思います。

 

 

 

(私は、レンジで迷ってしまってどうにもならなくなった時や

あまり難しい釣り方をしたくない時はこの釣り方を試しています。)

 

 

 

秋のハイシーズンに

ナイトゲームで釣りをするときには

シャローエリア攻略をお試しあれ

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【オンラインシーバス釣り教室・入門講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいる シーバスの習性 楽なシーバスの釣り方
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました