永遠の定番「komomoSF-125」をシャロー以外でも使ってい良い理由

厳選!ルアー紹介

シャローランナーの定番

アイマ コモモSF-125の使いどころってご存知ですか?

 

 

 

 

コモモといったら

干潟のようなシャローエリアで使うようなイメージがあります。

 

 

 

 

(コモモは、

典型的なシャローランナーですものね。)

 

 

 

 

でも、

このコモモを使う上で

 

 

 

「潜らないからシャロー以外では使えないでしょ?」

「波がある時は使いにくい感じがする。」

 

なんてことを悩んでしまいます。

 

 

 

 

 

 

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

 

 

今回は

このコモモの使える場面についてお答えします。

 

 

 

 

 

コモモ125-SFをシャロー以外でも使っていい理由


実は干潟みたいなドシャローじゃなくても

使っていいんです。

 

 

 

(といっても、

コモモに向いていない状況で

ムリヤリ使う感じです。)

 

 

 

 

秋のナイトゲームの釣りで

派手なベイトを演じる時に使って

いい思いをしたことがあります。

 

 

 

 

 

 

どんな環境で使ったのかというと

 

 

波の高さが3m

(ものすごく風の強い日でした。)

 

 

 

 

そしてシーバスは

とても活性が高かったと思います。

 

 

 

 

 

コモモをキャストして

スローリトリーブさせ

 

 

ジタバタと水面直下で泳がせているだけで

シーバスが奪うようにバイトしたのです。

 

 

 

 

他の日に使った時に、

波の高さが5mとかある時は

泳がないので使えませんでした。

 

 

 

 

 

波の高さは3m くらいまででしょう。

 

コモモは、

あまり荒れすぎていると

使いにくいです。

 

 

 

 

 

やはりシャロー専用に設計されているので

ほとんど潜らないように作られてます。

 

 

 

波が高いときは

激しい流れのせいで

ルアーを押し流す働きが起こります。

 

 

なので、

水の中に食い込むように

潜るようなルアーでないと

 

 

水中から弾き出されるようになります。

 

 

 

 

ということだというと

波に流されて

全く泳がない状態になります。

 

 

 

 

何が言いたいのかというと、

 

 

シャロー専用設計みたいなコモモを

 

 

派手に動くミノーとして

シャロー以外でも使っても釣れるということです。

 

 

「派手な動きで

シーバスを寄せるという役割をさせる」といった使い方もありです。

(活性の高いときに使ってみて下さい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん

激荒れの状態を攻略しやすい他のルアーは

たくさんあります。

 

(本来は荒れているときはリップ付きのミノーの方が向いています。)

 

 

 

 

ロストして他にルアーが無い場合や

シャロー系で派手さが欲しい時は

 

コモモを使ってもいいと思います。

 

 

 

・シャローだけををきっちり通過させられる

・派手な動きで広範囲をアピールできる

(派手なのでスレやすいというデメリットもある)

 

・活性の高いシーバスしか釣れない

・飛距離はそんなに出ない

 

 

 

シーバスがベイトと水面を意識して

荒食いしている場面で使ってみよう。

 

 

荒い天候では少々使いにくいのですが、

無理やり使うことはできる。

 

 

もちろん

シャローエリアでは一軍です。

 

 

 

 

 

ima komomoSF-125はこんなルアー

 

全長:125mm
重量:16g
タイプ:フローティング
レンジ:0-30cm

 

 

メーカー ima (アイマ)

フックの数 3つ

アクション 派手なローリングとウォブリングの混合
搭載されているフック ST-46 #4
スプリットリング オリジナル#3

 

 

 

 

 

 

まとめ

シャローランナーとして作られたミノーなのですが、

 

シャロー以外のポイントで

シャローレンジを通過させるのに使ってもいいです。

 

 

 

 

動きが派手なので

高活性のシーバスを遠くから引き寄せる力があります。

 

 

ただし、

波が高いときには向いていない設計なので、

3mの波くらいまでしか使えません。

 

 

 

それでも無理やり使うのは

全然ありなので

 

シャローエリア以外でも

活躍する場面はあると思います。

 

 

 

 

シャロータイプで派手な動きをするというだけなので

シャロー以外でも需要があれば使ってみましょう。

 

 

関連記事:シーバスをナイトゲームで釣るためのポイントがわからない→「ベスト4のポイントに通おう」

 

 

 

それでは楽しい釣りライフを♪

お疲れ様でした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

厳選!ルアー紹介
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました