ロッドが硬いから!?バイトが乗らない時の処方箋~ロッドを買い換えずに釣る方法~

シーバスが釣れなくて悩んでいる

「ロッドが硬いのか、バイトを弾いてしまう…」

「柔らかいロッドを購入して使い分けないとダメなの?」

 

 

 

シーバスからバイトがあっても、

ロッドが硬いからか「フッキングする前にバイトを弾いてしまう…」

 

こういった事がありませんか?

 

 

 

 

 

特に、高反発ロッドを使っているときには

ロッドの反発力が高いことからバイトの乗りが気になったりしますね。

 

 

「新品のフックを使って、やっとヒットさせたのに、

ロッドの硬さが原因でバイトだけで終わってしまう…」

 

こんなときにどうしたら良いと思いますか?

 

 

 

そして、

「柔らかいロッドを用意しなければいけないのでしょうか?」

 

 

 

 

私も、ロッドが硬いのか

シーバスのバイトを弾いてしまうことがあって非常に困っていました。

 

柔らかいロッドを用意して使い分けたら解決しそうなのですが、

ロッドを買い換える予算もない状況だったのでなんとか工夫するしかありませんでした…。

 

 

 

どんな工夫をしたらロッドを使い分けずに

バイトを弾かないようにしたのかをお話します。

 

 

 

 

 

関連記事:写真でわかる!「スプリットリングとフックを交換する方法」

 

「ドラグを緩めた状態でリトリーブ」するとバイトを弾きにくい

ドラグを緩く設定した状態でリトリーブすると、

バイトと同時にドラグが出るので、シーバスからのバイトを弾きにくくできます。

 

 

バイトがあって、負担が加わると

硬いティップに負担が加わるまでにドラグが滑ってくれます。

 

※ティップとは?
ロッドの先端の部分のことです。穂先とも言います。(先端)ティップ⇨ベリー⇨バット(グリップ側)

 

 

これならバイトを弾くことが減って、

さらに、ルアーを口の奥まで吸い込ませることもできますね。

 

 

 

これで、バイトを弾きにくいですし、

フッキング率もアップしちゃいます。

 

 

ドラグをどれくらい緩くしたら良いのかと言うと、

ロッドティップの硬さやシーバスの活性に応じて加減します。

 

 

 

具体的には、ティップが少し曲がったらドラグが滑るようにします。ベリーにまで負担が加わる前にはドラグが滑るように設定します。

 

それでもロッドのティップの硬さが気になる場合は、ドラグの蓋が外れないギリギリくらいまで緩めることもあります。

 

 

 

 

関連記事:ドラクエ方式!「少しずつ経験値稼ぎをしよう!」

関連記事:え?読んでおけばよかった「入門用リールにワゴン売りはだめなの?」

ドラグを緩めた状態で注意することは?

このユルユルに設定する時には、

注意しなければいけないことが2つあります。

 

 

まず、ドラグを緩めすぎると、ドラグのフタが落下してしまうことがあります。そのままスプールも落下するとかなりお金がかかってしまいます…。なので緩めすぎて蓋が落ちないようにして下さい。

 

 

 

 

2つめは、ドラグが緩すぎる状態で重たいルアーをキャストしてしまうと、キャストした時の負担でドラグが滑ってしまい、ラインをキープしている指をケガしてしまうことがあります。

 

軽いルアーですと問題なく投げれるのですが、バイブレーション、シンキングペンシル、大型ミノーなどの重めのルアーを投げようとすると、負担が大きいのかラインが勢いよく出ることになります。

 

 

キャストしたときにドラグが滑ってしまうと、滑って勢いよく出たラインが、キャストするときにラインを拾ってキープしている指を傷つけてしまうことがたまにあるので気をつけて下さい。(軽いルアーを使う場合はそこまで気をつけなくて良いと思います。)

 

 

(勢いよく投げなければ、ドラグが作動してラインが出ることを防げます。オーバーヘッドキャストよりもアンダーキャストをすると、ドラグの緩るさでラインが出ることが減リます♪)

 

 

 

 

 

使いやすいドラグ設定は「キャストの時にギリギリ出ない設定」

このドラグの緩い設定のせいで勢いよく出たラインは、ラインをキープしている指に当たると摩擦で切り傷ができたりします。

 

対策として、キャスト時に「ジリッ」とドラグが出るようでしたら「少しドラグを締める」などと調整したら良いかと思います。

 

 

 

 

関連記事:5分でわかる!レンジキープとロッドの角度の関係

関連記事:使った時の感覚がない…「1つのシンキングペンシルの巻き心地に慣れるために気をつけたいこと」

ドラグを締めてからフッキングする

ドラグがゆるい状態でフッキングをしてもうまく行かなくなります。

フッキングはドラグを締めてから行うようになるために、ワンテンポ遅れることになります。

 

これを、障害物付近で行うと巻かれてしまうこともあります。

 

 

 

 

しかし、近くに障害物がないオープンエリアの場合はフッキングが遅くても間に合います。

バイトと同時にダッシュされてドラグが「ジーッ」と出てから、ドラグをある程度締めて(締めすぎに注意)、それからフッキングを行っても間に合います。

(シーバスは遅いフッキングの方が向いているので相性がいい方法だと思います。)

 

 

 

 

 

緊急時には指ドラグを使う場合も

基本的には、バイトと同時にドラグが滑り出したら、ドラグを締めてからフッキングをします。

しかし、障害物に向かってダッシュされた場合などの、すぐにドラグを止めたい場合はドラグを締めている時間がないときがあります。

 

こういった時は、指ドラグをします。

 

 

 

 

指ドラグのやり方は、

ドラグが作動して滑っているスプールに

ロッドを握っている手の人差し指か、ハンドルを握っている手を当てます。(一時的にハンドルから手を離します。)

 

 

 

指を当てている間は抵抗が加わり、ドラグの出方にブレーキを掛けることができます。この指ドラグでブレーキを掛けている間に、ドラグを締めて通常のファイトを行うという作戦もあります。

 

この方法なら、緩めのドラグ設定でバイトを弾かなくできますし、ダッシュされてラインが出たら指ドラグを使いシーバスを止めて、その間にドラグを締めて通常のファイトをすると、ラインが出る量を少なくすることもできます。

 

 

 

指ドラグは、慣れないと難しいかも知れませんので

別の機会に詳しくお話させてください。

 

 

 

 

ドラグを「キャスト時にギリギリ出ない設定」にされてお使いになられて

「もっと緩いドラグ設定もやってみたい」と思われたら試されたら良いかと思います。

 

 

関連記事:ルアーの塗装が剥げたら使えないの?→「塗装の剥げは気にせずに使おう」

関連記事:5分でわかる!レンジキープとロッドの角度の関係

関連記事:釣れるタダ巻きの秘密「リトリーブだけでは釣れる気がしません…」→「ルアーが特別美味しいエサ」になる記事

まとめ

・ドラグを緩めておくとバイトを弾きにくくできる。

・ロッドが固くても、ドラグが出ることで弾きにくくできるので1本のロッドでも釣りができます。

・フッキングはドラグを締めてから

・難しいけど、指ドラグを使うと一時的にブレーキを掛けれます。

・指ブレーキを掛けている間に、普通のドラグを締めてファイトをするとラインをあまり出したくないときに便利です。

 

 

 

普通のロッドを使っていても、シーバスのやる気が低い場合は深くバイトが出ないことがあるので、やはりドラグを緩めて調節すると便利だと思っております。

 

ロッドを複数用意されてもいいのでしょうけど、お金がかかってしまいますし、私はドラグで対処する方法を使っています。

 

 

関連記事:ロッド選びは「SICリングのガイド、ハードロイガイド」どっちを選べば正解?

関連記事:必見!「ポイント探しを自分で決める思考パターン」初心者が一匹釣るまでのストーリーその6

関連記事:知らなきゃ釣果に響く!?「ルアーフックを研がずに交換したいけどタイミングはいつ?」

 

 

ドラグを緩めた状態でヒットさせるのは

なかなか便利な方法なので、一度お試しして見られて下さい。

 

それではお疲れ様でした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいる シーバスフィッシングのタックルの悩み フッキングの悩み リトリーブを覚えたいあなたへの記事
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました