逆転の発想!「下巻きの面倒な計算をしなくて済む便利な方法」

シーバスフィッシングのタックルの悩み

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

 

「リールを買って

はじめてラインを巻く時に、

 

下巻き糸の巻き方がわからない…」

 

 

 

 

「下巻き糸を、どれ位したらいいのかわからない…」

 

 

 

 

今回は、

こういった悩みを解決できるように

お話します。

 

 

 

 

 

(釣りで困ったら

私の情報を読んで

お役に立てて下さいませ!)

 

 

 

 

結論

逆転の発想で計算せずに下巻きを巻く

 

 

実は下巻きを計算せずに

巻くことができるので

今回の記事を読んで真似していただくか、

 

 

記事の下の方に用意させていただきました動画をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

なぜ下巻きというものが必要か


リールのスプールのサイズによって

ラインを巻ける量は変わってきます。

 

 

スプールの容量にあわせて

適切な長さのラインが巻いてないと

飛距離が落ちるので本来のパフォーマンスが出ません。

 

 

 

 

 

細いPEラインを150mほど巻こうと思っても

スプールに余分な容量が出ます。

 

 

 

この状態では

スプールのエッジ(フチ)に

大きな段差ができます。

 

 

 

このように

エッジが抵抗になると射程距離が落ちます。

 

 

 

 

どうしたらいいのかっていうと

あらかじめ下巻きをしておくことです。

 

 

 

下巻きというのは

メインラインを巻く前に

ラインを巻いておくことで底上げするテクニックです。

 

 

 

 

ここで肝心なのは

メインライン+下巻きが

スプールの容量の80%になるのが理想です。

 

 

 

とここで

私もよくやる悩みが出ます。

 

 

メインラインが

PEの1号で

150mを巻きたいけど、

 

 

 

スプールの容量は

PE1号が200mなので、

 

PEを1号を50mほどどこかから用意しなきゃいけないのに

家にあるのはナイロンの2号…

 

 

 

 

釣具屋に行くのも面倒くさいし、

 

どうにかナイロンの2号で

下巻きにしてしまおうと考えると

 

 

 

 

ナイロンの2号で何m巻けばいいのかを

計算しなければならず、

 

 

 

 

頭が混乱します…

 

 

 

こんな時のために

今回の記事の情報をお役立てください。

 

 

 

何を準備したらいいのか


まず準備するものをお伝えします。

 

 

・リール

・PEライン(メインライン)

・ナイロンライン(下巻き、PEラインの号数に近いほうがいいです。)

・大容量の空のスプールを2個(ラインを巻き変えたあとに出る廃品を使います。)

ラインワインダー(糸巻き機)

 

 

下巻き用のナイロンラインはPEラインの号数に近いほど仕上がりがキレイになります。

(動画では3号を使いましたがちょっと太いです。)

 

 

 

下巻き用のナイロンも

細いほど大量に必要なので

安くてもいいので500m入りの製品を用意しておくと良いでしょう。

 

 

 

ちなみにフロロカーボンよりは

ナイロンラインの方が軽いのでオススメです。

 

 

 

 

空のスプールですが、

2つ必要な点をお忘れなく。

 

 

 

1回巻いたラインを

1個目の空スプールに移してから

 

さらに2個目の空スプールに移すので

2つ必要なのです。

 

 

 

 

 

 

ラインワインダー(糸巻き機)は

あったほうが楽です。

 

 

 

 

(もし、

ラインワインダー(糸巻き機)がないのなら

誰かに巻こうと思っているラインを

持ってもらう必要があります。)

 

 

 

 

 

 

計算せずに下巻きをする手順


計算しないで下巻きを巻くには、

先にPEラインを巻いてから下巻きを接続して巻き上げます。

 

 

そうすると、

PEライン+下巻きの分量が確定します。

 

 

 

PEライン+下巻きの分量はぴったりなのですが、

この状態では下巻きが上に来ています。

 

 

 

コレを逆にすれば

PEラインが上に来てくれます。

 

 

 

 

 

そこで

どうやって逆にするのかと言うと、

空のスプールに2回ほど移します。

 

 

 

 

2回ほど移してからリールに巻けば、

下巻き→PEラインという順番にできるのです。

 

 

 

 

 

 

このように手順はやや多いですが、

全く計算せずに下巻きが完了します。

 

 

 

 

 

 

1,何も巻いてないリールに PEラインを全部巻きます。

 

(この時、スプールの容量がたくさん余りますが

気にしないでください。)

 

 

 

 

 

 

2,次に、巻き終わったPEラインに下巻きにするナイロンラインを接続します。

(電車結びでいいでしょう。)

 

うまく結んだら、

ナイロンラインをそのまま巻きます。

 

 

スプールの容量の80%になるまで巻きます。

 

 

 

 

 

 

3,巻き終わったらラインをカットして、

巻いたPEラインとナイロンラインを

空のスプールに巻いて移します。

 

 

移し終わったら

もう1つの空のスプールに移し替えます。

 

これでラインが

上下逆になります。

 

 

 

 

 

4、上下逆になったラインをすべてリールに巻き取って完成です。

(スプールに接続するときは

ダブルユニノットなどを使います。)

 

 

 

これで下巻き糸とメインラインを

計算せずに巻くことができます。

 

 

 

 

空のスプールに

2回ほど移し替えるのが面倒くさいですが

 

メインラインの号数や長さを変更しない限りは

下巻きは一度きりで OK です。

 

 

(私はこの作業が面倒くさいので

PEラインの号数と長さは

よほどのことが無い限り変えません。)

 

 

 

 

 

この下巻きを巻く方法は

 

通販で買ったラインを巻くときに

下巻き糸が必要な場合に活躍する方法です。

 

 

 

時間がある時に

じっくりとお試しください。

 

 

 

 


※動画でも

ご説明させていただきますので

ご興味があればどうぞご覧ください。

 

 

 

 

これで

通販でラインを買っても

下巻きをご自身でする事ができますね。

 

 

 

私もAmazonなどで

ラインを買うことが多いので

号数を変えるときに使っています。

 

 

 

 

また釣りの悩みがあったら

このブログにいらしてください。

 

 

今回はここまでです。

お疲れ様でした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスフィッシングのタックルの悩み 初めてでも分かる!シーバス釣りの知識
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました