私の理想の釣り方「タダ巻きで釣れるようになると、こんなメリットがあります。」

シーバスが釣れなくて悩んでいる

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

 

 

私は

 

初心者さんにシーバスフィッシングを教える時は

タダ巻きをおすすめしております。

 

 

 

 

今回は、

なぜタダ巻きを覚えるべきなのか

お話しします。

 

 

 

 

 

シーバスを「タダ巻きで釣れるようになると」こんな良いことがあります。


タダ巻きをある程度使いこなして

釣れるようになると

 

 

 

 

 

一体どんなメリットが

あるのかというと、

 

 

 

 

1つ目は、

高活性のシーバスを見つけることができれば、

安定した釣果を出せること。

 

 

 

 

2つ目に

釣り方をタダ巻きに固定するので

ロッドアクションの種類で迷わなくて済みます。

 

 

 

 

 

3つ目に、

「ロッドアクションによる博打要素のせいで釣れない」

ということを防げます。

 

 

 

 

 

 

タダ巻きを使えば

「ロッドアクションによってシーバスが警戒モードになる」なんてことになりません。

 

 

 

 

 

 

ロッドアクションが裏目に出ることも…


ロッドアクションが

必ず悪いわけではありません。

 

 

 

 

 

せっかく高活性のシーバスを見つけても

ロッドアクションにより警戒させてしまい、

釣れなくなる。

 

 

 

つまり、

 

 

高活性のシーバスを見つけたご褒美を

逃してしまい、

がっかりする事を防げます。

 

 

 

 

 

このような理由から

ロッドアクションは、

 

 

使いどころがとても重要なので

初心者さんには使いにくいと思います。

 

 

 

 

 

ですので、

 

 

 

私は

初心者さんにはロッドアクションでの釣り方を

オススメしないのです。

 

 

 

 

 

タダ巻きを使えば

高活性のシーバスを釣るのは難しくありません。

 

 

 

こういったシーバスが

ホームグラウンドに毎日いるとは限りません。

 

 

 

しかし、

狙いのポイントに

 

シーバスがエサを食べに来る日は

必ず訪れます。

 

 

 

そういった日を

狙い撃ちしてみてください。

 

 

 

 

タダ巻きのコツはブレないように安定させて巻く


タダ巻きは、

ロッドがブレてしまうと全く釣れません。

 

 

 

 

まず、

正しいロッドの持ち方をして

ブレないようにリトリーブしてみてください。

 

 

 

 

 

ロッドはツーフィンガーという持ち方をします。

薬指と中指の間に

リールフットが来るように握ります。

 

 

 

そしてキャストしたら、

 

リトリーブする前に

ロッドの角度を決めて動かさないように持ちます。

 

 

 

(迷ったらロッドの角度は、

7時か8時にしてみてください。)

 

 

 

リトリーブし始めたら

途中でロッドの角度を変えないようにします。

 

 

 

 

そして、

リールのハンドルを一定の速度で巻きます。

 

 

ムラなく

同じリズムでリトリーブします。

 

 

 

この時ミノーの場合は

 

基本的には、

じたばた動く速度の遅い領域を使います。

 

 

(これがスローリトリーブです。)

 

 

 

 

 

 

ナイトゲームでの

シーバスには

 

 

ゆっくりとジタバタするルアーを

じっくり見せるように使います。

 

 

 

 

注意する事は

リトリーブの最中に

ルアーの動きをストップさせたりしてはいけません。

 

 

 

 

ストップしたルアーに反応させる方法もありますが、

 

これもロッドアクションと同じで

 

 

シーバスに警戒される可能性があるので

使いどころが難しいです。

 

 

 

なので、

 

初心者さんは

途中でストップさせるようなテクニックは使わなくていいです。

 

 

 

 

リトリーブをはじめたら

足元までずっと止めずに巻いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

今回の記事のまとめ

シーバスはロッドアクションを使って釣ることもできるけど、使いどころが難しいので初心者にはオススメしない。

 

高活性のシーバスをタダ巻きだけで釣ったほうがいい。

 

タダ巻きをするときは、

ロッドの角度を変えずにブレないように巻く。

 

途中で止めたりすると見切られて警戒されるので、

絶対に止めない。

 

 

 

 

 

タダ巻きも

最初からできる人はあまりいません。

 

 

何度も釣り場に通って

経験を積むことが上達への近道です。

 

 

 

関連記事:4つの「ただ巻きでシーバスを釣るために気をつけたいこと」

関連記事:ついに公開!「シーバスを釣るために大切な3つの秘訣」初心者が1匹を釣るまでのストーリー、その1

 

 

 

今回の記事はここまでです。

 

お読みになってくださり

ありがとうございます。

 

 

 

また次回も読んでください。

お疲れ様でした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいる リトリーブを覚えたいあなたへの記事 初めてでも分かる!シーバス釣りの知識
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました