なるほど!「釣れないときこそ◯◯移動」をすればよかった、初心者が一匹釣るまでのストーリーその5

初心者が一匹釣るまでのストーリー

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

 

 

私はオフラインでも

釣りを教えていまして

 

 

 

そのエピソードを

お話します。

 

 

 

 

 

今回のお話は

ポイントセレクトに関したお話です。

 

 

 

 

 

結論「初心者さんこそ、ポイントをどんどん移動するべき」

その理由とは?

 

 

 

 

初心者Aさんの誤解していたルアー選び


Aさんは

あるフローティングミノーが好きです。

 

 

その理由は、

 

 

 

どうやら初めて行った釣りで

このミノーを使って釣ったからだそうで、

 

 

 

 

やはり

「前に釣ったことがあるルアーだから」と

年中使ってらっしゃいます。

 

 

 

 

 

お気に入りのルアーで釣るというのは

とても楽しい釣り方なのですが、

 

 

 

 

釣果を優先する場合は

あまりよくありません。

 

 

 

 

 

これは、

その時の状況にマッチしたルアー、

 

 

 

 

特に、

ベイトのレンジにマッチさせることが

とても重要だと思います。

 

 

 

 

シーバスは

 

ベイトの居るレンジを意識して

 

 

浮袋の膨らみ具合を調節して

潜伏、回遊するレンジを決めているからです。

 

 

 

 

きっと浮袋は

コロコロと調節できないはずです。

 

 

 

 

 

これが、

シーバスが決めたレンジの範囲外には

なかなか出ない理由であると思います。

 

 

 

 

そして、

フローティングミノーのレンジは

シャローになりますが、

 

 

 

これがシャローまで浮いてくるシーバスを

狙い撃ちするのならいいのですが、

 

 

 

 

Aさんは

この狙い撃ちをしておらずに

 

闇雲にキャストしておられました。

 

 

 

 

シーバスは、

 

どのタイミングでも

シャローに浮いてくるわけでもないので

 

 

 

 

 

シャローに浮いてくるタイミングで

 

ポイントに入って釣るということができてないと

釣れないのです。

 

 

 

 

 

つまり、

 

シャローで釣りたい場合は

 

「シャローまで捕食してくるシーバスに

タイミングよく出会えるのか?」というわけで

 

 

 

 

さらに

ポイントも絡めて考えると、

 

 

 

 

「シャローまで捕食してくるシーバスが

こういうポイントに、こんなタイミングなら捕食してくる」

 

 

 

ということを知っておくことが

ミノーを使いこなす秘訣だったのです。

 

 

 

 

 

 

ということで

 

フローティングミノーは

シャローレンジで捕食してくるシーバスに効果があるので

 

 

 

 

 

使う時に

その捕食タイミングに合わせなければ

 

 

釣るのは難しいのです。

 

 

 

 

 

こんな場合はどうしたらいいのか?


まずミノーで釣りたい場合は

シャローレンジ専門になります。

 

 

 

 

そして

その時の状況が

シャローレンジで釣れる場合は

ミノーでも釣れるでしょう。

 

 

 

 

しかしこれは、

リトリーブしても釣れなかったと言う状態です。

 

 

 

 

 

これを工夫するとしたら

ポイントの変更、レンジの違いを考えてみます。

 

 

 

 

 

 

 

この場合はポイントを移動する


「今、ミノーを使ってる状態で

どうにか釣りたい」

 

 

 

この状況で釣るには

ポイントを移動するか、他のルアーに変更してレンジを上からチェックしていくのかを考えてみますと、

 

 

 

 

ポイントを移動してしまうのが

一番オススメです。

 

 

 

 

 

 

というのも

同じフィールドの中でも

 

シャローレンジまで浮上して捕食しているシーバスを探して

狙えば初心者さんでも十分チャンスがあるからです。

 

 

 

 

 

 

これはミノーに絞った場合に限りません。

 

 

 

 

シャローまで浮いてくるシーバスを狙うのは

 

時間当たりの効率がいいので

ナイトゲームのオススメの釣り方です。

 

 

 

 

 

 

フィールドのどこかに、

 

「ベイトがいて

シャローレンジまで浮いてくるポイント」

 

 

 

 

もしくは、

「全体的に浅いシャローエリア」に行ってみましょう。

 

 

 

 

 

シーバスの捕食音が聞こえたり、

 

 

常夜灯の明かりの下で

ベイトを食べているシーバスがいれば期待できるポイントです。

 

 

 

また、

こういったポイントを見つけても

全くシーバスが捕食してない場合も

 

 

場所だけ覚えて

時間が経過してから入場してみてください。

 

 

タイミングがずれるだけで

ベイトもシーバスも入れ替わるので、

 

捕食中のシーバスに出会えるかもしれません。

 

 

 

 

山札の中から

ハズレの札を引いては捨てて

当たりの札を見つける感じです。

 

 

 

 

コレは言い換えると、

 

 

「たくさんのポイント候補から

シャローで釣れないポイントの場合は

移動することで

 

 

たくさんのポイント候補から

シャローで釣れるポイントを探す。」

 

といった感じです。

 

 

 

 

今現在

当たりのポイントにさえ出くわせれば

シャローレンジでもヒットする可能性は十分にあります。

 

 

 

 

もちろん

百発百中で

釣れるわけではありませんが、

 

 

 

 

初心者さんにとって

 

レンジチェックするよりは

ずっとやさしい釣り方だと思います。

 

 

 

 

 

 

レンジをチェックする→まあまあの作戦


 

これは、

もしもポイント移動しない場合では

レンジを上から順番に探っていくべきでしょう。

 

 

(もちろんベイトの種類を予測しながらです。)

 

 

 

 

 

これは文章にすると

「上から順番にレンジをチェックする」なんて簡単そうに見えますが、

 

 

 

 

 

これは、

高等テクニックです。

 

 

 

 

レンジチェックというのは

初心者さん難しい理由はこの3つ

 

 

 

・そもそもレンジキープができるかどうか

・どれぐらい沈めてから巻いたらいいのか

・どのレンジを通過できるのかをイメージできない

 

 

 

 

 

なので初心者さんには

 

上から順番にレンジをチェックする事は

ちょっと難しいテクニックなのです。

 

 

 

(もちろんルアーもいっぱい必要です。)

 

 

 

 

ということで

こういう難しいテクニックが要求される場面は

初心者さんはスルーした方がいいです。

 

 

 

もしもテクニックを磨きたくて

挑戦されたいのなら

 

 

 

まず

一匹釣って

 

慣れてから挑戦された方がいいです。

 

 

 

 

ということで

初心者さんと釣りに行くときは

ひたすらポイント移動してます。

 

 

 

最初は

難しいレンジチェックをするよりも

 

釣れるシーバスと出会うことを優先した方がオススメです。

 

 

 

 

 

Aさんにも

移動して釣ったほうがいいと

お伝えし

 

ポイント移動をしたところ、

 

 

 

移動してすぐに50cmクラスをヒットさせられたので

「次こそ釣り上げてやる」と興奮しておられました。

 

 

 

 

 

「みなさんも釣れない時は

粘らずに移動する事をしてみませんか?」

 

 

 

 

関連記事:逆に「間違った釣り方では難しいの巻」初心者が一匹釣るまでのストーリーその4

 

 

 

それでは

今回の記事はここまでです。

 

お疲れ様でした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

初心者が一匹釣るまでのストーリー
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました