リーダーに傷が入ったときはカットする!?短くなっても平気なの?

シーバスフィッシングのタックルの悩み

「リーダーに傷が入っても、カットしたら使えます。」

 

 

 

釣りをしていて障害物に擦れたりしてリーダーに傷が入ったとき

どうされていますでしょうか?

 

「やっぱりリーダーを結び直さないといけないの?」なんて思ってしまいがちですが、そうではありません。

 

 

 

 

傷の入ったリーダーは、強度が低下していますので

リーダーの傷の入った位置からカットしてスナップを結び直して使う

傷のないリーダーと同じ強度で使うことができます。

 

 

 

リーダーをカットして使えば

リーダーを組み直すよりも時間的ロスが少なくて済みますよ。

 

 

 

関連記事:釣果アップ!?「シーバスの見逃せない2つのチャンスサインとは?」

 

傷がついたリーダーは「傷のついた部分と傷のない部分の境目」からカットします

リーダーに傷がついても、カットして使うことができます。

(傷がついている部分と傷がない部分の境目をカットしてから、傷の付いてない箇所から結び直してみてください。傷がついて弱くなった部分はなくなりますね。)

 

 

 

 

 

リーダーに傷が入っても、

リーダーの全体が強度が落ちるわけではありません。

 

 

傷がついた部分だけが弱くなるので、強い力が加わったときにそこから切れてしまいます。

しかし、リーダーのまだ傷が入ってない部分は強度が十分にあります。傷の入った部分をカットすれば、残った部分はまだ強いので使えるわけです。

 

 

 

 

リーダーに傷が入ったときは

傷の入った部分が残らないようにカットすれば良いのです。

 

 

関連記事:シンプルでも釣れる!「楽なシーバスの釣り方」とは?

関連記事:仰天!「ドリフトを使わないで釣るための1つの解決策」とは?

リーダーはある程度短くなっても使えます

リーダーをカットすると短くなってしまいます。リーダーが短いとルアーとメインラインまでの距離が近くなりますので、ちょっと不安になってしまいますね。

 

 

 

リーダーは、短くても60cm~80cm位あればシーバスを釣ることはできます。

(もちろんもっと長くしておけば障害物が多い場所、大きなシーバスを相手にする場合でも、もっとメインラインを保護できます。不意の大物に備えてリーダーは投げれるギリギリに長くしておくのがおすすめです。1m50cm~くらいがオススメです。)

 

 

 

あらかじめ、リーダーを長めにしておいて

傷が入った部分からカットしながら使ってみてください。

 

 

 

 

カットしても80cm残っていればまずまずいいと思います。残り60cm以下になったら新しくリーダーを組み直す事をおすすめします。

 

 

 

関連記事:5分でわかる!レンジキープとロッドの角度の関係

関連記事:フロロカーボンの特性と保存性!?コスパ系のオススメ!!フロロカーボンのリーダーTB300とは?

関連記事:「カーボナイロンライン CN500 6号」←コスパ抜群のリーダーを見つけちゃった!!

短いリーダーはラインブレイクのリスクが高い…

短いリーダーでは障害物やシーバスの体にメインラインが接触するかと思います。(細いPEラインはシーバスの体に接触するとあっという間に切れてしまいます。)

 

 

また、短いリーダーではショックを吸収することが難しくなるので、合わせ切れも起きやすくなります。短いリーダーでは投げやすいのですが、ラインブレイクなどのリスクが高いのです…。

 

 

 

 

ここまでのまとめ

短くなってしまったら、我慢せずに新しくリーダーを組み直してください。

(ラインブレイクするとゴミが残りますし、ルアーを失うと買い直すと1600円くらいかかってしまうでしょう…。リーダーを新しくしてルアーを失わないほうがお金もかからないと思います。)

 

 

 

 

関連記事:これが知りたかった!「季節ごとのオススメのシーバスの釣り方」

関連記事:なるほど!楽に釣るための仕組みを「ポーカーの手札で例えて解説」

関連記事:なるほど!「釣れないときこそ◯◯移動」をすればよかった、初心者が一匹釣るまでのストーリーその5

【便利な対策】カットする事を予定して長めのリーダーにしておく

釣り場でリーダーを組み直すのはめんどくさいですし、時間がもったいないです。自宅でラインシステムを組まれて釣り場に行かれるとスムーズに釣りができると思います。

 

 

 

リーダーに傷が入ってしまったら、カットすることになります。

カットして短くなりすぎると、リーダーを組み直して時間をロスしてしまいます。

 

そこで、あらかじめリーダーを長く組んでおいて、カットしてもまだ余裕があるようにしておくと、釣り場で組み直さなくて済むのです。

 

 

 

(フィーディングタイム(時合い)の短い時間にラインシステムを組み直すと、それだけチャンスを失ってしまいます。こういったチャンスのときにはなるべく時間を失いたくないです。)

 

 

 

 

リーダーは自宅で組んで、1m50cmほどの長さにしておくとカットしても余裕があります。(投げにくい場合は1m位あればいいと思います。

それでも投げにくいと思われるのなら最初は80cmのリーダーにしておいて、60cmまで短くなったら組み直されたらいかがでしょう?)

 

 

 

関連記事:知っておきたい!フックサイズと強度「フックサイズを交換してもいいの?」

関連記事:最初の使い方は1つだけ「シンキングペンシル」を使った釣り方に挑戦しよう

関連記事:バイブレーションだけじゃダメなワケ【ルアーセレクトが必要なワケ】

まとめ

・リーダーに傷が入ったときは傷のないところからカットする。

・カットしても60cmほどあれば使えます。

・60cm以下に短くなったときはラインシステムを組み直す。

・あらかじめリーダーを長くしておくとカットしても余裕があります。

・投げにくいときはリーダーを80cmにしてもいいと思います。

・自宅でラインシステムを組んでおくと便利です。

 

 

 

関連記事:4つのコツでただ巻きを使いこなそう「リトリーブスピード編」

関連記事:禁断の!釣果の情報から攻略のヒントを盗み出す方法

関連記事:釣果アップのために!【シーズナルパターンをレンジで攻略する】

 

水中にはどんな障害物があるのかわかりにくいので、私はロングリーダーにすることが多いです。ペンデュラムキャストで投げることができれば、ロングリーダーでもへっちゃらです。

 

オーバーヘッドや、アンダーキャストに慣れてきたらペンデュラムキャストも練習されてもいいかもしれません。

 

 

今回はここまでです。お疲れ様でした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスフィッシングのタックルの悩みランディングに失敗しそうで不安なあなたへ
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!