コレで悩むワケにいかない!「キャスティングしても飛距離が出なかった…」以外な理由とは?

初めてでも分かる!シーバス釣りの知識

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

 

「PEラインを使って,

 

いくらキャストしても

20mしか飛ばない…」

 

 

 

 

こういった悩みで

困っている人がいます。

 

 

 

今回の記事では、

こんな悩みの解決法を

お話しします。

 

 

 

 

 

この悩みの解決策

 

しっかりと飛ばしたい時に

重要なことは

 

「ちゃんと飛距離の出るルアーを使うこと」です。

 

 

 

 

 

そうなんです。

 

実は正しいキャストの方法を行っても

もともと飛距離の出ないルアーを使っていれば

飛ばないのです。

 

 

 

 

 

なので

飛距離が欲しい場合は

飛距離の出るルアーを使いましょう。

 

 

 

 

 

そうすれば

もともと飛ばないルアーを使って

自分のキャスティング技術が下手だと誤解せずに済みます。

 

 

 

 

 

飛ばないルアーは飛ばない


実は細いPEラインを使っていても

もともと飛距離の出ないルアーを使っていれば

飛ばないのです

 

 

 

 

飛距離が出るルアーは

後方重心で飛び

 

ボディも回転せずに飛ぶように設計されてます。

 

 

 

 

 

しかし、

あまり飛距離が出ないルアーもあります。

 

 

 

こういった製品は、

頭に重心があったり、

空中で回転しやすい設計で作られていたりします。

 

 

 

 

 

もちろんルアーは

飛距離がすべてではありません。

 

 

 

 

飛ばなくてもよく釣れるルアーはあります。

 

 

 

 

 

しかし

そのルアーを使う目的が

「遠くのポイントを狙うため」だとすれば、

 

間違っています。

 

 

 

 

 

飛ばないルアーは

どんなにがんばっても飛びません。

 

 

 

たとえPEラインを使っていても

設計が悪いと飛ばないのです。

 

 

 

 

これはたとえキャスティングの技術が高くても

飛距離が出ません。

 

 

 

なので

飛ばないルアーを使っていれば

飛ばないのが当たり前なのに

 

 

それを

キャスティングの技術が無いからだと思い込むのは

間違いなのです。

 

 

 

 

 

 

オススメの飛距離の出るルアー


実はルアーのタイプによっても

平均値の飛距離に違いがあります。

 

 

ルアーは重たくて

小さい程よく飛ぶので

 

 

 

フローティングタイプよりも

シンキングタイプのが飛びます。

 

 

 

 

 

これは、

フローティングミノーよりも

シンキングペンシルを使うと遠くのポイントを狙えるともいえます。

 

 

 

 

 

 

ここでは飛距離を優先した時に頼りになるルアーを紹介します。

 

 

 

 

ミノーでは

シマノ エクスセンス サイレントアサシンXM

 

 

 

シンキングペンシルでは

ダイワ スイッチヒッター85S

 

 

 

これらは、

50メートル以上飛距離が出るので

ポイントが遠いときに重宝します。

 

 

 

 

また、

もともと飛距離が出るものなので

風が強い日の向かい風でも使えます。

 

 

 

 

 

どうしても

ポイントが遠い時は

持っているルアーの飛距離に左右されます。

 

 

(ポイントまで届かなければ

全く釣れませんね。)

 

 

 

 

 

そういった

遠いポイントを狙う予定があれば

飛距離が出るルアーを用意しておくと良いですね。

 

 

 

 

 

私はあまり

苦労して釣るのが好きじゃないので

あまり飛ばさずに釣ることが多いです。

 

 

 

 

 

この釣り方を

メルマガで読んでみませんか?

関連記事:メールマガジンのご案内【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】

無料で読めるのでぜひともお試しください。

 

 

 

関連記事:7手順で解説!オーバーヘッドキャストの投げ方、やり方をGIFで解説♪

 

 

今回の記事はここまでです。

お疲れ様でした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

初めてでも分かる!シーバス釣りの知識 知っておきたいキャスティングの基本テクニック
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました