二刀流!「ルアーのサイズで迷ったときの2つの対処法」

シーバスが釣れなくて悩んでいる

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

 

 

「ルアーのサイズで迷っている」

「こんな大きなルアーで釣れるの?」

 

 

 

 

今回は、

こういった悩みに

お答えします。

 

 

 

私もルアーのサイズで

迷ったことがあります。

 

 

 

 

13cmのミノーでも

 

「あんなに大きくて

フックが3つもついているのに、

どうして釣れるんだろう?」

 

なんて思ってました。

 

 

 

 

結論

ルアーのサイズは状況に応じて選びます。大きなルアーでもシーバスは釣れます。

 

 

 

 

ルアーのサイズは

飛距離やボリュームを変更することができます。

 

 

 

 

 

大きなサイズのルアーは

シーバスに見つけてもらいやすいのですが、

 

 

 

反面、

動きがそんなに速くないので

偽物だと見破られやすいです。

 

 

 

 

マッチザベイトとルアーのサイズ


マッチザベイトというのは

ルアーのサイズ、タイプ、カラーなどを

ベイトの種類やサイズに合わせることです。

 

 

 

 

 

マッチザベイトは

絶対のルールではありませんが、

 

 

 

迷ったときは、

 

他にいいアイデアがない限り

マッチザベイトをすると良いと思います。

 

 

 

 

ルアーのサイズも

カタクチイワシが10cmくらいなら

 

ルアーのサイズも

10cmにしてみるといった感じです。

 

 

 

 

(もちろんこの場合は、

カタクチイワシが泳いでいるレンジを

通過できることが前提です。レンジが最優先!)

 

 

 

極端にサイズが違うルアーを

使われていることが原因で

 

釣れない場合は

このマッチザベイトに戻すことで

解決する場合がございます。

 

 

 

ローテーションしすぎて、

混乱したときにも

 

マッチザベイトに戻してみるのも手段です。

 

 

 

 

 

 

マッチザベイトが全てではない例


大きなルアーから試すと

重みがあって遠くまで飛ぶので便利です。

 

 

 

(遠投してフィールドをサーチしたい時は

このパターンです。)

 

 

 

 

 

そして、

 

何度かキャストして

シーバスが居そうな流れがあったり、

 

バイトがあったけど乗らない場合に、

 

 

 

 

 

見切られている、

見破られているなと思ったら

 

ルアーサイズを小さくしていきます。

 

 

 

 

実は

ルアーのサイズが小さいほど

見切られにくいので

 

これだけであっけなく釣れることもあります。

 

 

 

 

 

この場合は、

マッチザベイトとは異なりますね。

 

(ボディサイズがベイトに似ているのかではなく、

見切ってしまうかどうかだと思います。)

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

基本的には、

 

ルアーのサイズで迷った時には

マッチザベイトをしたら良いけど、

 

 

 

 

見切り対策にルアーサイズを

小さくするという方法もある

ということ、

 

 

 

 

ちょっとどうしたら良いのか

整えますと、

 

 

 

 

1,まず、

フィールドに立ったら

マッチザベイトを意識して選んでみましょう。

 

(ベイトを観察してサイズを判断するか、ベイトのサイズを推理して当ててください。)

 

 

 

 

これで「バイトが有った」などの反応があり、

期待できる場合は2へ

 

 

(期待できない場合は、

ポイント移動するのをおすすめします。)

 

 

 

 

 

2,マッチザベイトを無視してもいいので

ルアーサイズを小さくしてみましょう。

 

 

 

先ほどと同じコースでも

シーバスがよく反応してくれることがあるので

これに期待します。

 

 

 

 

 

同じタダ巻きでも

ルアーのサイズが変わっただけで

反応が違うのです。

 

 

 

 

大きいルアー

小さいルアーに交換しただけなので

釣り場でお試しください。

 

 

 

 

活性の高いシーバスが相手で

大型ルアーを見切ってしまう状況を

撃破できるかと思います。

 

 

 

大きなルアーのサイズでも釣れるの?


シーバス用のルアーは

結構大きな物がありますね。

 

 

大きすぎて釣れなさそうですが、

 

ベイトが大きい時は

あの大きさが武器になるので

 

ルアーの大きさは気にしなくていいです。

 

 

 

「大きすぎて釣れないということはありません」

 

 

ただし、

ストライクゾーンは狭く

 

せっかく購入されても

使う場面が訪れるまで二軍行きになりがちです。

 

 

 

ということで

極端なサイズのルアーは

後から購入されたら良いかと思います。

 

 

 

まずは、

9~13cmのミノーやシンキングペンシルを揃えられて

コレをメインメンバーにしておき、

 

 

 

 

春になる前には、

6~7cmのシンキングペンシルを追加、

 

夏には、

トップウォータープラグ

 

秋には、

サヨリ用のロングミノーを用意されるだとか、

 

冬には、

リップ付きミノーを用意して激荒れの中を攻略したりと

 

 

 

こんな感じで

後から追加すればいいと思います。

 

 

 

 

メルマガに登録していただけると、

 

シーバスの基本的な釣り方を無料で読めますし、

おすすめルアーをリストにしたPDFもゲットできますよ。

 

ぜひとも登録してお役に立ててください♪

【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】はコチラ

 

 

 

 

 

 

ということで、

 

ルアーのサイズも使い分けるということ、

大きなルアーでも釣れるということを

 

お話しました。

 

 

 

 

釣り場で

ルアーのサイズに迷われたら

お試し下さい。

 

 

 

 

いいですね、

 

ルアーのサイズのローテーションも

活性の高いシーバスが相手だからこそ意味があるのです。

 

 

 

ルアーをあまり相手にしてくれないシーバスには

どうやてもダメなときがあります。

 

 

そういうときは

ひたすら移動すると

活性の高いシーバスに出会えるかもしれません。

 

 

 

 

そういうやる気のあるシーバスを

見つけてみて下さい。

 

関連記事:こういう場所は期待できる!【狙い撃つためのポイント選び】「シーバスを釣るために大切な3つの秘訣」初心者が1匹を釣るまでのストーリー、その3

 

それではこの辺で

お疲れ様でした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいる シーバスフィッシングのタックルの悩み
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました