バイト(アタリ)があっても乗らない時にチェックしたい3つのこととは?

シーバスが釣れなくて悩んでいる

シーバスからバイト(アタリ)があっても乗らないときは

どんなことを改良したらいいのでしょうか?

 

 

 

 

「一生懸命にシーバスを探してバイトさせたのに

なぜかフッキングするまでにルアーを吐き出されてしまう…」

 

 

こういったことが私にもよくありました。

 

 

 

 

 

スっぽ抜けてしまう原因は様々ですが、

 

 

 

 

3つのスっぽ抜けのケースはこんな感じ


・フックが鋭くない

・活性が低い

・ルアーを偽物だと見切られている

 

 

この3つが、スっぽ抜けの原因の多くのケースを占めていると思います。この3つの原因を対策しないままにしておくと、たとえ遅アワセを行ってもスっぽ抜けてしまったり、そもそもヒットしないことがあります。

 

 

それぞれ原因と対処法をお話してみますので

読んでみられてください。

 

 

 

 

関連記事:シンプルでも釣れる!「楽なシーバスの釣り方」とは?

 

 

この中でも、よくあるケースとしては、

フックが鈍っている場合にスっぽぬけが起こります。

 

 

 

 

1つ目の理由【フックが原因】でバイトがあってもルアーがすっぽ抜けてしまう時は…

シーバスはバイトがあったら強いフッキングをするのではなく、そのまま巻き続けます。そして、ロッドに重みが加わってから軽くフッキングをします。

 

ということは、バイトがあった時にシーバスの口の中でフックが絡みつく必要があるわけです。なので、フックが鋭くないといけません。

 

 

 

 

今使っているルアーのフックが鋭いかどうかを確かめてください。

 

 

フックが鋭さを失った場合にどうしたら良いのかと言うと、

フックを新品と交換しちゃうのが一番いいです。

 

 

 

 

純正品と同じサイズのフックを探して交換するだけです。これだけでバイトがあったときに鋭いフックがシーバスの口に絡むので、スッポ抜ける確率がぐっと下がります。

 

バイトがあった時点でフックの先端がシーバスの口に絡むと、そのままリトリーブし続けてもスッポ抜けずにフッキングに持ち込めます。

 

 

 

 

 

私もボロボロのフックがついたルアーで何度もバイトだけでフッキングができないことがありました。

 

頑張ってバイトさせたのにヒットさせられなかったことが悔しくて、雑誌で解決策がないのか調べましたところ、「フックが鈍っているとすっぽ抜けが起きる」ということを知ったので新品のフックに交換したのです。

 

すると嘘のように、バイトからフッキングに持ち込めるようになりました。

 

 

 

 

 

関連記事:仰天!「ドリフトを使わないで釣るための1つの解決策」とは?

 

 

 

活性が低くてバイトが弱い」

シーバスの活性が低い場合は、警戒しながらバイトしてきます。そのために口の先だけでルアーを甘噛みするような動作をします。

 

こういった場合は、口の奥まで飲み込んでくれないのでフックがうまくかからないことが多いです。

 

 

 

 

私は基本的には、活性が低いシーバスは相手にせずにやる気のあるシーバスを探します

気まぐれでリアクションバイトなどを狙うこともありますが、釣れなかったら時間がもったいないので移動する方がオススメです。

 

 

 

 

 

でも、水温が低いことが原因で活性が低い場合は、リトリーブ速度をよりスローに落として様子を見ます。

 

これはシーバスの体が思うように動かないことが原因でルアーの速度を追うことが出来ない場合に、追える速度にしてやることでバイトさせるといった作戦です。

(コレである程度ヒットするようになるのですが、もともと活性が低いのでそんなに大漁にはなりにくいです。水温が高い場所を探すなどして移動できるといいのですが…)

 

 

 

 

 

関連記事:「カーボナイロンライン CN500 6号」←コスパ抜群のリーダーを見つけちゃった!!

 

 

 

3つ目のスっぽ抜けの理由「見切られている」

ルアーってじっくりと見られると偽物だと見抜かれてしまいます。常夜灯の下などの周囲が明るい環境でルアーの速度が遅すぎる場合に起きやすい現象ですね。

 

 

 

 

こういう時は、

普段より、気持ち早めにリトリーブします。

 

早めの速度なら、ルアーをじっくり見ることができなくなるので見切られにくく出来ます。ルアーを交換せずに対処するとしたらこの方法を試します。

 

 

 

 

もう一つの方法としては、

ルアーを小さいものに交換する方法です。

 

小さいルアーの方がよく見えないので見切りにくいです。ルアーをたくさん用意しておいて、波動は同じ感じのものでサイズダウンができるといいですね。

 

 

 

 

関連記事:知らなきゃ釣果に響く!?「ルアーフックを研がずに交換したいけどタイミングはいつ?」

 

 

3つのスっぽ抜けの原因まとめ

フックが鈍ったまま釣りに行かずに自宅でフックを交換しておきましょう。特に根掛かりや、キャストをミスしてしまって陸にぶつけたときなどはフックの先端が丸くなったりしやすいです。

 

 

活性が低い場合は、なるべく移動して活性の高いシーバスを探すのがベストです。しかし、低水温時で特別に水温が高いポイントに入れないなどの事情がある場合は、こういった難しい環境をクリアしなければいけないときもあります。

シーバスも水温が低くて思うように動けないでしょうから、普段よりもスローリトリーブで様子を見てみましょう。

 

 

見切りについては、ルアーをじっくり見せないようにやや早めにリトリーブしてみましょう。秋のハイシーズンでも常夜灯の下の明かるい環境下ではスローリトリーブで釣った後でも、早めのリトリーブをすると、もう一匹追加できることがあります。

 

 

あとは、フッキングの際に驚いて即アワセをやってしまうと抜けてしまいます…ロッドに重みが乗るまではそのままリトリーブし続けましょう。(バイト時にラインがたるんでも驚かずに、そのままの速度で巻いてみると深くフッキングできることもありますよ。)

 

 

今回の記事はココまでです。

また読んでください。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいる フッキングの悩み
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました