縛らずに簡単に釣ろう「ルアーはメーカーにこだわらずに使い分けよう」

知っておきたいキャスティングの基本テクニック

シーバスフィッシング界の

最強メーカーってどこなのでしょうか?

 

 

 

「最強ルアーメーカーってどこなの?」

「一番すごいメーカーのルアーで揃えたい」

 

 

 

 

ということを聞かれたのですが、

 

 

これは結論からお話しますと、

 

 

 

 

 

 

結論

 

最強ルアーメーカーは無いので、

「メーカーにこだわらずにルアーを使い分けましょう」

 

 

 

 

 

 

そうなんです、

どこかのルアーメーカーのルアーだけが

よく釣れるわけではありません。

 

 

 

 

 

しかも、

磯、サーフ、ベイエリア、河川、河口、沖防など

シーバスは様々なフィールドで釣れる魚です。

 

 

 

 

 

 

磯の釣りで使うためのルアーが

得意なメーカー

 

 

ベイエリアでの釣りで使うルアーを

作るのが得意なメーカー

 

 

 

 

 

しかも、

得意な季節、ベイトパターンも違いますね。

 

 

 

 

シーバスフィッシングは、

細分化されているので

 

 

 

各フィールド、条件で

1番釣れるルアーだけを作るのは

難しいでしょう。

 

 

 

 

どのメーカーも

専門の知識を集めて

何度もテストと改良を重ねて作るのだと思います。

 

 

 

(きっとすごい競争だと思います。)

 

 

 

 

なので、

「このメーカーだけが特に優れている」ということは

ありえません。

 

 

 

 

 

 

メーカーにこだわらずに使い分けよう


本音を言うと、

私も好きなメーカーで揃えたいと思っていた時期がありました。

 

 

 

 

でも、

一緒に釣りをしていた仲間が

メーカーにこだわらずにルアーを使っていたので

 

「仲間はよく釣ってました。」

 

 

 

つまり、

メーカーにこだわっていた私は

まったく釣れないのに

 

 

 

仲間は条件に応じて

ルアーをセレクトし、

 

 

バンバン釣っていたのです。

 

 

 

 

そして、

思ったのです。

 

 

 

「メーカーで縛るっていうのは、

ゲームで言うと縛りプレイでしかないのでは…」

 

 

 

縛りプレイというのは

自主的な制限をしながらゲームをクリアする遊び方のことですが、

 

 

 

これは、

制限することでより難しくなるので

スリルを味わえるといった感じです。

 

 

 

 

これを、

「あるメーカーのルアーしか使わない」といった

 

 

条件付きの釣りをやってしまうと

釣るのが難しくなります。

 

 

 

 

 

これは、

同じジャンル、コンセプトで開発されたルアーでも

微妙な違い、味付けがあるのが原因です。

 

 

 

 

そして

狙ったコンセプトも

全く一緒ではないのです。

 

 

 

 

細かい部分が違うことで

 

ルアーごとに

使い所も微妙に違うのです。

 

 

 

 

 

メーカーにこだわらないルアーセレクト


まずメーカーを無視しましょう。

 

その時の条件を攻略できるルアーを選ぶだけなので、

メーカーはどこでも良いです。

 

 

 

 

 

表層系なら

「ダイワのクロスウェイク」を使ったり、

 

 

 

表層よりも下は、

凪なら 「バスデイ S,P,M90」 とか

 

風があるなら 「アブガルシア ワンカレント125」

 

サヨリパターンならロングミノーとして

「谷山商事 BGソルテックス パラガス 160 」など

 

 

 

こんな感じで

節操なくルアーを使い分けます。

 

 

 

 

 

ナイトゲームでは

中層から下は気が向いたときしかしません。

 

 

 

 

 

私は

時間効率が悪いのが嫌いですし、

 

シャローで釣れるシーバスを探すスタイルを好むからです。

 

 

 

 

シーバスは、

様々なスタイルで釣りを楽しめますが

 

ルアーメーカー縛りは

本当に難しくなりますので、

 

やめておきましょう。

 

 

 

 

ルアーの特性と条件をマッチさせるためにも

 

様々なメーカーのルアーを

使い分けしてください。

 

 

 

メーカーにこだわらずに

ルアーを使い分けたほうが

釣るのが簡単になりますよ。

 

 

関連記事:F?S?ミノーのタイプと使い分け 最初に使うなら○タイプのワケとは?

関連記事:え?ルアーは全部のカラー、サイズを揃える必要があるの?

 

 

 

それではこの辺で

お疲れ様でした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

知っておきたいキャスティングの基本テクニック
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました