「スナップの寿命を縮めない正しい使い方」を知ってルアーロストを防ごう!

シーバスフィッシングのタックルの悩み

「スナップを使って釣りをしていたらルアーが外れてしまった…原因がわからない…」

「スナップが折れてしまうことがある…」

 

 

 

スナップは便利な道具ですが、

 

正しく使わないと折れてしまたり、

ロックが外れやすくなってしまいます…。

 

 

 

 

 

スナップは「広げない、変形させない」

 

スナップは、

ルアーのラインアイを通しやすいように広げたり、変形させてはいけません。

 

 

 

 

 

 

※↑ロックを外したスナップ

(ロックを解除しただけで広げていません。)

 

 

 

しかし、

スナップを広げてしまうと、

下の画像のように変形してしまいます…。

※ロック解除後に広げてしまったスナップ。

(変形しているので強度が低下してしまっています…。)

 

 

 

このようにスナップが変形した状態で釣りをされておられませんか?、

(これでは、スナップが破損してしまうリスクがあります…。)

 

 

 

 

 

スナップは、広げたり変形させてしまうと、

金属疲労を起こしてしまいます。

 

 

 

すると、

スナップの本来の強度から

「寿命と耐久性」がガクッと落ちてしまいます…。

 

 

 

 

こうなってしまうと、

せっかく強度が高いスナップを使っても

ロックが外れてルアーを失ってしまうことになってしまいます…。

 

 

 

 

どうしたら良いのかというと、

スナップのロックを解除した後は

それ以上広げずに、知恵の輪の要領でルアーをセットしてみてください。

 

 

 

これならスナップを必要以上に変形させないので

強度が落ちにくいです。

 

 

 

動画も撮影してみました。よかったらご覧ください。

 

 

 

関連記事:5分でわかる!レンジキープとロッドの角度の関係

関連記事:逆転の発想!「下巻きの面倒な計算をしなくて済む便利な方法」

スナップはロックを外した後は広げずに使おう

スナップはラインアイに通しにくくても

広げてはいけません。

 

 

スナップは1度でも広げてしまうと強度が低下してしまいます。

(変形したスナップを使っていると、キャストしたときにルアーが外れて飛んでいってしまうこともあります…。)

 

 

 

 

 

スナップはロックを外した後は

知恵の輪のようにルアーのラインアイを通します。

 

 

知恵の輪のように隙間にラインアイを通してください。

 

通すのが辛いのは最初だけ。

コツを掴んだら「つるん」とラインアイを通せるようになります。

 

 

ロックしたらできあがり!

 

 

 

これは、

クロスロックタイプでも

バス用スナップのようなライト系のスナップでも同じで、

 

絶対にスナップを変形させてはいけません。

 

 

 

関連記事:折れる前に知りたかった!「限界以上のルアーウェイトを使うとロッドが折れるかも」

関連記事:え?読んでおけばよかった「入門用リールにワゴン売りはだめなの?」

まとめ スナップの変形は強度低下の原因になってしまう…

・スナップは開きすぎて変形させてしまうと強度が低下してしまいます…。

・キャストしたときや、ロッドアクションを加えたときのように強い負担が加わったときに外れやすくなってしまいます…。

 

・スナップを使うときは、ロックを解除した後はそれ以上広げてはいけません。

・ラインアイを通すときは、知恵の輪のように通してください。

 

 

 

関連記事:写真でわかる!「スプリットリングとフックを交換する方法」

関連記事:知ってた?スナップの使い分け術「クロスロック・スナップ」を選ぶのはこんな場面

関連記事:バイト(アタリ)があっても乗らない時にチェックしたい3つのこととは?

 

 

 

 

スナップは便利ですが、強度が低下した状態では簡単に外れてしまいます…。

 

変形させないように使って、

ルアーをロストしないようにしたいですね。

 

 

今回の記事はここまでです。

お読みくださってありがとうございました。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスフィッシングのタックルの悩み 初めてでも分かる!シーバス釣りの知識
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました