実は良いこと!?「もしも、初めてヒットさせたシーバスが逃げてもOKな理由」

シーバスが釣れなくて悩んでいる

「もしかしたらヒットさせても逃げられてしまうのかも知れないのが不安…」

「初めてヒットさせたシーバスを逃してしまった…」

「本当に60cmを超える大きな魚が釣れるのか心配…」

 

 

 

 

初めて大きなシーバスがヒットしたらとても不安ですね。

大きな魚体がものすごい速度でダッシュしますし、本当に釣れるのか不安でたまらないかも知れません…。

 

 

 

 

しかし、私は

「シーバスが釣れても、逃げられてしまっても、どちらでも問題ない」と思います。

 

 

 

これからシーバスを釣ってみたいアナタが

失敗を怖がらずにチャレンジされたいのなら、

続きをご覧になられて下さい。

 

 

 

 

 

私もルアーでシーバスを初めてヒットさせた時は

バラして(逃げられて)しまいました…。

 

 

その時は、大きな魚がダッシュしたことが頭で処理しきれずに「ボーッ」として頭の中が真っ白になる感覚になり、ファイト中は何もできずにフックが外れてしまいました…。

 

 

 

 

 

シーバスは大きな魚なので、ファイトの時の感覚が処理しきれずに頭の中がパンクしてしまうこもあるでしょう。(そうです!私のように!)

 

 

 

結局シーバスに逃げられたわけですが、

まあ、気にすることではありません。

 

その理由とは?

 

 

 

関連記事:超シンプル♪「貫通ワイヤーとエイト環の使い分け!?」

関連記事:フロロカーボンの特性とは?「最初に選ぶべきリーダーは20ポンドのフロロカーボン」

関連記事:ドラクエ方式!「少しずつ経験値稼ぎをしよう!」

 

シーバスに逃げられてもOKな理由

 


 

実は、シーバスに逃げられたとしても気にしてはいけません。

(でもラインブレイクはやりたくないです。なので太いリーダーと、PEが傷んできたら巻きかえることをオススメします。)

 

 

 

もしも、ファイト中に逃げられたとしても、

フッキングまでのプロセスは正しかったといった経験ができるからです。

 

 

 

 

 

つまり、ファイト・ランディングには失敗したのですが、

それまでのキャスト、リトリーブ、フッキングは成功しているので

「うまくできたプロセスは覚えておいて、次のチャンスに活かすことができる」と私は思うのです。

 

 

 

 

シーバスを逃しても、

キャスト、リトリーブ、フッキングができたことはアナタだけの武器になると思います。

 

 

 

 

 

関連記事:5分でわかる!レンジキープとロッドの角度の関係

「ルアー選び、キャスト、リトリーブコース、ポイント選び」に成功しているからファイトできた

「ルアー選び、キャスト、リトリーブコース、ポイント選び」この4つの要素ができていたからこそ、シーバスがヒットしてファイトできたのです。

 

 

実は、このヒットするまでのプロセスができたことを確認することは、

とても重要なので、ココまで(ヒットさせた部分まで)できていたら

かなりすごいことなのです。

 

 

 

 

 

いきなり釣り上げることが全てではなくて、

釣り方のプロセスを体験して覚えることが重要だと思います。

 

 

惜しくもシーバスに逃げられたとしても、

「シーバスヒットさせる」の部分までを一通りできるようになられたら、

それだけ「答え合わせに成功」されているのです。

 

 

 

 

 

 

この経験は、次の釣りにも活かすことができますし、

一度覚えた釣り方の部分は次のやったときは

きっとスラスラできますし、

 

次の目標は「できた部分(ヒット後の部分)の続きはどうするのか?」と

集中力をまとめることもできます。

 

 

 

 

 

つまり、シーバスに逃げられたとしても

そこまでの釣り方が正しいからヒットしています。

 

 

 

 

シーバスを釣るには、この8つのプロセスを覚えることが必要です。

1,ルアー選び

2,ポイント選び

3,リトリーブコース

4,キャスト

5,リトリーブ

6,フッキング(この時点でシーバスをヒットさせることができた)

7,ファイト(惜しくもシーバスに逃げられてしまった…)

8,ランディング(最終目標)

 

 

 

もし、シーバスがヒットしたのに逃げられても、

「6,ヒットさせるまで」はできたということで

 

次の目標は、

「7,ファイトして8,ランディングをしたい」を成功させるという部分に集中できるのです。

 

 

 

 

シーバスは大きな魚なので

最初は驚いてしまって釣り上げるのも難しいかも知れません。

 

 

 

 

関連記事:永遠の定番「komomoSF-125」をシャロー以外でも使ってい良い理由

大きな魚とのファイトは難しい

最初から冷静にファイトができる人は珍しいと思います。

つまり、興奮してしまうのは仕方のないことですし、その結果シーバスが逃げてしまうのも仕方のないことです。

 

 

 

大きな魚とのファイトでは、

激しい引きと、判断の連続を行うので

とても冷静でいられないのが自然なことかも知れません。

 

 

 

 

 

まずは、慣れるためにも「たくさんヒットさせる」ということがとても重要な目標だと思いますので

シーバスが逃げたとしても、その経験を持ち越せば儲けものだと思います。

 

 

 

 

関連記事:縛らずに簡単に釣ろう「ルアーはメーカーにこだわらずに使い分けよう」

関連記事:ロッド選びは「SICリングのガイド、ハードロイガイド」どっちを選べば正解?

 

大きなシーバスを釣り上げるためには!?→「諦めない」

最初は、ヒットさせるまでできればすごいです。

しかし、「いつかはヒットさせたシーバスを釣り上げたい」こんなことを思いますよね。

 

 

最初は「逃げられることを怖がらずにヒットさせる」のを目標にしながら、

何度もファイトを経験してみてください。

 

 

 

そうすると、

何度もファイトを経験することで慣れてくると、

大きな魚体や、強烈なダッシュにも驚かなくなるので冷静に対処できるようになるはずです。

 

 

 

 

そう聞いても、

最初のうちは釣り上げるまでのイメージがしにくいですが、

少しずつ体験すること、慣れることでいつか釣り上げれる日が来ます。

 

 

 

 

 

 

私もシーバスを釣り始めたばかりの頃は、

 

驚いてしまいフルドラグ(ドラグを目一杯締めること。シーバス釣りではあまりしないほうが良いと思います。)にしてしまったり、

 

 

 

 

 

ファイト中も有利な位置に移動したほうが良いのですが、

大きなシーバスが相手だと、頭の中が真っ白になって考えられなくなってしまいました。

 

 

その結果、同じ場所でずっとファイトしてしまい

障害物を回避しきれなくてPEラインが擦れてしまったりしていました…。

 

 

 

 

 

私も最初は失敗の連続でしたが、

何度もファイトを繰り返して慣れると

 

ファイト中に冷静に対処できるようになったのか、

以前よりも、逃げられることが少なくなりました。

 

 

 

 

 

みなさんも、シーバスに逃げられても気にされずに

何度もファイトして見られることをオススメします。

 

 

関連記事:ジグヘッドにワームをセットする方法「静ヘッド+R-32」の場合

関連記事:これが知りたかった!「季節ごとのオススメのシーバスの釣り方」

関連記事:なるほど!「釣れないときこそ◯◯移動」をすればよかった、初心者が一匹釣るまでのストーリーその5

 

まとめ

・基本的にはシーバスに逃げられることは悪いことではないです。

・なぜなら、ファイトするまではできている証明になるからです。

・大きな魚とのファイトはなかなか難しいです。

・何度も繰り返し、挑戦して慣れるとアナタにも釣ることができます。

・慣れるとファイト中に冷静に対処できます。

・諦めずにヒットさせまくって、たくさんファイトしてください。

 

 

 

関連記事:コレで悩むワケにいかない!「キャスティングしても飛距離が出なかった…」以外な理由とは?

関連記事:知らなきゃ釣果に響く!?「ルアーフックを研がずに交換したいけどタイミングはいつ?」

 

 

 

 

シーバスはフックが外れやすいので

ファイトが難しいと思います。

 

 

フッキングのときに遅合わせにすることで

ルアーを口の奥に吸い込ませると首を振られたときにフックが外れにくいかと思います。

 

 

 

 

ファイト中は、ドラグを調整して

バットが曲がるかどうかくらいの負担が加わった時に

ドラグが出るようにしておくと、

うまく釣り上げやすいかと思います。

 

 

 

 

関連記事:ついに公開!「シーバスを釣るために大切な3つの秘訣」初心者が1匹を釣るまでのストーリー、その1

関連記事:知っておきたい!フックサイズと強度「フックサイズを交換してもいいの?」

 

 

 

諦めなければいつか釣れる日が来ます。

何度もチャレンジしてみられて下さい。

 

今回はココまでです。

お疲れ様でした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいる シーバスとのファイトで困っている時の処方箋 ランディングに失敗しそうで不安なあなたへ
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました