Q&Aビギナーでもシーバスを釣ることはできますか?(3つのヒント付き!)

シーバスが釣れなくて悩んでいる

「ビギナーでもシーバスを釣ることはできますか?」

 

 

「シーバスは、釣りなれた人しか釣れないのではないのか…」

こういった疑問や不安がありませんか?

 

 

 

「シーバスは難しい釣り」というイメージがつきまといやすい釣りかもしれません。しかし、正しい釣り方と、ご自身のスキルや経験でもできる釣りからされれば、シーバスを釣ることは可能だと思います。

 

 

 

 

関連記事:え?読んでおけばよかった「入門用リールにワゴン売りはだめなの?」

ビギナーでもシーバスは釣れますか?

実際にシーバスをまったく釣ったことのない方に、オススメの釣り方をお伝えしてシーバスを釣ってもらったことがあります。

 

なので、ビギナーさんでも釣れると思います。

 

 

 

地域差などもあるかも知れませんが、基本は一緒だと思います。私の記事を読んで、使えそうな釣り方はどんどん試して見られて下さい。

 

 

 

関連記事:なるほど!楽に釣るための仕組みを「ポーカーの手札で例えて解説」

たくさん存在する釣り方から、「今できる釣り方」を選ぶのがオススメ

最初は、ナイトゲームでタダ巻きを使った釣り方をオススメします。(ロッドアクションはあえて封印します。)タダ巻きオンリーにする事によって、メリットがありますのでお読み下さい。

 

 

 

 

 

「タダ巻きを使った釣り方」のメリット

ロッドアクションを使わずにタダ巻きによって釣りをすると、せっかく見つけたチャンスを棒に振るうようなことが減ると思います。(この釣り方は、秋に効果的だと思います。)

 

 

 

 

ココぞというスポットでロッドアクションを駆使した釣りはテクニカルで楽しいのですが、なかなか難しい釣り方かも知れません。

 

まず、ロッドアクションがいつも有効とは限りません。効果的な場面で最小限に使わなければいけない場合もあるのです。そのロッドアクションの使い所がとても重要なので見極めが難しいかと思います。

 

 

 

 

特に、ナイトゲームではロッドアクションが原因でシーバスがスレる(警戒する)こともあるかと思います。

 

(急なルアーの動きというよりも、急にラインの引っ張った時の素早い水の動きが警戒の原因になる場合もあると思います。夜間はラインを張った時の音や波動に敏感だと思うのです。)

 

 

 

 

タダ巻きは、1番シンプルで使いやすい釣り方だと思います。そして活性の高いシーバスを見つけられた時に安定して釣れる頼りになる釣り方です。

 

 

 

マネしやすく、他のテクニックよりも早くて簡単で、早い段階で釣れる段階までマスターすることもできると思います。一番実現しやすい釣り方なので、「タダ巻きを使った釣り」から始められたらいかがでしょう?

 

 

 

・タダ巻きは、マネしやすい釣り方

・秋のナイトゲームで特に活躍する釣り方だと思います。

・高活性のシーバスを見つければ結構釣れます。

・ロッドアクションを使った釣りと比べると、タダ巻きの方がスレにくい釣り方です。

 

 

 

関連記事:超簡単!5分で解る!「スプールのテーパーを調節する方法」

関連記事:釣果アップ!?「シーバスの見逃せない2つのチャンスサインとは?」

未経験の方が釣るための3つのヒント

まだ釣ったことがないと「どの釣り方が正しいのか?どうやって釣ったら良いのか?」がハッキリしないので、不安になってしまいます。

 

 

 

私がおすすめする釣り方は「最初の一匹を釣るためにどうしたらいいのか?」「未経験でもできる釣り方を知りたい」といった悩みを解決できるかも知れません。

 

 

 

次の記事内容を読まれて、

お気に召されたらお試し下さい。(きっと最初の一匹を釣るためのヒントになるはず♪)

 

 

 

関連記事:シンプルでも釣れる!「楽なシーバスの釣り方」とは?

なるべくイージーなシーバスを探す

どうせなら高活性のシーバスを探して狙うと、難易度がぐっと下がるかと思います。(最初から高いハードル(釣りにくい難しいシーバス)に挑戦しなくても良いんです♪)

 

 

 

そして、シーバスが釣れない一番の原因は「シーバスが居ないポイントで釣っていたから」です。広い海の中でシーバスが居る場所は、ほんの一部です。

 

「シーバスが居る場所を探して釣ること」が最も重要だと思います。

 

 

 

 

ナイトゲームでは、シーバスはベイトを食べている場面ではルアーへの反応がとてもいい場合が多いです。あとはタダ巻きで釣るといった釣り方をオススメします。

 

 

全くの初心者さんを釣り場についてきてもらって、良いポイントを選んであげると、タダ巻きで釣られました。(その一匹を釣られたらとても喜んでいただいたので、私も嬉しかったです。)

 

 

 

 

やはり、ポイント選びに正解すると、あまり経験に左右されずに釣ることは可能だと思います。

(季節によって難しさが異なります。この時は秋の夜に釣ってもらいました。やはり秋が一番釣りやすいのでは?と思います。秋の夜に釣り場に通って見られたらいかがでしょうか。)

 

 

 

(やっぱり、シーバス釣りはポイント選びがとても大切だと思います。

私は、一箇所で長時間粘らずに、あっちこっちに移動します。長くても30分以内に移動しています。例外として、何かしらのバイトがあったり、ボイルしていたら粘ります。)

 

 

 

 

 

関連記事:5分でわかる!レンジキープとロッドの角度の関係

オススメの季節と釣り方、必要なルアー【秋】

その時の季節によっても釣り方が異なります。基本的に季節ごとにベイトやシーバスの行動パターンに合わせたりします。

 

 

その中でも、秋が一番オススメの季節です。秋は大きめのベイトを盛んに追っかけて食べるシーバスに遭遇しやすいです。そして、ナイトゲームにタダ巻きを駆使した釣り方が1番効果的な季節だと思います。

 

 

 

 

ポイント選びに成功して、シーバスがいる場所を見つけたら、

 

同じレンジを通過できるルアータイプでも

強波動タイプでだめなら、弱波動タイプにしてみるといったように

ルアーのタイプの正解を当ててみて下さい。

 

 

 

 

例:同じシャローレンジでも、

コモモSF-125(波動が強めのミノー)

エリア10(波動が弱めのミノー)

SPM90(波動が強くないシンキングペンシル)

R-32+静ヘッド7g(波動が弱いワーム)

 

 

 

私の場合は、シーバスが居ても釣れないだとか、反応がない場合はワームを使うところまでローテーションしますが、シーバスが居るかどうかを探る段階ではミノーだけ使ったりして反応を見ます。

 

すべてのポイントでワームまでのローテーションをしてしまうと、時間がかかってしまいますので、ミノーやシンキングペンシルを使ってみて、「バイトはあるけど乗らない」といった状況になった時だけワームまで使います。

 

 

 

 

バイトが有ったことで、そのポイントにシーバスが居るので(外道の可能性もあるけど)

時間をかけてでもヒットさせてみようという作戦です。(もちろん他に期待できるポイントがあれば、ルアーローテーションをせずにそちらに移動します。)

 

 

 

 

関連記事:ジグヘッドにワームをセットする方法「静ヘッド+R-32」の場合

バレても凹まない、何度も挑戦してファイトに慣れる

シーバスとのファイトはなかなか難しいかも知れません。最初のうちは、シーバスは何度もフックがハズレてバレます。

 

 

 

しかし、最初の1回で100%釣り上げる必要はありません。(でも、なるべくラインブレイクはしたくありません…太いリーダーを使ってみよう。)

 

 

 

 

もしも、ランディングに成功できる確率が20%だったとしたら

5回ヒットさせればいいのです。

 

 

 

 

でも、シーバスがバレることは、誰にでもありますから、ファイトして逃げられたとしてもめげずに何度もチャレンジされたら良いと思います。

 

 

最初のうちはファイト中に、冷静に対処できません。すごく強烈な引きにびっくりしてしまい、手が震えて何もできなくなってしまうことも珍しくありません。

 

 

 

 

なんとかフックが外れずに、

シーバスが弱って浮いてきても

 

 

大きな魚体が浮いてきたときは、

目の前の大きな魚を見て、現実のことか空想なのかわからなくなり

頭の中が真っ白になってしまうこともあります。

 

 

 

 

私も最初にヒットしたときは

何もできずに驚いて、手が動かなくなりました。

 

 

 

それでも何度かヒットさせて

シーバスが浮いてきたときは目の前の光景に驚いて

タモ入れに失敗してしまいました…。

 

 

 

大きな魚に驚いてしまうことは、

誰でも経験することなのです。

 

 

 

 

でも、

何度もヒットせてファイトに慣れてくると、

シーバスの強烈な引きと、迫力のある大きな魚体を見ても驚かずに

冷静に対処できるようになります。

 

 

 

 

ダッシュされたときでも、冷静にドラグを使ってしのいだり

ランディングも手が震えない状態でタモ入れをすることもできます。

 

 

 

何度バレても諦めずに

たくさんヒットさせてみて下さい。

 

きっと慣れたらアナタにも

驚かずにファイト、ランディングができるようになります。

 

 

 

関連記事:永遠の定番「komomoSF-125」をシャロー以外でも使ってい良い理由

関連記事:絶対に持っておきたい!「バスデイ S.P.M 90」おすすめシンキングペンシルはこれ!

関連記事:知らなきゃ釣果に響く!?「ルアーフックを研がずに交換したいけどタイミングはいつ?」

まとめ

・今、できる釣り方で釣る。

・今、できる釣り方→「ナイトゲーム+タダ巻き」(ミノーとシンキングペンシルがあればチャレンジできる。)

・活性の高いシーバスは釣りやすいので、探してみよう

・オススメは秋の夜

・ファイト中にバレても気にしない

・何度もヒットさせて慣れよう

 

 

関連記事:ロッド選びは「SICリングのガイド、ハードロイガイド」どっちを選べば正解?

関連記事:夏のトップは「止めないドッグウォーク」が効く!?

関連記事:知らなきゃ釣果に響く!?「ルアーフックを研がずに交換したいけどタイミングはいつ?」

 

 

活性の高いシーバスと毎回出会えるとは限りませんが、何度も探して見つけてみましょう。(一回で見つけなければいけないことはありません。)

 

見事、活性の高いシーバスを見つけることができたら、タダ巻きでも釣れます。むしろ、必要のないロッドアクションによってスレる可能性を0にできるので、タダ巻きの方が都合がいいくらいです。

 

 

諦めずに、何度もチャレンジしてみて下さい。

シーバスが釣れるのは時間の問題でしょう。

 

今回はこのへんで失礼させていただきます。また閲覧に来られてくださいませ。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいるシーバスとのファイトで困っている時の処方箋ランディングに失敗しそうで不安なあなたへ初めてでも分かる!シーバス釣りの知識楽なシーバスの釣り方
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!