高確率で釣りたい!?最初の一匹を釣るには「ボイルしているシーバスを探そう」

シーバスが釣れなくて悩んでいる

「釣れるポイント選びがわからない」

「釣れると信じれるポイントで釣ってみたい」

 

 

 

まだ釣ったことがないケースでは、

どんな条件が釣れるのかハッキリしないので

 

不安になりながら釣りをすることになりますね。

 

 

 

 

不安にならないで釣りをするには、

どうしたらいいのかを、この記事でお読みください。

 

 

 

 

ベイト+シーバス


シーバスを釣るには、ポイント選びがとても重要です。シーバスだけが居るポイントを見つけてもベイトがいないと捕食スイッチが入りにくいので釣るが難しいです。

 

 

 

 

 

逆にベイトだけいても、

シーバスが居なければ釣ることができません。

 

このシーバスとベイトがセットで存在する「おいしいシチュエーション」を見つけられたら、最初の1匹を釣るのも夢じゃありません。

 

 

 

 

 

関連記事:コレで悩むワケにいかない!「キャスティングしても飛距離が出なかった…」以外な理由とは?

 

 

 

 

釣りの経験が少なくても釣るには→「ボイルしているシーバスを探そう」


シーバスがボイルしている状況を掴み取れば、キャストしてリトリーブするだけで釣果に結びつけることができるでしょう。

 

 

 

※ボイルとは:水面付近に追い詰めた小魚をフィッシュイーターが捕食している様子(この場合は、シーバスが小魚を食べている状態)(フィッシューターとは:小魚を捕食する側の肉食の魚のこと)

 

 

 

 

 

 

なぜボイルしているシーバスを見つけたらいいのかと言うと、

派手にボイルしていれば、夜間でも目で見えますし、激しい音も出ます。

 

 

水中のどこかに居るかも知れないなんて曖昧なことではなく、

確実に「シーバス+ベイト」のセットがそこに居ることが確認できるからなのです。

 

 

 

 

 

こういうときは、水面付近でボイルしているわけですからシャローランナーやシンキングペンシルなどで浅めにレンジを捉えてみましょう。

 

さらに、ベイトの種類に応じて波動も似せてチャレンジしたら完璧だと思います!

 

 

 

 

関連記事:永遠の定番「komomoSF-125」をシャロー以外でも使ってい良い理由

 

ポイント選びで正解をつかめなかった私の過去…

私も釣れない時は、

すごく静かな海でひたすらルアーをキャストしていました。

 

何も考えずに選んだポイントだったので、おそらくシーバスもベイトもいなかったのでしょう。

(もちろん、ボイルする音なんて全く聞こえてませんでした。)

 

 

 

 

2年も釣れなかったのは、これが一番の原因だったと思います。活性の高いシーバスならルアーもそこまで選びませんし、タダ巻きで十分に釣ることができるのですから。

 

 

 

 

ポイントにベイトが居て、

それをシーバスが追う状況(捕食スイッチがONになっている)ことが

釣れる条件だと思いうのです。

 

 

 

 

難しい条件をクリアするよりも、

こういう好条件を見逃さずに拾い集めるほうが

楽に釣りをするとこができます。

 

 

 

 

 

どんな条件で釣ったらいいのかわからない時こそ

ボイルしているシーバスを探してみてください。

 

捕食中のシーバスはルアーによく反応してくれるので

きっと、何かしら反応があるはずです。

 

 

 

 

 

関連記事:二刀流!「ルアーのサイズで迷ったときの2つの対処法」

 

 

ボイルしているシーバスを見つけるには?

フィールドで耳を澄ませてみてください。

「ボコッ」とか「バシャバシャ」と音が聞こえることがあったらボイルしているシーバスかもしれません。

 

 

 

フィールドで風が吹いていたりすると聞こえにくいので、ボイルしているポイントの20m以内に近づきたいですね。なので、一箇所でじっとせずにボイルしている箇所を探し歩きながら音を聞いてみられることをオススメします。

 

(ワンドやL字になったりしている地形でボイルが起きやすいと思います。)

 

 

 

 

ボイルした場所を音で発見して場所がわかったら、ベイト、シーバスが居ることがハッキリします。ベイト+シーバスのセットを見つけたわけですから大チャンスです。あとはルアーを選んで攻略をするだけです。(ワクワクしますね♪)

 

 

 

チャンスの場面に出会えたので、狙うべきポイントがはっきりします。釣れるかどうかわからないポイントで釣りをするよりもぐっと釣果が近いと思います。

 

 

 

 

関連記事:これが知りたかった!「季節ごとのオススメのシーバスの釣り方」

 

 

 

ボイルしている条件はルアーに反応しやすい

タダ巻きでよく釣れるときは、ルアーをよく追うシーバスが相手の時です。こういうシーバスはベイトを追っている状況で遭遇しやすいです。ボイルしているシーバスはこの条件に当たります。

 

 

特に秋は、ボイル中のシーバスを釣りやすい季節だと思います。果敢にベイトを追っているシーバスの先にルアーをキャストしてただ巻きを試してみてください。

 

 

 

 

 

もしも釣れなかったら、ルアーのタイプやレンジを調整してみます。ボイルしていても、どんなルアーでも釣れるわけではなくて、レンジや波動がマッチしていないと全く反応してくれないこともあります。(特に春に多いです。)

 

 

ルアーのタイプを変更してなんとか攻略することができるかもしれないので、ルアーをチェンジ、レンジを上から順番に刻んでみるなど試してみられてください。

 

 

 

関連記事:え?ルアーは全部のカラー、サイズを揃える必要があるの?

 

 

まとめ

こういったボイル中のシーバスを狙えば、そこにシーバスが居るわけですから、

全く何も居ないポイントで釣りをするよりも期待できます。

 

耳と目でボイルを探して、ハッキリとしたチャンスを攻略するのはドキドキできます。

 

 

 

 

ボイルしている条件では

1キャストで釣れることもあります。

 

 

まず、一匹釣ってみられたい場合はとてもわかり易い釣り方だと思いますので

機会があればボイルを探してみてください。

 

 

 

 

それではまた

読んでください♪

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいる シーバスの習性 ポイント(釣り場)の悩み リトリーブを覚えたいあなたへの記事 楽なシーバスの釣り方
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました