仰天!「ドリフトを使わないで釣るための1つの解決策」とは?

シーバスが釣れなくて悩んでいる

最初の1匹目のシーバスを釣ろうと思ったら

「ドリフト」を覚えなくてはならないのでしょうか。

 

 

 

 

結論

「ドリフトを最初から覚えなくていい。」

 

 

 

 

 

私が

シーバスの釣り方を

近所の子に教えている時は

 

ドリフトを教えていません。

 

 

 

 

すごく活性の高いシーバスは

ドリフトを使わなくても釣れるからです。

 

 

 

 

 

ドリフトというテクニックをご存知ですか?


ルアーを流れの中で

流されながら泳ぐように使う方法です。

 

 

ドリフトを使わずにリトリーブすると

リトリーブコースがストレートに近くなります。

 

 

 

 

しかし

ドリフトを使うと、

 

流れを利用する事でストレートよりも

カーブしながらのコースになります。

 

 

 

 

 

このようにドリフトは

ストレートの軌道ではないことで

ルアーの軌道が複雑になります。

 

 

 

ストレートなコースでは、

釣りきれないシーバスを追加する事ができます。

 

 

 

 

 

ドリフトは時と場合によっては

強力な武器になりますが、

 

 

とても難しいテクニックです。

 

 

 

 

私は

初心者さんがドリフトを覚えてから

シーバスを釣るというのはオススメしません。

 

 

 

 

 

 

ドリフトは覚えるまでに時間がかかってしまう…


というのも

ドリフトをやろうと思うと

 

 

・リトリーブコースの選定

・レンジのどこから通過させてどこでヒットさせるのか

・糸ふけが出た状態での巻き加減

・ルアーの特性に応じた巻き加減

 

 

などと

複雑な要素をすべて完璧にこなす必要があるので

 

 

覚えるまでに何年もかかってしまいます。

 

 

 

 

初心者さんにとって

シンキングタイプのルアーを使って

レンジを調整するだけでも精一杯でしょう。

 

 

 

さらに、

コースを決めて

どの位置でターンさせてヒットさせるのかなどは

 

今までシーバスを釣った経験が必要でしょう。

 

 

 

 

 

これらを

まだ釣ったことのない人に

「覚えて」といったら

 

とても難しいと思います。

 

 

 

 

 

では、

今まで釣った経験が無い初心者さんが

どうしたらいいのかというと、

 

 

 

 

最初の目標「ドリフトを使わずに釣る」


ドリフトは強力なテクニックですが、

 

ドリフトを使わなくても

シーバスをする事は可能です。

 

 

 

私が教えている近所の子も

ドリフトを覚える前にシーバスを釣ることができています。

 

 

 

その時に

気をつけたいことがありますので

読んで真似してください。

 

関連記事:必見!「ポイント探しを自分で決める思考パターン」初心者が一匹釣るまでのストーリーその6

 

 

 

ドリフトを使わないで釣るための解決策「なるべく活性の高いシーバスを探す」


 

ドリフトを使わないわけですから、

なるべく活性の高いシーバスを探す必要があります。

 

 

 

それこそ

ルアーを見つけたら飛びかかってヒットしてくるような元気の良いシーバスがいいです。

 

 

 

 

フィールド全体の中から

もっとも、ベイトがたくさんいて

 

なおかつ

捕食行動をとっているシーバスを探しましょう。

 

 

 

 

 

フィールド全体の中から

1番期待できる場所はどこですか?

 

 

 

そうですね

私の場合は Uの字、L字の形になったポイントに期待してみます。

 

 

フィールドの中で

こういった逃げ道をふさぐような地形の場所が

偶然にもベイトがたまるんです。

 

 

 

 

そこに

潮の流れ、風が吹くなどの要素が加わると

シーバスが捕食モードに入るので

それを狙います。

 

 

 

 

 

あとは

風があまりない時はシンキングペンシル

波が高いときはミノーを使います。

 

 

このパターンでどうしても釣れない時は

ジグヘッド+ワームの組み合わせで様子を見てみます。

 

 

 

 

 

この釣り方のキモは、

「いかに活性の高いシーバスを探せるのか?」です。

 

 

 

 

活性の高いシーバスを探すことができれば

タダ巻きでも反応してくれるので

チャレンジしてみてください。

 

 

 

 

 

 

「いかに高活性のシーバスを探すのか」のヒント


これは、

ザリガニ採りのように

フィールドの特徴をつかんで

 

 

 

どこに行ったら

ベイトが多くて

 

シーバスが居るのかといった

フィールドの特徴を知っておくと有利になります。

 

 

 

 

ということは

できるだけ同じフィールドで

通い込んだ方が

 

 

フィールドの細かい特徴掴みやすいので

釣果に近いと思いますよ。

 

 

(ちなみに、

フィールドの特徴掴めばいいので、

通っている間に釣れなくても構いません。)

 

 

 

 

フィールドを探索して

ベイトが多い場所がわかったら

 

あとはシーバスが

そのポイントに回遊してくるタイミングを知ってしまうだけです。

 

 

 

 

この2つがわかったら

ベイトが多い場所に入場してから

シーバスが回遊してくるタイミングで釣りをするだけです。

 

 

 

 

こういった

ベイトが多い場所を幾つも覚えておいて

タイミングをずらして移動するのもいいですね。

 

 

 

タイミングがバッチリなら

目の前でシーバスが捕食しだして

タダ巻きしただけでヒットすることもあります。

 

 

 

 

まずは、

 

釣れても

釣れなくてもいいので

フィールドに通って

 

ポイントの

細かい特徴を掴んでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

まとめです。


・活性が高いシーバスならドリフトを使わなくてもちゃんと釣れる。

・最初の目標はドリフトを使わないで釣ること。

・なるべく活性の高いシーバスを探す。

・活性の高いシーバスを探すには、フィールドに通い込んで詳しくなること。

 

 

 

 

活性の高いシーバスは

そんなに難しくありません。

 

 

 

 

初心者さんこそ、

こういった釣りやすいシーバスを相手にされたらいいと思います。

 

関連記事:釣れるタダ巻きの秘密「リトリーブだけでは釣れる気がしません…」→「ルアーが特別美味しいエサ」になる記事

 

 

それではこの辺で

お疲れ様でした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいる ポイント(釣り場)の悩み 初めてでも分かる!シーバス釣りの知識
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました