知らなかったら困る!?「◯◯がないように巻くただ巻き」のたった1つのコツ

リトリーブを覚えたいあなたへの記事

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

 

「ただ巻き」をうまくやりたいのなら、ムラが出ないようにハンドルを巻きましょう

 

何のことかというと

今回はただ巻きのお話をするので

先に答えを言っちゃいました。

 

 

関連記事:ビギナーが「ただ巻き」を使いこなすべき2つのワケ

 

 

 

ただ巻きは

そのまま使うだけでなく、

 

 

トゥイッチやジャーク、

リフトアンドフォールなどのロッドアクションと

組み合わせて使うこともあります。

 

 

ただ巻きは、

シーバスフィッシングの様々な場面で使う

シーバスを釣るための基本テクニックなのです。

 

 

 

—-

※用語解説

トゥイッチ ロッドの先を使って「チョンッ」と小刻みに動かしてルアーに動きを加えてやるアクション

ジャーク ロッドを大きく素早く動かしてルアーに素早くてイレギュラーな動きを与えるアクション

リフトアンドフォール ロッドを上に持ち上げることでルアーを上昇させてから落とし込むアクション

—-

 

 

 

 

 

ただ巻きはムラなく巻く


ただ巻き(リトリーブ)はシンプルな動作ですが、

高品質なリトリーブをしなければチャンスを活かせられません。

 

 

 

 

リトリーブ中のルアーが

「ムラなくスムーズに動く」ようにするために

ムラが出ないようにハンドルを巻くことが最初の目標です。

 

 

 

 

ムラが無いようにリールのハンドルを巻くには、

ハンドルが上がるときは速度が落ちすぎないように

やや早めに

 

頂点を過ぎてハンドルが下がる時は早くなりすぎないように

ゆっくり下ろすように気をつけましょう。

 

関連記事:釣果アップのための1つの解決策!ただ巻きで釣れる確率がアップする「リトリーブコース」とは?

 

 

 

 

ルアーが目で見える範囲でリトリーブしてみてださい。

 

ムラなくリトリーブできていれば、

ルアーはスムーズに泳ぎます。

 

 

 

 

もしもムラがある場合は、

「ガクガク」と進んでは遅くなったりとした不安定な挙動になります。

 

 

 

 

 

リトリーブ中のロッドもブレないようにしよう!

ただ巻きをする時はリールだけでなく、

ロッドもブレないほうがいいです。

関連記事:4つの「ただ巻きでシーバスを釣るために気をつけたいこと」

 

 

 

脇を締めて

ロッドの位置を決めて動かないようにリトリーブしましょう。

 

 

 

一定のムラのない速度でリトリーブできれば

 

特にナイトゲームで

高活性のただ巻きで反応するシーバスは

コレだけで釣ることができます。

 

 

 

釣れなかったら移動するスタイルで使いこなせば、

効率よくポイントを探ることができるのです。

 

 

 

 

でもムラのあるリトリーブをしてしまうと、

ムラのないリトリーブをしていたら釣れていたシーバスを逃してしまうことになります。

 

 

 

こうなってしまうと、

ポイントが悪いのか、リトリーブが悪いのかがハッキリせず迷ってしまう原因になってしまいます。

 

 

 

次の行動を迷わず取るために

ムラのないリトリーブができるようにするべきです。

 

 

 

試していただきたいこと

 

ルアーを見ながらリトリーブしてみましょう。

ナイトゲーム(夜間)では

暗い環境なので常夜灯の下だと良いですね。

 

 

 

ルアーを見ながらリトリーブをされるときに

ルアーの動きを見ながらリトリーブしてください。

リールのハンドルの動きより、ルアーの動きが急加速、急ブレーキをしたりしないようにリトリーブするのです。

5回はやってください)

 

 

何度か繰り返すと、

スムーズなリトリーブができるはずです。

 

 

 

 

 

 

最初からムラなく巻くことは難しいかもしれません。

 

釣り場に立つときにムラが出ないように少しだけ意識して

楽しみながらチャレンジされてください。

 

 

回数をこなせば

必ずレベルアップしますよ♪

 

関連記事:釣果アップのための1つの解決策!ただ巻きで釣れる確率がアップする「リトリーブコース」とは?

関連記事:4つのコツでただ巻きを使いこなそう「リトリーブスピード編」

関連記事:「こういうリトリーブコースを見逃すな!」な2つの理由

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

リトリーブを覚えたいあなたへの記事
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました