2つのパターン!シーバスのフッキングはロッ◯に重みがのってから行う!

フッキングの悩み

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

「フッキングのタイミング、やり方がわからない。」

この悩みで相談されることが多いです。

 

—–

(※フッキングとはアワセのこと、ロッドをあおることで魚の口にフックをしっかり貫通させる動作。リールを巻いてテンションを掛けてから、巻きながらアワセることが多いです。)

—–

 

 

 

 

関連記事:釣れないときの3つのヒント!「シーバスフィッシングで悩んだら」

関連記事:釣果アップのための1つの解決策!ただ巻きで釣れる確率がアップする「リトリーブコース」とは?

 

 

 

 

シーバスフィッシングでのフッキングは

シーバスの重みをロッドのバッド(根本)にのせるようにするとうまくフッキングできます。

 

「ティップ」 竿先
「ベリー」     竿の中間
「バッド」     竿の根元

 

 

 

具体的には

あたりがあってもリールをそのまま巻き続け

ロッドに重みがのってからアワセをする事が多いです。

 

 

 

いわゆる巻きアワセです。

ラインのたるみを減らしながらフッキングするので

シーバスがコチラにダッシュしてきた場合にも対処しやすいです。

 

 

 

コチラ側にダッシュされた場合のフッキングは

リールをやや早めに巻きながら、

 

奥にダッシュされた場合は

リールはゆっくりと、少ししか巻かずにフッキングします。

 

 

 

 

「コン」とアタリがあっても驚かずに

そのまま巻き続けるのが大切ですね。

 

 

 

 

もちろん例外はあります。

アタリの時点ですでにロッドに重みがのっている場合は即座にフッキングをしています。

 

(フッキングのときは、ロッドを上にあおりつつ、リールも少し巻きながら行うとパワーが伝わりやすいです。)

 

 

 

アタリと同時に魚がダッシュしている場合は

そのままアワセるというわけです。(リールは少ししか巻きません)

 

 

2つめの例外は

フォール中にアタリがあった時のフッキングです。

 

※フォール(ルアーが沈んでいる状態)

 

 

 

 

フォール中のアタリは

そのままほうっておくと吐き出されてしまい

失敗してしまいます。

 

 

フォール中にアタリがあったら

すぐに巻きアワセをしてフックを貫通させてしまいましょう。

 

 

 

 

まとめ

アタリがあってもそのまま巻き続ける。

ロッドに重みがのってからフッキングする。

フォール中の場合はすぐに巻いてフッキングする。

 

 

 

ロッドに重みがのってからフッキングするということ

リールを巻きながらフッキングするのもロッドに重みがのせるのが目的なのです。

 

 

 

これも何度も繰り返したら上達します。

釣りを楽しみながら繰り返しましょう!

 

関連記事:4つのコツでただ巻きを使いこなそう「リトリーブスピード編」

関連記事:レンジは重要な要素!レンジキープを試してみよう

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

フッキングの悩み
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!