ドラグチェッカーはなくてもいいと思う理由

シーバスが釣れなくて悩んでいる

シーバスフィッシングにドラグチェッカーは必ず必要なのでしょうか?

 

シーバスフィッシングには

ドラグチェッカーが絶対に必要だと思いません。

 

 

 

 

もちろんお金に余裕があれば、ドラグチェッカーを用意されて「ドラグが何キロぐらいの設定になっているのか?」をお調べになっても良いと思います。

(ドラグ力の目安として勉強になると思います。)

 

 

しかしこれは、シーバスを釣るのに

ドラグチェッカーが必ず必要というわけではありません。

 

 

 

 

 

私も、シーバスを釣るときに、ドラグを設定するのに

必ずドラグチェッカーが必要だと思っておりました。

 

 

 

でも、釣具屋さんでドラグチェッカーが欲しいと相談したときに

「シーバスを釣るのであればドラグチェッカーは必要ありませんよ」と教えてもらいました。

 

(「ジギングみたいにタックルの強度ギリギリに設定したりしないから、ドラグチェッカーは無くても良いよ。勉強のために買う人は居るけどね。」と教えてもらいました。)

 

 

 

 

「とりあえず、ルアーが一通り揃うまでは

ドラグチェッカーはすぐに必要ない」と思う理由をお読みください。

 

 

 

 

関連記事:折れる前に知りたかった!「限界以上のルアーウェイトを使うとロッドが折れるかも」

関連記事:リールの「最大ドラグ力・実用ドラグ力」って何?シーバス釣りには重要なの?

 

 

ドラグチェッカーの購入はとりあえず後回しでOK

はじめの内は、ドラグチェッカーを買う予算をルアー、フック、ラインの購入に回されることをオススメします。

 

 

私はシーバスフィッシングでは、ドラグは場面ごとに設定するので細かくドラグの数値をチェックしたりしません。しかも、ドラグはファイト中にゆるくなったりするので、ドラグ値を正確に測る意味はあまりないと思います。

(ジギングなどの釣りではドラグチェッカーが必要な場面もあるでしょう。)

 

 

 

 

 

関連記事:え?読んでおけばよかった「入門用リールにワゴン売りはだめなの?」

関連記事:ドラクエ方式!「少しずつ経験値稼ぎをしよう!」

 

 

場面ごとにドラグを微調整するのも「あり」

なぜならドラグというのは、

ラインの強度に合わせてピッタリと設定する必要はありません。

 

 

 

ドラグは、「ヒットする前の設定、ヒットさせたあとのファイト中の設定、ファイト中に弱ってきたときの設定、ランディングするときの設定」などと細かく専用に設定したほうが良いからです。

 

 

 

 

つまり、「ラインが切れなければいいだけという設定」よりも

「ルアーの食い込みが良い、吸い込みやすい設定」「ファイト中に動きを制御するための設定」などと場面ごとに設定するほうが良いと思います。

 

ドラグの設定についてはコチラの記事もご覧になられてみてください→なるほどね♪「用途に応じたドラグ設定」という方法も便利だね

 

 

 

 

 

基本的にドラグ設定は負担と目的に応じて変更していくのが良いと思います。

 

「ロッド、ライン、フックの強度」に「目的:吸い込ませたい、ダッシュを止めたい、抵抗を加えながらダッシュさせたい、弱ったシーバスを障害物際から引き寄せたい」などと

場面ごとの都合に合わせるといった計画になります。

 

 

 

 

 

ラインがPE1号だったとします。

このラインの強度の3分の1に設定したら正解でしょうか?

 

では、リールはこのドラグ設定のまま

少し強いロッドにこのリールを取り付けたらどうなりますか?

 

 

 

先程よりも、ロッドのトルクが強くなったのでラインに強い負担が加わりますね。PEラインの強度に余裕があればいいでしょう。しかし、ロッドの硬さがそのまま出るので、ルアーへの吸い込みも悪くなると思います。

 

また、フックへの負担が強くなりますから身切れが起きることもあるでしょう。

 

 

 

こういったロッドが強い場合は、ドラグをゆるく設定しておけば、(ヒット前の)ルアーの吸い込みが良くなります。(多少ロッドが固くても、ドラグがゆるいとバイトを弾かずにうまくヒットしてくれるくらいです。)

 

ヒット後はドラグを少しずつ締めてロッドが半分ほど曲がるように調整したら良いと思います。(シーバスが引いてもベリー~バッド付近が曲がるように)

 

 

 

 

ダッシュした時に、より強い負担が加わっても、ロッドのしなりにまだ余裕があります。(半分よりももう少し曲がっても余裕があるのでロッドでショックを吸収できる。首振りのショックも吸収してくれると思います。)

 

シーバスが弱って少し負担が軽くなっても、ロッドがしならなくなるわけでないので即座にフックが外れることは少ないです。

 

 

 

 

海が荒れていて波が強い場合は、波の上下の動きでテンションが抜けると困るので、ドラグを気持ち強くすることもあります。

 

 

 

 

ドラグの設定も場面ごとに専用に設定するのも面白いと思います。

 

私は、場面ごとにドラグを調整しています。

ドラグチェッカーがなくてもシーバスを釣ることはできます。

 

 

 

 

関連記事:5分でわかる!レンジキープとロッドの角度の関係

関連記事:超簡単!5分で解る!「スプールのテーパーを調節する方法」

 

(可変式)ドラグ設定を試してみよう

「基本的に緩めのドラグ設定→ファイト中に必要なだけドラグを締める」

 

ロッドのベリー付近が曲がるくらいにドラグを調節しながら、もっとルアーを吸い込ませたいときはゆるく設定します。障害物が近いポイントでは、ダッシュされたら困るので、予めドラグを少し締め気味に設定することもあります。

 

(もちろんルアーを吸い込んでくれないと釣れませんので、あえてゆる目の設定にしてルアーを吸い込ませて、ヒットした後でファイト中にドラグをやや締めたりします。)

 

 

 

 

関連記事:逆転の発想!「下巻きの面倒な計算をしなくて済む便利な方法」

関連記事:え?これでいいの?「シーバスのフッキングは遅アワセでOK」初心者が一匹釣るまでのストーリーその7

 

まとめ

・場面ごとにドラグ調整をするスタイルも便利(オススメ)

・ドラグチェッカーを購入するのは後で良い

・フック、ルアー、ラインにお金をかけたほうが良い

・とりあえずベリー付近が曲がったらラインが出るようにドラグ調整して、必要なら強くしたり、弱くしたりと調節する

 

 

関連記事:これが知りたかった!「季節ごとのオススメのシーバスの釣り方」

関連記事:逆に「間違った釣り方では難しいの巻」初心者が一匹釣るまでのストーリーその4

関連記事:こういう場所は期待できる!【狙い撃つためのポイント選び】「シーバスを釣るために大切な3つの秘訣」初心者が1匹を釣るまでのストーリー、その3

 

 

 

シーバスで使うドラグは強くても2kgくらいでしょう。

シーバス用のロッドって、小さなルアーでも扱いやすくするために繊細に設計されているので

パワー重視の設計じゃない印象がしますね。

 

(シーバスロッドは、あまり強いドラグ設定には向いてない設計なのでしょう。)

 

 

 

 

よほどの障害物だらけの場所出ない限り、ドラグは緩めに設定して

「あえてシーバスにダッシュさせて、でもドラグの抵抗で弱らせる」というドラグの使い方はいかがでしょうか?

 

 

 

今回はここまでです。お読みくださってありがとうございました。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいるシーバスフィッシングのタックルの悩み
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!