こういう場所は期待できる!【狙い撃つためのポイント選び】「シーバスを釣るために大切な3つの秘訣」初心者が1匹を釣るまでのストーリー、その3

ポイント(釣り場)の悩み

3つの秘訣で

シーバスを狙って釣る

 

 

 

 

 

狙って釣るために必要な

この3つの要素の内、

 

 

 

・状況に合わせた場所とタイミング

・攻略できるルアー選び

・釣りやすいシーバスを狙い撃ちにすること

 

 

 

 

 

 

釣りやすいシーバスだけを釣るには

どうしたら良いのかをお話します。

 

 

 

 

 

 

結論

釣りやすいシーバスだけを狙い撃ちするには

「カーブの地形で、シャローに浮上してきたシーバスを狙う」と良いです。

 

 

 

 

 

シャローレンジは、

シーバスが捕食するために浮上して来やすいレンジです。

 

 

 

 

シャローレンジまで

浮上したシーバスだけを狙うことで、

効率よく狙うことができます。

 

 

 

 

 

 

釣りやすいシーバスだけを狙い撃ちにするには


シーバスは、

たくさん居ても

 

 

全部釣れるわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

そこにベイトが居ること

 

シーバスにやる気があること

 

持っているルアーで攻略できること

 

 

 

 

 

これらの3つの要素が揃って

ようやく一部のシーバスが釣れます。

 

 

 

 

 

釣れるシーバスはやる気があって

 

ベイトをよく捕食して

ルアーにもよく反応してくれますが、

 

 

 

 

 

釣れないシーバスは

ボトムでひっそりと何もしないものや

 

 

障害物の際でじっとしていたりと、

 

 

 

 

まったく、

フィッシュイーターらしくない

立ち振舞いをしてくれます。

 

 

 

 

 

 

こういう、

やる気のないシーバスは

 

 

 

 

何度もキャストして

丁寧にリトリーブしても

めったに反応しないので

 

 

 

 

無視したほうが

時間効率がいいです。

 

 

 

 

 

 

逆に

やる気のあるシーバスが相手なら

 

タダ巻きだけで

あっけなく釣れます。

 

 

 

 

 

それも、

一撃で決まることが珍しくないです。

 

(別の釣りかと思うくらいです。)

 

 

 

 

 

 

私は、

簡単に釣れるシーバスを釣るほうが好きです。

 

 

(悩みながら釣るのは

なかなか難しいです。)

 

 

 

 

 

 

やる気のあるシーバスを拾うスタイルは、

 

・数多く釣るのが目的

・限られた時間で釣りたい

・シンプルで簡単に釣りたい

 

というニーズを

満たしてくれます。

 

 

 

 

こういうやる気のあるシーバスがどこに居るのかというと、

ベイエリアではシャローレンジにいます。

 

 

 

 

 

このシャローレンジというのは

水深がある場所でも水面付近という意味と

 

 

 

全体的に浅くて、

ベイトの逃げ場が無いようなシャローエリアの

2つの意味があります。

 

 

 

 

 

 

シャローレンジのシーバスを狙うには


シャローレンジまでシーバスが浮上してくるタイミングにあわせて

釣りをしたいですね。

 

 

 

 

 

そしてポイントは

どこでも良いわけではありません。

 

 

水深があろうとなかろうと

壁の多いポイントが良いです。

 

 

壁があることで

シーバスがベイトを追い詰めることができますから、

 

 

壁がある場所は

シーバスが好む場所なのです。

 

 

 

 

 

特に、

ベイエリアの L字、U字などの

カーブが多い場所などが期待できます。

 

 

 

 

最初は明かりがあるポイントの方が

釣りをしやすいので

 

 

常夜灯があるほうがいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

ということで

これらのカーブの地形と

常夜灯の組み合わせが都合がいいですね。

 

 

 

 

 

そして

ベイトを追い詰めるために

壁が多いカーブの地形を選ぶわけなので

 

 

 

フィールドにベイトが多いことが

必要ですね。

 

 

 

 

 

 

・シャローまで浮上しやすい時間帯に釣りをする事

・シャローエリア、もしくは壁が多い場所を狙う

・ベイトがたくさんいるフィールド

 

 

この3つに注意して

シャローに入り込んだシーバスを狙ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

こういう地形を探すにはどうしたらいいの?


やはり通うベイエリアの地形を把握しておきたいです。

 

日中にベイエリアに行って

堤防のカーブした場所を全部覚えておきます。

 

 

 

(フィールドの写真を撮っておくのもいいですね。)

 

 

 

 

 

一度で覚えられ無い場合は

何度か通うと良いですよ。

 

 

 

 

 

 

 

全体が浅いシャローエリア


高活性のシーバスをシャローエリア(全体的に浅い場所)で

探しましょう。

 

 

 

こういった場所の中でも

 

ワンドと呼ばれる

入江の形状の地形で浅いと

特に期待できます。

 

 

 

 

シャローエリアでは

捕食行動のためにシーバスが入るので

 

 

遭遇したシーバスのほとんどが

捕食したくてしょうがないの腹ペコ状態だったりします。

 

 

 

 

特に、

朝夕のマズメ時に

 

ベイトを捕食する音が聞こえるような場所は

夜間でも期待できますよ。

 

 

 

シャローエリアは

 

浅いだけに

根掛かりしやすいので

 

 

 

30cmくらいまでしか潜らないタイプの

シャローランナーを用意しておくと良いでしょう。

 

(アイマ コモモSF-125 などがおすすめです。)

 

 

 

 

 

シャローエリアでも

常夜灯がある場所を探してみて下さい。

 

(やはり、明かりがあると釣りやすいですね。)

 

 

 

シャローエリアを探そう


浅いだけでなく、

入江のような形状の場所は特に探しておきたいです。

 

 

シャローエリアも

日中に下見をして探しておきましょう。

 

 

 

 

こういうポイントはありませんか?

 

・川からの流れ込みの近くにある入り江

・船のドッグ周辺

・浅くなっているスロープ

・堤防のエグレが浅い場所

 

こういったポイントがあったら

覚えておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ベイエリアのカーブの地形の場所(水深不問)

シャローエリア(全体的に浅い)

 

こういった場所を覚えておいて

夜になったらシーバスを狙ってみて下さい。

 

 

 

日中は浅すぎて

釣れなさそうでも

 

 

夜になると

どこからかベイトとシーバスが侵入してきます。

 

 

そーっと足音を立てずに

できるだけ遠距離から攻略してみましょう。

 

 

 

浅い場所は根掛かりが怖いので

シャローランナーを使うことをおすすめします。

 

 

 

シャローで捕食しているシーバスは

タダ巻きにもよく反応してくれるので

とても釣りやすいですよ。

 

 

 

すぐに釣れなかったら

すぐに次のポイントに移動しましょう。

 

(1箇所を攻略するのに30分あれば十分でしょう。)

 

 

 

 

みなさんも

そういう美味しいポイントを

探してみて下さい。

 

 

 

 

まとめ

シャローはベイトを追い込むシーバスが周るので狙いやすい

 

釣れる場合はタダ巻きですぐに釣れるので

釣れかかったら移動するという判断がしやすい

 

一箇所で粘っても30分したら十分なので

次々とポイントを移動して釣るだけ

 

 

 

 

関連記事:ついに公開!「シーバスを釣るために大切な3つの秘訣」初心者が1匹を釣るまでのストーリー、その1

 

関連記事:必見!攻略できるルアー選びをするスキル!「シーバスを釣るために大切な3つの秘訣」初心者が1匹を釣るまでのストーリー、その2

 

 

 

 

それではまたお読み下さい

お疲れ様でした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

ポイント(釣り場)の悩み初心者が一匹釣るまでのストーリー
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!