シーバスは深い所の方が大きなのが釣れるの?私がシャローをおすすめする理由とは?

シーバスが釣れなくて悩んでいる

「シーバスは深い所で釣れるの?」

「深い所のシーバスは大きいの?」

 

 

 

「浅くて、海底が見えて居るような釣り場では、

大きなシーバスが釣れないのではないのか?」といった疑問がわきませんか?

 

 

 

 

 

私も、釣りを始めたばかりの頃は、

「浅い場所では釣れなさそう、小さいサイズばかりでしょ?」

「浅い場所は隠れる場所がないから、大物なんて釣れるわけがない…」

「大物は深いところにしか居ない」なんて思ってました。

 

 

 

 

 

その頃は、

選ぶ釣り場も水深がある場所ばかり、

 

「浅い場所では小さいセイゴばかり、

スズキクラスのサイズなんて絶対に釣れない…」と思い

選んでませんでした…。

 

 

 

※セイゴとは?
(まだ若くて小さな、こどものシーバスのことです。地域によって異なりますが40cmまでのサイズがセイゴ、40cm~60cmまでがフッコ、60cmからがスズキだったりします。)

 

 

 

 

 

関連記事:写真でわかる!「スプリットリングとフックを交換する方法」

 

浅い場所でも大きなシーバスが釣れます

「浅い場所では大物が釣れない」と思いがちですが、

そんな事はありません。浅い場所でも、大きなシーバスが釣れます。

 

 

 

実際には、浅い場所にもベイトが居るのでそれを追ってシーバスが入りますし、ルアーにもちゃんと反応してくれます。

もちろん、エサを狙っているのはセイゴクラスばかりでなくて、スズキクラスも居ます。

 

 

 

 

 

シーバスの大きさに水深は関係なくて、

 

浅い場所も深い場所も

大きなシーバスを釣るためのポイント候補になります。

 

 

 

 

関連記事:サクッとイメージできた!「フィートとインチとロッドの長さをイメージしたい」

シャローエリアもポイントにしたら選択肢が増えます

浅い場所、つまりシャローエリアのことです。

日中に観察すると海底が見えてしまうような浅い場所です。

 

 

こういった浅い場所を無視して、水深が深いポイント限定で釣ろうとするのは

あまりオススメしません。

 

 

 

 

 

というのも、

深い場所だけで釣ろうと思っても

深い場所だけにベイトが集まってくれるとは限りませんので

 

なかなか難しいかと思います。

 

 

 

 

深い場所も、浅い場所もポイント候補として考えて

どちらにベイトが多いのかを予想しながらポイント選びをされたら良いかと思います。

 

 

 

 

浅い場所にベイトが集まっているときにも

大きなシーバスも居ますので、うまく行けば良い思いができるかと思います。

 

 

 

そして、

浅い場所で釣りをしていると、

よく「こんな浅い所でも大きなシーバスが釣れるんだね!初めて知ったよ」なんて言われることがあります。

 

 

 

これは、浅い場所でも大きな魚が釣れることを

ご存じない方がいらっしゃるからです。

 

 

 

 

これは、同じように

「ライバルも浅い場所では釣れそうにない」と思っていることがあるので

 

浅い場所は「ライバルが少ない穴場」といった

チャンスのポイントになる場合もあるのです。

 

 

 

 

 

シーバスを釣る時は浅い場所は選択肢から外せない

ポイントです。

 

しかも、浅くても大きなシーバスが釣れます。

 

 

 

 

この浅い場所をオススメする

その理由を読まれてみませんか?

 

 

 

関連記事:超簡単!5分で解る!「スプールのテーパーを調節する方法」

関連記事:釣果アップ!?「シーバスの見逃せない2つのチャンスサインとは?」

シャローエリアは「ベイトの逃げ道が少ない」

こういった浅い場所は、ベイトが入り込むと逃げ場が少ないのでしょう。

 

 

上は空中しか無いので泳いで逃げられません。つまり水面が壁のような役割をするので、ベイトが上に逃げることはできません…。

 

下に潜ろうとしても、浅い場所ではすぐに海底があります。ベイトは下に潜って逃げることができません…。

 

 

 

 

上下に逃げ場がないのが、浅い場所の特徴だと思います。

 

 

 

 

 

こういった場所では、ベイトは横にしか逃げられませんので、

浅い場所では、シーバスがベイトを追い込んで食べやすいのだと思います。

 

 

 

 

シーバスにとって、

逃げ道がたくさんある深い場所でベイトを追うよりも、

 

狭くて浅い場所のほうが、

「少ないエネルギーを使ってたくさんの栄養を得られる便利な場所」と思っているかも知れませんね。

 

 

 

 

 

こういった都合の良いポイントは、

エサを効率的に食べられるのでシーバスが優先的に入ってくるのだと思います。

 

もちろん、大きなシーバスもシャローでエサを食べるので釣れます。

 

 

 

 

 

特にナイトゲームでは、

シーバスも太陽の光からのUVで焼けることを気にしなくて済みますし、

ベイトも同じ理由でシャローに上がりやすいです。

 

 

 

さらに、

暗い環境から人間の気配にも気づきにくいので

警戒せずにシーバスがシャローまで浮上しやすいポイントだと思います。

 

 

関連記事:縛らずに簡単に釣ろう「ルアーはメーカーにこだわらずに使い分けよう」

関連記事:切り札!シーバス用ワームをセットして使おう!「R-32とジグヘッドの組み合わせ」

これから釣りたい方には浅いポイントをオススメしています。

私は、どちらかと言うと浅いポイントがオススメです。ホームグラウンドのポイントは水深がそんなにありません。深い場所で10mくらい、ほとんどが5mくらいの浅い場所が多いです。

 

 

こういった環境のせいもありますが、

浅い場所で荒食いしているシーバスは釣りやすいですし、

なによりもレンジで悩まなくて済むのが都合がいいです。

 

 

 

 

浅いポイントでは、上下に空間が狭いので

どのレンジを通過させても

ルアーの存在をシーバスに知ってもらいやすいです。

 

 

 

 

なので、特にこれからシーバス釣りを楽しみたい方には

こういった浅いポイントをオススメして

レンジで悩まないように釣ることをオススメしています。

 

 

 

 

深い場所と浅い場所のどちらも狙えますが、

これから釣りたいといった方にはボトムの釣りは難しいのでオススメしません。根掛かりも多発します。

 

 

 

根掛かりしてしまうと、シーバスが警戒してしまうでしょうし、

釣りを始めたばかりの方はとても落ち込まれます…。

 

 

 

 

そしてルアーをロスト(根掛かりによってなくされると)されると

さらに落ち込まれるので、

私はボトムの釣りはオススメしません。

 

 

(海底にゴミが増えちゃうので嫌というのもあります。私もなるべくゴミを増やさいないように気をつけます。)

 

 

 

 

 

根掛かりしなくてもボトムの釣りは、めんどくさいです。ルアーを選ぶときも、バイブレーションなどは水深だけでなく、流れの強さからも細かく選ぶ必要があります。

 

例えば、水深10mで16gのバイブレーションを使うポイントでも

流れが早い場合には、18gだとか20gにしないと安定しなくて釣れないことがあります。

 

 

(きっと水中で、バイブレーションが横に傾いただけで釣れない場合があるのだと思います。)

 

 

 

 

 

ということは、ボトムを攻略しようと思ったら僅かな重さの違いまでも考えて

たくさんのルアーを持ち込んでおく必要があるかと思います。

 

 

釣りを始めたばかりの方が、

いきなりルアーをたくさん用意されていることは少ないかと思います。

 

 

 

 

なので、用意するべきルアーが多いことからも

これからの方には、ボトムの釣りはオススメしません。

 

 

ボトムの釣りは、

ずっと後でされても良いかと思います。

 

 

 

ちなみにこういった浅い場所で活躍するルアーは

リップレスのフローティングミノーと軽いシンキングペンシルです。

 

 

 

 

フローティングミノーなら浅くても使いやすいです。

リップレスでフローティングだと更に潜りにくいので根掛かりしにくいのでオススメです。

 

 

 

 

動くルアーに反応がない場合には、シンキングペンシルを使いたいですね。しかし浅い場所で沈むルアーを使うと根掛かりしてしまうのが怖いので、なるべく軽くてゆっくり沈む製品を探してみて下さい。

 

 

(重たいシンキングペンシルですと、根掛かりを回避するのが大変なので釣りにくいかと思います。)

 

 

 

 

 

長くなってしまいましたが、

今回お読みになってくださった情報をまとめてみます。

 

関連記事:知っておきたい!フックサイズと強度「フックサイズを交換してもいいの?」

関連記事:ルアーを選ぶ時のヒント!ルアータイプは◯◯で選ぶ3つの理由

まとめ

・浅い場所でも大きなシーバスが釣れます。

・浅い場所(シャローエリアは)ベイトの逃げ道が少ないです。

・レンジで悩まくて済むのでおすすめのポイントです。

・ナイトゲームでは特にUVでの日焼けを気にしなくて済むので上がって来やすいです。

・ベイトもUVを気にせずに上がって来やすいので好都合のポイント。

・ルアーが少なくても釣りやすいのがシャローです。

・ボトムやディープの釣りはずっと後でチャレンジされることをオススメします。

・リップレスのフローティングミノー、軽いシンキングペンシルがオススメ

 

関連記事:ロッドの持ち方がわからない、迷った時のたった1つの答え

関連記事:自信がないファイトを脱却するためには5つの◯◯に気をつける

関連記事:二刀流!「ルアーのサイズで迷ったときの2つの対処法」

 

これから釣られたい方に、

「どこで釣ったら一番簡単なの?」と聞かれることがあります。

 

 

こういった時は入り組んだワンドとシャローの組み合わせがある堤防をオススメしています。常夜灯もありますし、至れり尽くせりのポイントです。

 

 

 

こういったポイントがあったら

ぜひともシーバスを狙って見られて下さい。

 

今回のお話はココまでです。

またお会いしましょう。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいる ポイント(釣り場)の悩み 初めてでも分かる!シーバス釣りの知識
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました