この1択だけでOK「ファイトのためにビギナーが太いショックリーダーを使うべき理由」

シーバスフィッシングのタックルの悩み

「ビギナーが太いショックリーダーを使うべき理由」

 

A,太いリーダーでヒットしたシーバスを確実に釣り上げる

B,細いリーダーで根掛かりから回収しやすくする

 

どちらのセッティングを選ぶべきなのか知りたくないですか?

 

 

 

 

 

私は絶対に太いリーダーをオススメします。

この記事でその理由を知ってください♪

 

 

 

 

 

 

シーバス釣りにはショックリーダーを使います。(以下リーダーと呼びます。)

 

このリーダーというパーツは

PEラインの先端に結びつけて使います。

 

 

 

 

リーダーが短いと障害物がPEラインに接触してしまうので、

ある程度長いリーダーがいいですね。

(1,5mくらいの長さがオススメです。)

 

 

 

 

 

このリーダーの役割を

ちょびっと読んでみてください。

 

 

 

ショックリーダーの役割

リーダーの役割は何なのかというと、

「岩などの障害物にこすれそうになった時にPEラインの代わりになって耐える」といったものです。

 

 

シーバスに使うPEラインはすごく細いので

擦れてしまうとすぐに切れてしまいます。

 

 

 

 

PEラインの代わりに

ナイロンやフロロなどのリーダーを先端に結びつけることで

リーダーが身代わりになって擦れてもらうということです。

 

 

ということは、

リーダーが擦れた時に切れてしまうと本末転倒というわけです。

 

 

 

 

 

根がかりした時のことを優先するの??

細めのリーダーをセッティングすることで、根がかりした時にリーダーから切れるようにするといった方法もあるようですが、私はオススメしません。

 

 

 

確かに、細いリーダーにしておけば、根掛かりした時に引っ張ると

リーダーから切れるのでラインシステムを組み直す手間が省けることもあります。

 

…が、これはやめたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

・根掛かりしたときの便利さと

・ファイトした時に切れないこと

 

コレのどちらを選びますか?

 

 

 

 

この2種類のセッティングのどちらが良いと思いますか?

 

・太いリーダーで安心してファイト

・細いリーダーで根掛かりした時に回収しやすい

 

リーダーの太さはこの2択!!

さあ、あなたはどちらを選びますか?

 

 

 

 

関連記事:フロロカーボンの特性とは?「最初に選ぶべきリーダーは20ポンドのフロロカーボン」

 

太いリーダーで釣るメリット

太いリーダーを使っていれば、ファイト中に多少擦れても耐えてくれる場合は、ヒットさせたらなんとかランディングまで持ち込めると思いませんか?正解です!

 

 

 

シーバスとのファイトは激しくて難しいです。

まだ釣ったことがないのならさらに難しいです。シーバスは癖のあるファイトをします。ダッシュを連発したり、水中でも水上でも暴れまわったりとかなり激しいです。

 

 

この時に、エラにある鋭いトゲにリーダーが擦れれば5号リーダーでもダメージが入ります。(何度か擦られれば切れてしまうこともあります。)

 

 

 

 

 

頑張ってヒットさせたシーバスは

確実に釣り上げたいですよね。

 

太いリーダーを使ってみましょう。

 

 

 

 

 

関連記事:釣れるタダ巻きの秘密「リトリーブだけでは釣れる気がしません…」→「ルアーが特別美味しいエサ」になる記事

 

細いリーダーで釣るのは難しいよ

細いリーダーで根掛かりした時に回収しやすいけれど、大きなシーバスとファイトするときには障害物を全部回避する必要があります。

(まだ釣ったことがない釣り人にとって、とても難しくないでしょうか?高いハードルと言えます。)

 

 

 

 

 

 

根掛かりした時にリーダーから切れてくれれば、ラインシステムを組み直す手間が省けますが、結局ルアーはロスト(失くして)してしまいますし、リーダーにもダメージが入っていれば組み直すこともあります。

 

 

 

 

根掛かりのときに回収しやすくてもシーバスは釣れません。そして、釣りをしている時間のほんの僅かな割合の時間のためにリーダーを選びますか?

 

ファイト中に障害物は全部回避できますか?

水中の障害物の位置もハッキリわかっていますか?

 

 

 

それとも、頑張ってヒットさせたシーバスをランディングしやすくするために太いリーダーにセッティングして高確率で釣り上げれるようにしたくないですか?

 

 

 

 

(そもそも根掛かりしないようにするには、

シャローレンジを中心に攻略すれば良いのです。)

 

 

 

 

 

ということでヒットさせたら釣り上げるためには

根がかりした時に回収しやすいようにリーダーを決めるよりも、

ヒットしたシーバスを確実にランディングするために選ぶべきです。

 

 

 

関連記事:え?これでいいの?「シーバスのフッキングは遅アワセでOK」初心者が一匹釣るまでのストーリーその7

 

 

 

シーバスの激しいファイトは太いリーダーが頼りになる

大きなシーバスがヒットして、リーダーを擦ってしまうと5号でも切れます。なのでリーダーの太さは6号でも7号でもいいのです。

 

 

 

リーダーが5号以下で「障害物に擦られたらアウト」なんて難しいファイトを初心者にやらせるのはとても難しいと思います。リーダーの太さにある程度余裕を持たせて、障害物に擦られても何度か耐えるバランスにしておきたいです。

 

 

 

 

 

※例外もあるでしょ?

確かにリーダーが太くて困る時はあります。

それは、春のマイクロベイトパターンなどの時に小さなルアーを使う時です。

 

こういう時だけは、まず5号リーダーを試します。

 

 

 

せっかくがんばってヒットさせたシーバスを逃さないようにするためには、最低でも5号以上のリーダーをオススメします。(細いリーダーに挑戦するのは、太いリーダーでたくさん釣ってから行えばいいと思います。)

 

 

結論 まず初心者は、5号以上のリーダーから試す

 

 

関連記事:必見!「ポイント探しを自分で決める思考パターン」初心者が一匹釣るまでのストーリーその6

 

 

太いリーダーでもちゃんと釣れる

リーダーが太いとシーバスから見えてしまって釣れないイメージをしてしまいますが、しっかりと活性の高いシーバスを相手にすれば問題なく釣れます。

 

 

私も春以外は6号、7号をメインに使っています。(ちゃんと釣れますし、太すぎて釣れないなんてことはめったにありませんよ。)

 

(リーダーが太くて釣れないことよりも、ルアーのタイプがマッチしてなくて釣れないとか。そのポイントにシーバスがいないことが釣れない原因だったりする事が多いです。)

 

 

 

 

太いリーダーを使うことで「ヒットさえ太いリーダーがあるのでファイトに失敗しない」と強気で攻めることができます。

 

 

 

ということで、

リーダーが太くてもミノーを使ってても、シンキングペンシルでもワームを使ってもちゃんと釣れますので6号のリーダーを使ってみてください。

(マイクロベイトパターンのときのように7cm以下のルアーを使うときだけは5号をお試しください)

 

 

 

関連記事:【動画あり】「ストラクチャーに賭けた!」弱風ナイトゲームの釣果レポート

 

 

 

迷ったら6号がオススメ

ファイトに慣れてないと5号でも危ない時があるので、少し余裕の6号がオススメなのです。

そしてリーダーに傷が入ったか細かくチェックするのも重要なのですが、見落としがあった時に備える目的もふまえての6号です。

 

 

水中の障害物の位置もあまりわからない場合は余裕がほしいという意味で5号+aで

6号というのもありますね。

 

 

 

コチラの記事もおすすめ→コスパ抜群のオススメのリーダーは「CN500 6号」

 

 

 

 

 

まとめ

・最初は太いリーダーで釣ろう

・細いリーダーでのファイトは難しいので慣れてからにする

・太くてもちゃんと釣れる

・迷ったら6号がオススメ

・ヒットさせたら必ず釣り上げよう

・シャローレンジ攻略を中心にすれば根掛かりも少なくできる

 

 

 

 

太めのラインで安心してファイトができると

精神的にも違ってきますね。

 

 

慣れない時期こそ太めのリーダーで

ファイトに優位性を持っておきたいですね。

 

また次回も読んでください。

お疲れ様でした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスフィッシングのタックルの悩み
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!