超シンプル♪「貫通ワイヤーとエイト環の使い分け!?」

知っておきたいキャスティングの基本テクニック

ルアーを選ぶときにパッケージの裏を見ると、「貫通ワイヤー式」と書いてあるものがあります。

 

 

 

こんな悩みがありませんか?

・ルアーを選ぶときは貫通ワイヤーが採用されているものがいいのでしょうか?

・貫通ワイヤーではないルアーは壊れてしまうのでしょうか?

 

 

 

 

結論を言いますと、

貫通ワイヤーの有るタイプのルアーと

貫通ワイヤー無しのルアーは用途に応じて使い分けます。

 

 

 

 

強度が必要な場合は貫通ワイヤーが搭載されたものを使いますし、貫通ワイヤーが使われてないものでも強度がそこまで要求されない条件では気にせず使います。

 

 

 

 

貫通ワイヤーとは

どんなものなのかをご説明します。

 

 

 

貫通ワイヤーとは

ルアーのスナップをつける、フックを取り付けるパーツとして金属のリングがついてますね。これを、エイト環と言います。

貫通ワイヤーとはエイト環よりも強度を重視したパーツのことで、搭載されるときはエイト環の替わりにされます。

 

 

 

 

つまり、ルアーのスナップやフックを取り付ける金属の部分は、エイト環か貫通ワイヤーのどちらかが搭載されます。

 

貫通ワイヤーは、強度を重視する時に使うためのルアーに搭載されます。

 

 

え!スイベル付きスナップはシーバスに使ったらダメなの?「おすすめできない2つの理由」とは?もチェックする

 

 

 

 

エイト環は壊れれることがある

エイト環は、見た目では金属のリングがOの字で露出していますが、内部に8の字の金属パーツを埋め込んであるのです。

プラスチックのボディに金属のパーツを埋め込むことで金属のリングを取り付けれるような感じです。これでスナップ、フックを取り付けることができるのです。

 

 

 

 

しかし、

ボディを岩にぶつけてしまうなどのダメージを受けたり、魚が暴れた時にヒネッて割れることがあります。そうなれば金属のパーツとボディが分離してしまうので、フックも落ちてしまいます。

 

 

 

 

こうなってしまうと、

苦労してヒットさせた魚はパーツと一緒に落ちてしまいます…

 

 

 

 

そうなったら「貫通ワイヤータイプを使ってたらランカーが穫れたのに…」なんて後悔してしまうかもしれません…

(そうなったら悔しくて寝れなくなってしまうかも…)

 

 

ランディングにもコツがある!?→これを読んで「ランディング」を成功させる!2つのコツとは???

 

 

 

強度を重視する時に選びたい貫通ワイヤー


「もしも、ボディが割れてしまっても魚を逃さないようにしたい」と考案されたのが貫通ワイヤーではないでしょうか?

 

 

 

関連記事:二刀流!「ルアーのサイズで迷ったときの2つの対処法」

 

ルアーの中にワイヤーを組み込んで埋め込むことで、

スナップを取り付けるところ、フックを取り付けるところがワイヤーで繋がった状態になります。

 

これなら仮にボディが粉々に砕けたとしても、スナップとフックを取り付けている場所が分離するわけではないので、ヒットさせた魚は釣り上げることができますね。

 

 

 

 

私もルアーを選ぶときに、貫通ワイヤーが採用されたものとそうでないもので迷ったことがあります。

 

貫通ワイヤーが採用されていないと、「シーバスとファイトをした時にボディが割れてしまって釣れないのではないか?」と不安になったことがあります。

 

 

 

 

 

大型のシーバスや青物なども視野に入れる場合は、貫通ワイヤー式が頼もしいです。やはり、貫通ワイヤーが入っている方が強度が高いので「壊れてもらっては困る」といった場面で選ぶと良いです。

 

(例えばデイゲームの磯や、青物がまじる沖の堤防で釣りをする場合には貫通ワイヤータイプを選択したいです。)

 

 

 

 

 

 

エイト環タイプと貫通ワイヤータイプを使い分けよう

貫通ワイヤーが採用されてないからといって必ず壊れるものではありません。ベイエリアなどの青物を視野に入れない場合ではどちらを使われても構いません。

 

 

 

 

逆に強度が重要な磯、大物ランカー狙いには貫通ワイヤータイプを使われる方が良いでしょう。思いもよらぬ力が加わるとボディが割れたり、エイト環が抜けたりします。

 

 

 

 

エイト環タイプは設計の幅が広い

エイト環タイプのメリットは、ワイヤーが入ってないのでウェイトルームを広く設計することができます。

 

これによって泳ぎだしを重視した設計や、広いウェイトルームを活かして飛距離を優先した設計にしたルアーが作られています。

 

 

 

といっても、

・磯での釣りや大物狙いに強度を重視した場合はワイヤー貫通タイプ

・何かの機能に特化したタイプや、湾での釣りにはエイト環タイプ

と難しく考えずに必要なルアーを選ぶだけですね。

 

 

 

ルアータイプの使い分けもチェックする→絶対に持っておきたい!「バスデイ S.P.M 90」おすすめシンキングペンシルはこれ!

 

 

私の場合は、普段は何も考えずにエイト環も貫通ワイヤータイプも使ってます。(レンジやベイトのタイプのに集中してます。)

 

しかし、たまに磯に行く時などは貫通ワイヤータイプを選んで持っていく感じです。(シンプル♪)

 

 

 

 

今回はココまでです。

また読んで下さいませ。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

知っておきたいキャスティングの基本テクニック
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました