グローカラーは必須じゃないし「釣れない原因」の一つかも?

シーバスが釣れなくて悩んでいる

シーバスを釣るために「グローカラーは絶対に必要でしょうか?」

 

ナイトゲームの暗い環境では、

グローカラー(発光、夜光塗料のカラー)が必須のように思ってしまうこともありますが、

そうではありません。

 

 

 

グローの光り方は発光するので、フラッシュ系などの周囲の光を反射することと比べると人工的な感じがするので警戒されやすいです。なので「不自然」を演出したい時、イカパターンといった限定的な条件以外では、グローカラーはまったく使いません。

 

 

 

 

 

関連記事:え?読んでおけばよかった「入門用リールにワゴン売りはだめなの?」

関連記事:高確率で釣りたい!?最初の一匹を釣るには「ボイルしているシーバスを探そう」

グローカラー中毒だった私…

※この画像はルアーの目の部分だけが発光していますが、目だけでなくボディの一部や全体が発光するタイプも存在します。(ライトや常夜灯の光を吸収したらしばらく発光します。)

 

 

 

私も暗くて何も見えない場所ではグローカラーを使うものだと思ってました。その頃はタックルボックスの中のルアーはグローホワイトばかりだったと思います…

 

 

 

(それで釣れると良いのですが、当時は全く釣れなかったです…。

今思うとリトリーブ中にポーズを入れていたことだけでなく、グローカラーを優先して使っていたことも釣れなかった原因ではないかと思います…。

 

しかも、ライトを当てて蓄光させてから使ってましたし…(ルアーが強く発光するので警戒されまくっていたでしょう…))

 

 

 

 

グローカラー中毒になっていた私は、釣具屋さんに行くとグローカラーばかりを狙って買ってましたし、「ルアーが発光したほうが発見してもらいやすいだろうから釣れる」と信じていました…。

 

 

これは私の思い込みによる大きな失敗でした。

 

 

 

グローカラーの出番は、とてもマニアックな時だけなので

まったく揃えなくても問題ないのです。

 

 

 

関連記事:サクッとイメージできた!「フィートとインチとロッドの長さをイメージしたい」

 

グローカラーを持ってなくてもOK


ルアーのカラーはシビアな条件下では特に重要になります。様々なルアーカラーが存在しますが、グローカラーを揃えるのはずっと後でいいでしょう。

 

グローカラーを揃える必要があるときは、ベイトが密集しすぎてルアーを発見してもらえないときの隠し玉として。そしてホタルイカなのどイカパターンでルアーが発光していることが条件の時に使用するときくらいです。

 

 

 

 

関連記事:ドラクエ方式!「少しずつ経験値稼ぎをしよう!」

グローカラーを使ってなくても釣れる

今のタックルボックスの中にはグローカラーは殆どありませんし、グローカラーを使わないといけない場面に出くわすことも無いです。

 

私の場合は、イカパターンになることも、ベイトが密集しすぎている場面もあまりないので今の所グローカラーは補欠状態になっています。

 

 

 

 

暗い場所では、グローでなくてもパールホワイトやチャートでどうにかなりますし、これらのグローじゃないカラーのほうが警戒されにくいので使える場面が多くて重宝します。

 

(なので、これらのパターンになってグローカラーが必要になってから調達すればいいかなと思っています。)

 

 

 

関連記事:ジグヘッドにワームをセットする方法「静ヘッド+R-32」の場合

発光しないカラーだけでも釣れます。

自然界の生き物の中で発光するような生物は少ないと思います。「光らない」のがデフォルトで自然な感じがします。発光するルアーは自然界にはあまり居ない「光る生き物」として不自然に見えるので警戒されやすいものではないでしょうか。

 

 

せっかく良さそうなポイントを見つけても、グローカラーを使って警戒されてしまえば釣果が遠のくリスクが付きますね。(1キャストで警戒されることも予想できます。こうなったらポイント移動する手間が増えますね…)

 

 

 

関連記事:コレで悩むワケにいかない!「キャスティングしても飛距離が出なかった…」以外な理由とは?

側線でルアーを発見してもらうこともできる

そして、グローカラーを使ってみたいのは

シーバスにルアーを発見してもらいたいからではないでしょうか?

 

 

シーバスはルアーを目で確認できなくても、側線を使ってルアーの出す水の動きを感知して発見することもできるとされています。

 

 

 

 

これはルアーが波動(ルアーが出す音のようなもの、水の動かし方)を出すとシーバスに見つけてもらえるといった効果を利用すれば、暗闇でもルアーが目で見えなくても見つけて、追尾して、捕食させることもできるのです。

 

 

また、ルアーが見えやすいということは、じっと目で観られることで見切られやすいとも言えます。グローのような発光するカラーは見えやすいので、「見切られやすい」という特性もあるかと思います。

 

 

関連記事:ロッド選びは「SICリングのガイド、ハードロイガイド」どっちを選べば正解?

 

 

暗闇を攻略したいときも

水質や活性などと相談して使い分けると効果的だと思います。

 

A,パールやチャートなどで

「見えやすいカラーと波動で濁りの中でも見つけてもらうことを優先する」

 

B,フラッシュ系で

「水質がクリアで活性が高いシーバスを広範囲から効率よく集めたいので、フラッシュ系で一度に探りたい、見つけてもらいたい」

 

C,クリア系で

「水質がクリアなので見えにくいカラーを使って波動で見つけてもらうと見切られにくい」

などと目的に応じて使い分けてみられてください。

 

 

 

 

一度投入したらほぼ警戒されて見切られるグローカラーよりも、

何度かチャンスが続くクリア、フラッシュ系、パールホワイトやチャート系などを目的に応じて使い分けることをオススメします。

 

 

関連記事:必見!攻略できるルアー選びをするスキル!「シーバスを釣るために大切な3つの秘訣」初心者が1匹を釣るまでのストーリー、その2

 

まとめ

・グローカラーは暗闇で使えそうなイメージがするけど、実は警戒されやすいカラー。

・自然にはありえないグロー(発光)するカラーは警戒の対象として見られるかも。

・暗い場所でもグローカラーでなくてもホワイトやチャートで釣れます。

・側線でルアーを発見してもらうこともできるので、見えやすいルアーが良いとは限らない

・「見えにくい+波動」などとうまく調整するといいかも

 

 

 

関連記事:永遠の定番「komomoSF-125」をシャロー以外でも使ってい良い理由

関連記事:バイブレーションだけじゃダメなワケ【ルアーセレクトが必要なワケ】

関連記事:知らなきゃ釣果に響く!?「ルアーフックを研がずに交換したいけどタイミングはいつ?」

 

 

グローカラーはとりあえず用意せずに、必要になってから用意されたら良いと思います。それくらい出番が少ないカラーではないでしょうか?

 

 

 

それではこのへんで

お疲れ様でした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいるシーバスフィッシングのタックルの悩み初めてでも分かる!シーバス釣りの知識知っておきたいキャスティングの基本テクニック
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!