「回遊型と居着き型のシーバス」どちらも狙っちゃう作戦とは?

シーバスが釣れなくて悩んでいる

「回遊型と居着き型のシーバス」のどっちを狙ったらいいの?

 

 

できるだけ回遊型を狙うと釣りやすいのですが、障害物に着いている状態のシーバスは無視するのかというとそうではありません。

 

 

どちらかを選ぶのではなく、

回遊型と障害物に着いているシーバスの2タイプを狙います。

(ただし、捕食スイッチがOFFの個体は無視します。)

 

 

 

詳しく知りたかったら記事の続きをご覧ください。

 

 

関連記事:投げ竿でルアーシーバスをやったらダメな5つの理由とは?

 

「回遊型と居着き型のどちらを狙ったらいいのか」で悩んだ私

回遊型と居着き型のどちらを狙ったらいいのかで迷いました。二つのタイプによって狙い方が異なるので結構無視できない問題だと思ってました。

 

 

潮通しのいいポイントに入って回遊型を待ち伏せするのか、

居着き型を探るために各ポイントを歩きながら釣るのか?

 

 

この悩みを持っていた当時は、まだシーバスをそれほど釣ったことがなかったので、どちらの戦略の方が期待できるのかでずっと悩んでいました。

 

 

 

 

関連記事:読んでフムフム!「ブラックバス釣りとシーバス釣り」の3つの違いとは?

回遊しているときのシーバスを狙う→捕食スイッチがONのシーバスを狙う

私は回遊型のシーバスを釣る方法は「回遊待ち」でしかないものだと思っていました。

(回遊待ちとは、釣れそうな潮通しのいいポイントでシーバスが回遊してくるまで待ち伏せする釣り方のことです。)

 

 

回遊待ちは、待つのが退屈ですし、釣れそうだと思ったポイントにシーバスが回遊して来なかったら釣果0になってしまします。私はそういう釣り方が好みじゃないので回遊待ちはしたくありませんでした。

 

 

 

ある日、常夜灯の下を観察していると、影の中に入っていたシーバスがベイトが通りかかると影の中から出てベイトを追い始めたのです。

居着き型だったシーバスがベイトを追うときには回遊型になっているのかもしれません。

 

 

 

 

回遊型のシーバスは、なぜ回遊するのかと言うと「エサを食べるために、エサを追っている」のです。

つまり回遊型のシーバスは、「エサを追っているシーバス」とも言えるのです。

 

 

 

 

なので、必ず回遊型を待つ必要はなく、

回遊型と居付き型を両方共狙うような釣り方もアリだと思いました。

 

 

 

関連記事:超シンプル♪「貫通ワイヤーとエイト環の使い分け!?」

 

回遊型と居着き型をどちらも狙う作戦とは?


基本的にはラン&ガン(ラン&ガン:「釣れなかったら、すぐに移動する」といった釣り歩く釣りスタイルのことです。)つまり、1箇所で粘りません。

 

 

 

 

期待できるポイントの候補の中から、

脳内で「本日の期待できるポイントランキング」を開催して1位になったポイントをスタート地点にします。次に、1位以外のポイントも周るようにルートを決めます。

 

(1位から攻略するのは、連発したときに残り時間を気にせずに、時間いっぱい楽しむためです。1番期待できるポイントは連発しやすいかもしれません。)

 

 

 

 

 

各ポイントで回遊型、居着き型のどちらも狙います。

 

1,ポイントに着いたら岸壁沿いをトレースする(居着き型+回遊型で岸壁沿いのベイトを狙っている個体)を狙う

2,沖目にもキャスト(回遊型を狙う)

3,周囲の障害物際も狙う(居着き型の中から捕食スイッチがONの個体を狙う)

4,釣れなかったら捕食スイッチがONの個体が少なかったり、ベイトが少ないのでしょう。移動して次のチャンスを拾います。

 

 

このように1箇所のポイントでも回遊型と居着き型を

ミックスして狙うことだってできるのです。

 

 

 

 

目の前で回遊しているシーバスは捕食のスイッチがONになっているでしょうからルアーにも反応がいいですし、居着き型のシーバスはすべて釣ることができなくても、捕食するやる気のある個体だけを拾えばいいと思います。

 

 

 

 

ロッドアクションを使わずに「タダ巻きだけで反応する個体を拾う」のがオススメです。

 

(なによりもナイトゲームでロッドアクションを使って警戒されてしまうと釣果まで何年もかかってしまうこともあります。

※ロッドアクションは使い所が難しいので、タダ巻きで釣れるようになってからお試しすることをおすすめします。)

 

 

 

 

関連記事:「カーボナイロンライン CN500 6号」←コスパ抜群のリーダーを見つけちゃった!!

回遊と居着き型を両方狙うので「回遊待ちの賭けをしなくて済む」

回遊型を狙うために1箇所で待ち続けるスタイルはポイント選びに成功していないとボウズになってしまうことになります。

 

この回遊待ちは、期待できるポイントを知っていることが前提になるので、すでに釣った経験がある人が有利になる戦略です。(また、時間的コストを全部投入することになるので当たり外れが大ききくて釣果が安定しません。)

 

 

 

 

しかしこのラン&ガンのスタイルですと、

いくつものポイントを探って活性の高いシーバスを拾います。

 

いくつかのポイントの中に活性の高いシーバスが居る条件で、そのポイントにたどり着くことさえできればチャンスが有るのです。

 

 

 

この作戦は経験が少なくても、

そのエリアの知識が少なくてもまだチャンスが有ると思います。

 

 

 

関連記事:釣果アップ!?「シーバスの見逃せない2つのチャンスサインとは?」

回遊型も体力を消耗したら居着き型になるのでは?

回遊型と居着き型は、シーバスが生まれた時に決まっているのではないと思います。

 

回遊型は、エサを追うために移動しているシーバス。(捕食スイッチON)

居着き型は、エサを追わずにじっとしているシーバス。(捕食スイッチOFF、省電力モード)

 

 

 

シーバスは捕食しようと思っているときは、回遊して

体力を消耗したり怪我をしたときは、じっと身を潜めて居着き型になるのかもしれません。

 

 

 

DNA的に決まっているのではなくて

同じ個体でもモードが切り替わるのだと思います。

 

 

関連記事:5分でわかる!レンジキープとロッドの角度の関係

関連記事:ルアーの塗装が剥げたら使えないの?→「塗装の剥げは気にせずに使おう」

まとめ

・シーバスは条件の応じて回遊型も、居着き型にもなるかも

・捕食したがっているシーバスは回遊する

・回遊しているシーバスはルアーに良い反応をしやすい、釣りやすい

・居着き型も捕食スイッチさえONになれば釣れる

・1箇所のポイントで両方狙えばいい

・1番釣れそうなポイントから順番に周る

・ナイトゲームではタダ巻きがオススメ

 

 

どのポイントでも回遊型も居着き型も同時に狙うと良いと思います。回遊型専用に1箇所で粘る作戦は賭けの要素が強いので、たくさん釣ってからでいいかな?と思います。

 

 

関連記事:夏のトップは「止めないドッグウォーク」が効く!?

関連記事:ジグヘッドにワームをセットする方法「静ヘッド+R-32」の場合

関連記事:切り札!シーバス用ワームをセットして使おう!「R-32とジグヘッドの組み合わせ」

 

 

また読んでくださいね。

お疲れ様でした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいる シーバスの習性 ポイント(釣り場)の悩み 初めてでも分かる!シーバス釣りの知識
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました