シーバス釣りに小さなリールをおすすめしない理由「#1500くらいの小さなリールを使ったらダメなの?」

シーバスフィッシングのタックルの悩み

「小さいリールに細いPEラインを巻くとどうなるの?軽くて良いんじゃないの?」って思ったことがありませんか?

 

細めのPEラインを使う場合は、ラインキャパシティ(スプールに巻けるラインの量)も足りないわけでないので使えなくはないのです。

 

 

 

 

でも、シーバス釣りで

この小さなリールを使っている人が少ないのはなぜでしょうか?

 

「シーバス釣りに小さなリールを使う人が少ない理由」

私はこうでないか?と思った理由を読んで見られませんか?

 

 

 

 

関連記事:写真でわかる!「スプリットリングとフックを交換する方法」

小さなリールのデメリット「おすすめしない理由」

シーバス釣りに小さなリールを使った場合に何が問題になるのかをお話します。メバルタックルでシーバスを釣ったことがありますが、毎回細いタックルで釣るのは時間がかかってしまいそうです。

 

また、リールのギアのサイズが小さいと様々な点で良くないかなと思います。

 

 

 

 

関連記事:高確率で釣りたい!?最初の一匹を釣るには「ボイルしているシーバスを探そう」

剛性が低く壊れやすい→「買い直してお金がかかる」

リールが小さいと内部のギアも小さいです。小さなギアでは大きな負担が加わったときに壊れやすいです。

 

ファイト中に、抵抗するシーバスを寄せるときにトルクが必要になります。このときに小さなギアでは無理をすることになるので寿命が短くなると思います。

 

 

他には、ライトゲーム用の軽いジグヘッドなどを扱う場合は問題ないのですが、メタルバイブレーションなどの重たくて巻いたときに強い抵抗が加わるルアーをよく使う場合には、リールの寿命も短くなると思います。

 

 

 

関連記事:サクッとイメージできた!「フィートとインチとロッドの長さをイメージしたい」

巻き取る力が弱く、負担の強いルアーを巻くときに疲れる、大きな魚とファイトしても疲れる

小さなリールでは、巻いたときの負担が大きいルアーを使ったときには、手首が疲れてしまいやすいです。同じルアーを使っていても小さなリールでは、力を込めてハンドルを回さなくてはいけなくなるからです。

 

シーバス釣りをすると、それが長時間続くのである程度大きなリールのほうが向いていると思います。(#3000~#4000クラスがいいと思います。)

 

 

 

 

関連記事:釣果アップ!?「シーバスの見逃せない2つのチャンスサインとは?」

小さいリールは巻き上げが遅い→巻き取り回数が増えるので疲れる

小さなリールでは、巻き取りの抵抗が強いだけでなく、

同じペースでハンドルを回しても巻き取るのに時間がかかってしまいます。

 

これは、リールのサイズが小さいとギアが小さいので、ハンドルを1回転させたときに巻き取れるラインが少ないからです。

 

 

 

そこで、一生懸命にすばやくハンドルを回せば、同じ速度で巻くことができますが、それでは手が疲れてしまいます。

 

 

 

シーバス釣りでは、巻いて釣ることがメインになりますので

それなりの速度で巻いたときに疲れないように

小さすぎるリールは向いてないと思います。

 

 

 

関連記事:シンプルでも釣れる!「楽なシーバスの釣り方」とは?

飛距離が落ちてしまう…

リールのスプール(ラインを巻くための部分)に巻いたラインは、

キャスト(投げたとき)したときに勢いよく出ます。

 

 

しかし、このときに出るラインはスプールの表面の一部だけ放出されます。

 

 

※小さなスプールからラインが放出されると、スプールのフチがエッジになってライン放出の抵抗に生ってしまいます。同じだけラインを放出したときに、小さなスプールの方がこのエッジがきつくなりやすいです。やっぱり大きめのリールが良いと思います。

 

 

 

キャストしたときの勢いで20%のラインを放出するとした場合で比べてみましょう。

 

大きなスプールの表面から20%と

小さなスプールの20%では、大きなスプールの方が多くのラインを放出することができます。

 

なので飛距離は大きなスプールの搭載された、

大きなリールの方が飛ばせます。

 

 

関連記事:「カーボナイロンライン CN500 6号」←コスパ抜群のリーダーを見つけちゃった!!

関連記事:フロロカーボンの特性と保存性!?コスパ系のオススメ!!フロロカーボンのリーダーTB300とは?

まとめ

・リールを長く使いたいのなら、小さなリールはおすすめしません

・ある程度の力で巻くためには大きめのリールが向いています。

・小さなリールでは巻いていて疲れます。

・射程距離がほしい、頑張ってフルキャストしなくてもそれなりに飛ばしたい場合も大きなリールの方が良いです。

 

 

関連記事:これが知りたかった!「季節ごとのオススメのシーバスの釣り方」

関連記事:永遠の定番「komomoSF-125」をシャロー以外でも使ってい良い理由

関連記事:釣れるタダ巻きの秘密「リトリーブだけでは釣れる気がしません…」→「ルアーが特別美味しいエサ」になる記事

 

 

シーバス釣りには#3000~#4000クラスのリールがあると良いかと思います。このクラスのサイズは耐久性を重視してやや大きめになっておりますが、リールが重たくてシーバスが釣れないなんてことはないでしょう。

 

大きなリールでラインキャパシティに余裕があれば、200mを使いたくなったときは下巻きをやめることでできますし、もっと太いラインを試すこともできます。

 

関連記事:二刀流!「ルアーのサイズで迷ったときの2つの対処法」

関連記事:縛らずに簡単に釣ろう「ルアーはメーカーにこだわらずに使い分けよう」

 

また次回もお読みください。

それでは失礼させていただきます。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスフィッシングのタックルの悩み初めてでも分かる!シーバス釣りの知識
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!