「こういうリトリーブコースを見逃すな!」な2つの理由

リトリーブを覚えたいあなたへの記事

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

ムラなくリトリーブする事ができたら

「どこを狙ったら釣れるのか」が気になりますよね

 

 

 

こういった時は

「良い要素が複合するポイントを通過させる」

といいんです。

 

 

関連記事:釣果アップのための1つの解決策!ただ巻きで釣れる確率がアップする「リトリーブコース」とは?

関連記事:4つのコツでただ巻きを使いこなそう「リトリーブスピード編」

 

 

 

どこをリトリーブをするのか

 

つまり、

どこのコースを通すのか。

 

 

これはとても重要なので

絶対にこだわってください。

 

 

どこをリトリーブコースにしたらいいのか?

「良い要素が複合するポイント」

 

ということは

何が「いい要素」なのかを知っておく必要があります。

 

 

 

 

例えば、

——

岸壁沿いのシェード(影)、

潮の流れ、障害物の影

潮の流れの変化

ベイトが居る場所

—–

これらが単品ではなく、

複合したら釣れると思いませんか?

 

 

関連記事:シーバスをナイトゲームで釣るためのポイントがわからない→「ベスト4のポイントに通おう」

 

 

障害物の影だけでも

ベイトを待ち構えるシーバスが居ることがありますが

そういった場合よりも、

 

障害物の影の中で

ベイトを捕食しているシーバスの方が簡単に釣れます。

 

 

 

他には

潮の流れが変化する場所+岸沿いのシェード(影)

 

 

 

もしも、流れの変化だけしかなかったら、

もしかしたら、活性の低いシーバスが相手になってしまうこともあります。

 

 

 

しかし、

岸沿いのシェードと組み合わさることで

釣れやすいシーバスと巡り会える確率、複数のシーバスと遭遇するなどと

プラス要素になるのです。

 

 

 

もちろん

潮の流れの変化+岸沿いのシェード+ベイト

 

 

こういった

たくさん複合する場所ほど狙うべき

チャンスのポイントなのです。

 

 

 

リトリーブコースは

おいしい複合する要素を絡め取るように決めてください。

その方が釣れる確率がアップするのです。

 

 

 

特にナイトゲームで、

おいしい要素が複合したポイントでは

ただ巻きだけでも釣れます

 

 

 

複合するおいしいポイントを

フィールドに立ったときに見つけて

順番をつけましょう。

 

 

 

1番釣れそうなおいしいポイントから

順番に探ってみてください。

 

 

1番確率の高いところから攻略してみて

シーバスの反応が悪かったら

リトリーブコースは正解なので

 

レンジが悪かったのか、

フィールドにベイト、シーバスがいないのか疑ってみたりと

次の展開を迷わないので考えることができます。

 

 

 

 

 

それとシーバスは

追尾してから捕食する魚です。

 

とても良いコースが見つかったとは

+2m 先へキャストしましょう。

 

 

追尾できる距離が多いほど

ただ巻きで釣れる確率はアップします。

 

 

 

 

まとめ

・複合する特別おいしい場所からルアーを通す

(コースが正しいはずなので

レンジ、ベイトなど他の要素を疑うことが出来るので展開が早くなる)

 

・+2m先にキャストするとよく釣れる

 

 

 

 

かつて私も

それまでおいしい要素の単品だけを狙うように

リトリーブコースを決めてました。

 

 

やはり、

釣果はさんざんでした…

 

 

ある日雑誌を読んで

複合するポイントがおいしいことに気づきました。

 

 

 

試してみると

壁際と潮の流れと(ベイトもいたかも)が複合するポイントで

ミノーをタダ巻きしたら釣れました。

 

 

(やっぱりシーバスは

ポイント/条件の選定がすごく重要なのでしょう。)

 

 

 

 

みなさんも

複合する要素がたくさんあるポイントを探してみてください。

 

複合するほどチャンスですよ。

それではまた

 

 

関連記事:釣果アップのための1つの解決策!ただ巻きで釣れる確率がアップする「リトリーブコース」とは?

関連記事:【波動とは?】釣るために知っておきたい「シーズナルパターン」と波動の関係

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【オンラインシーバス釣り教室・入門講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

リトリーブを覚えたいあなたへの記事
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました