バラシをどうにかしたい!「バラシ対策にこの2つのチェック!」

シーバスとのファイトで困っている時の処方箋

シーバスがヒットしても、

「ファイト中にバレてしまいます…」

どんな工夫をしたらいいのでしょうか?

 

 

 

これはシーバスフィッシングをしていると必ず悩むことですね。

(私も、釣れるようになってからしばらくの間、よくバラしてました。)

 

 

 

この記事では、

こんなときにどんな工夫をしたらいいのかを

私なりにお答えしてみます。

 

 

 

 

関連記事:必見!「ポイント探しを自分で決める思考パターン」初心者が一匹釣るまでのストーリーその6

 

バラシが続いたら、この2つの項目をチェック


バレが多発したときは、フッキングをしっかりしてフックを貫通させたいです。後はドラグをゆるくしてファイトしたいですね。

(ドラグがきついと、シーバスがダッシュしてテンションを強弱してきときに対処しきれません。)

 

 

 

関連記事:私の理想の釣り方「タダ巻きで釣れるようになると、こんなメリットがあります。」

「しっかりとフッキングをする」→バラシ軽減

フッキングが甘いとフックが外れやすくなります。バレる原因の一つですね。

 

フッキングはしっかりしないとフックが貫通しません。シーバスには遅アワセをしますが、フッキングをしなくていいわけではありません。ロッドに重みが載ったらフッキングをしてフックを貫通させましょう。

 

 

関連記事:ジグヘッドにワームをセットする方法「静ヘッド+R-32」の場合

 

新しいフックはフッキングが成功しやすい

もちろん新しいフックで鋭いほどフッキングは成功しやすいです。錆びたり、針先が甘くなったフックほど貫通させるときに強い力が必要になってしまいます。

新しいフックに交換してフッキングしやすくしておきたいですね。

 

 

 

 

関連記事:なるほど!「釣れないときこそ◯◯移動」をすればよかった、初心者が一匹釣るまでのストーリーその5

 

フックが太い場合は気持ち強めのフッキング

また太いフックを使っている場合ほど、強いフッキングで貫通させる必要が出てきます。使っているルアーのフックの太さに応じてフッキングの加減を変えてみましょう。

(例:太いフックを使っている場合は気持ち強めにフッキングをする)

 

 

 

関連記事:ついに公開!「シーバスを釣るために大切な3つの秘訣」初心者が1匹を釣るまでのストーリー、その1

何度かフッキングをする

フッキングに不安がある場合は、フッキングを2~3回行うのもいいでしょう。

(このときに力いっぱいフッキングをしてロッドが折れないように加減しましょう。)

 

 

 

関連記事:リリースのための4つの条件とは!?シーバスをリリースする方法、食べるときはどうするか?

「ドラグは必要最小限の強さで、弱めに」

ロッドのバッドではなく、ベリーでファイトするとバラシが減ります。バッドよりもベリーあたりの部分のほうが柔らかいですね。

 

 

 

関連記事:釣れないときの3つのヒント!「シーバスフィッシングで悩んだら」

ドラグを緩めにしてベリーでファイトする

バレにくくしたいときはベリーでファイトします、より強い負担が来たらドラグが出るようにセッティングしてのファイトです。

(なのでドラグの設定をするときは何kgに設定するかではなくロッドにどれくらい負担が加わわったらドラグが出るのかに合わせます。)

 

 

 

ロッドの柔らかい部分(ベリー)で衝撃を吸収して、シーバスが暴れてもフックがぴったり張り付くようにしちゃいましょう。

 

 

 

関連記事:知っておかないと釣具を買い直すことに…!?「釣具の後片付け」の方法を知って長持ちさせよう

ドラグのタイムラグについて

ところでドラグというのは、急な負担が加わったときには滑り出しが遅れます。急なダッシュのときはロッドに負担が加わって1秒くらいしてからドラグが出始めたりします。

(この1秒の間に強いテンションの逃げ場がないことがバレの原因だったりすると思います。)

 

 

 

関連記事:自信がないファイトを脱却するためには5つの◯◯に気をつける

この作戦の弱点は

・障害物付近で行うと障害物にラインが巻かれます。

(ラインが切れてしまいます。)

 

・大きなシーバスはダッシュされたらベリーでは止まりません。

(こういったケースではドラグを少しきつくします。)

 

 

 

 

障害物付近ではファイト中にドラグをキツめにして対処します。(ヒットさせるまではドラグをゆるくして深く飲ませて、ファイト中にドラグを締めてもOK)

 

大きなシーバスが相手の場合にドラグが緩いとダッシュが止まらなくなったりします。こういった場合はドラグを少しずつ締めてみて、ダッシュを阻害できそうな調節をしてみます。

 

 

 

 

この2つのケースでなければ、しっかりとフッキングをして緩めのドラグでファイトをすることでバラシが減るかと思います。

 

 

 

関連記事:ビギナーが「ただ巻き」を使いこなすべき2つのワケ

まとめ

・しっかりとフッキングをすると→バラシ対策に

・ファイト中にドラグを緩めにすると→テンションが掛かりすぎないので→バラシ軽減に

・フックが太い場合は普段よりも強めのフッキングをする、数回フッキングをする

・新しいフックに替えて深くフッキングをさせると→バラシにくくなります。

 

 

 

フッキングの成功と、ドラグを緩めてベリーでファイトするようにするといいと思います。バラシがきになったらお試ししてみてください。

 

 

関連記事:ロッドの持ち方がわからない、迷った時のたった1つの答え

関連記事:【動画あり】5分で覚える「FGノットのやり方」楽しく釣りをするための1つの訓練とは?

関連記事:禁断の!釣果の情報から攻略のヒントを盗み出す方法

 

 

今回はここまでです。

また次回も読んでくださいね。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【オンラインシーバス釣り教室・入門講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスとのファイトで困っている時の処方箋 フッキングの悩み
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました