私がベイトを探す時はこんな考え方をします。

シーバスが釣れなくて悩んでいる

「シーバスを探す」ってどういうこと?もっと詳しく知りたい

「探さなくてもシーバスはたくさん居るんでしょ?」

 

こういった疑問がまとわりついたまま釣りをするのは不安になりますよね。

 

 

 

そこで、

今回はシーバスが居るポイントを探すとはどんなことか?を

詳しくお話します。

 

 

関連記事:釣果アップ!?「シーバスの見逃せない2つのチャンスサインとは?」

 

 

 

シーバスを釣るために知っておきたい「ベイト探し」について詳しくお話します。


シーバスを釣る上で一番重要な釣れるシーバスが居る場所探し(ポイント探し)について

今までよりも少し深くお話してみます。

 

 

 

シーバスは広い範囲に分布するのに

どこにでも居るわけではないと思います。

 

「なんのことだろう?」と思ったら続きを読んでください♪

 

 

 

 

実はシーバスは海の中の一部にしか居ない

 

シーバスはブラックバスと違って、広い海の中で生活しています。狭い池の中ではブラックバスの密度も濃ゆいのですが、海の広さとシーバスのいる場所を比べてみるとほんの一部でしか無いのではないでしょうか?

つまり、シーバスは広い海の中の一部にしか居ないのです。

 

 

 

 

こういった均等に分散することはあまりありません。

 

 

 

ベイトはどこかに集まっているのでそれを見つけることで、同時にベイトを襲おうとしているシーバスも見つけられるのです。

 

 

 

 

広い海の中の何処かにシーバスが居るのですが、

その一部に集合していると思います。

 

つまり海の中のほとんどがシーバスの居ないハズレの部分で

シーバスが居る部分はごく一部なのだと思います。

 

 

シーバスを釣るためには、シーバスが居る場所にルアーを通過させて見つけてもらう必要があります。シーバスがどこに居るのかはっきりするほど攻略しやすいのです。

 

 

 

 

 

では、その釣れるシーバスが集合している部分を探すには

どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

 

 

関連記事:投げ竿でルアーシーバスをやったらダメな5つの理由とは?

関連記事:ドラクエ方式!「少しずつ経験値稼ぎをしよう!」

 

シーバスを見つけるには「ベイトを探そう」

シーバスを直接見つけるのはなかなか難しいです。水中のどの位置のどのレンジにシーバスが居るのかなんて予想もつきません。

 

どうやってシーバスの居場所を探すのかと言うと、シーバスのエサに依存する習性を利用します。確率は100%ではないですが、居場所をある程度当てることができるようになります。

 

 

 

シーバスがエサを食べ続けたい理由

シーバスはお腹が減ったらガス欠になってしまいます。そしてあの大きな体で水流を受けるのですから、燃費は悪いと思います。なので、シーバスは常にエサを食べ続けるタイプの構造になっていると思います。

 

 

 

例えば、釣り人を探したいときには釣具屋さんに行けば会えませんか?(私だけ?)

こんなふうに、シーバスを探したい場合はベイトが居る場所を探したらシーバスに出会えるのです。

 

 

 

関連記事:仰天!「ドリフトを使わないで釣るための1つの解決策」とは?

ベイトもどこかに集まっている

ベイトも海の中の全体に広がっているのではなく、どこかに集まっています。

(日中に海を覗いてみても、水族館のようにどこにでも魚がいるのではなく、覗き込む場所によっては魚が居たり、他の場所ではまったく居なかったりしませんか?)

 

 

海の中全体の中で、ベイトが集中している場所ほどシーバスも釣れそうな場所になるのですが、全くベイトが居ない場所では釣れそうにないですね。

 

 

 

 

ということは、

ベイトが集まっている場所を当てないと

シーバスと遭遇することさえできないのです。

 

 

 

関連記事:ジグヘッドにワームをセットする方法「静ヘッド+R-32」の場合

ベイトも移動する

ベイトも沖合や、潮通しのいい場所、河川、砂浜などと

様々な場所に移動します。

 

 

 

 

とあるベイトの移動パターン

沖合に居る小魚も、激荒れで沖合にずっと居られなくなる(泳げないほどの流れで流される場合、流れによるスタミナの消耗が激しい場合)には避難するために接岸するといった行動を取る場合もあります。

 

 

同じように、風表がすごく荒れている場合では、風裏に避難するといったようなパターンもあります。(荒れすぎると泳ぐ力の弱い小魚は避難することもあるのです。)

 

 

 

 

つまり、小魚たちも都合によって移動するので

何がきっかけで、

何を理由に、

どこに居るのかを想像すると居場所がだいたい分かるのです。

 

 

 

関連記事:絶対に持っておきたい!「バスデイ S.P.M 90」おすすめシンキングペンシルはこれ!

ベイトの居場所は仮説を立てる、ハズレてもOK→何度も挑戦しよう

実はベイトの居場所は100発100中当てる必要はありません。何度ハズレてもいいので最後に居場所を当てればいいいのです。

 

私は、この居場所を探るための作業で一番やったらダメだと思うことがあります。それは、100%当てようとしたり、「ハズレることを恐れて挑戦しないこと」です。

 

 

 

 

まず、自然が相手ですから完全に予測を当てて100発100中にする必要なんてありません。すごく重要なことですからもう一度言います。最初の一撃で100%当てる必要なんて無いのです。

 

 

そして、私が実際の釣りで「ベイトがどこに居るのか」を当てる手順をお話しますので、この機会に読まれて「そういう考え方もあるのか」と思われるといいかと思います。

 

 

 

 

関連記事:縛らずに簡単に釣ろう「ルアーはメーカーにこだわらずに使い分けよう」

 

私はポイント選びをするときはこんな感じで考えてます。

 

1,まず「どこにベイトが居たら釣りやすいのか?」を考えます。

2,シャローエリアや、ワンド、入り組んだ地形でベイトが居てほしいので、そういった場所にベイトが居ないのかを考えます。

 

 

↓ ↓

A B

(二択)

 

 

A,これらのポイントにベイトが偶然入っていたら
シャロー、ワンド、入り組んだ地形などではやる気のあるシーバスが入りやすいので期待しながら釣りをします。

 

 

B,ベイトが入ってない場合は、なぜ入ってないのかを考えます。
風の向きなのか、明るさの違いなのか(太陽光や月明かり、常夜灯など)前日の気温や雨の影響なのか?潮の動き、などと連想します。

 

 

 

ベイトが移動しているかもしれない

それをヒントにして次のポイントに移動します。(次はどこのポイントなら期待できそうですか?先程のポイントが風裏で波がないのが原因なら→風表に移動するなどと試してみます)

 

 

 

 

 

サクッとお話するとこんな感じでポイントを選んでます。(便利そうだなと思われたら使ってみてください。)

 

関連記事:なるほど!「釣れないときこそ◯◯移動」をすればよかった、初心者が一匹釣るまでのストーリーその5

関連記事:二刀流!「ルアーのサイズで迷ったときの2つの対処法」

まとめ

・ベイトを探すことでシーバスが釣れる確率がアップする

・ベイトも集まっている、集まってない場所にはほとんど居ない

・ベイトも移動する、風や流れなどで移動する

・ベイトの居場所がどこか?仮説を立ててみよう

 

 

関連記事:F?S?ミノーのタイプと使い分け 最初に使うなら○タイプのワケとは?

関連記事:バイブレーションだけじゃダメなワケ【ルアーセレクトが必要なワケ】

関連記事:コレで悩むワケにいかない!「キャスティングしても飛距離が出なかった…」以外な理由とは?

 

 

こんなふうにベイトを予測するとベイトを目視できない状態でも

ベイトの居場所を当てることもできちゃうかも!?

 

100%の確率でベイトの居場所を当てることができなくても

何度か推測をして最終的に当てられればいいのではないでしょうか?

 

 

 

もちろん、どうやっても当てられない場合もありますが、

気にせずに何度も挑戦してみてください。

 

(ベイトの居場所を当てようと考えることが楽しくなってくるかも!?)

 

 

 

長くなりましたが、ここまでお読みくださってありがとうございます。

また次回もご利用いただくとまた喜びますので

よろしくおねがいします。

 

お疲れ様でした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいる ポイント(釣り場)の悩み
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました