5分でわかる!レンジキープとロッドの角度の関係

リトリーブを覚えたいあなたへの記事

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

 

「レンジキープのイメージがつかめない」

「ロッドの角度で何が違うの?」

 

 

 

 

 

シンキングタイプのレンジキープは

とても複雑でなかなか難しいです。

 

 

 

 

ここは架空の10gのシンキングペンシルを

様々な方法で引いたらどうなるのかをお話してみます。

 

 

(実際のルアーとは誤差が出ると思いますので、脳内で修正しながら聞き流してください。あなたのレンジキープへのイメージがつかめますように

 

 

 

 

 

 

・ロッドを立てながらスローリトリーブすればゆっくり引くことができる。(少し早く巻くと浮上させる軌道になる。)

 

・ロッドを下げながらスローリトリーブをすると、同じレンジをキープしやすい。(少し早く巻くと、横気味に通過させることができます。)

 

・(ロッドを真っ直ぐしてリトリーブすると、その中間的な意味合いになります。)

 

 

 

 

 

ロッドを立ててリトリーブすると「スロー気味、上昇気味に通過させることができる」


例えば、ナイトゲームでシンキングペンシルを浅めのレンジを引きたい時やスローに見せたいときにはロッドを立てて使います。

 

 

 

 

また、

ロッドを立てながらやや早めにリトリーブすれば

斜めに浮上するような軌道になります。

 

 

 

 

ロッドを立ててスローリトリーブをした場合、

レンジをゆっくり通過させることができます。

 

 

立てた状態でやや早くリトリーブをした場合は、

斜め上に上昇するような軌道を描きます。

 

 

 

 

立てた状態では

上昇するチカラが加わる感じです。

 

 

 

同じレンジでもゆっくり見せたいときと、

浅いレンジを通過させたいときに

ロッドを立てて使います。

 

 

 

あとはリトリーブ速度によって

どれくらい上昇するのかの加減をします。

 

 

 

立てた状態では、

早く巻くほど浮上する軌道になります。

 

 

 

 

 

ロッドを立てた状態でのリトリーブはここが使い所


シンキングペンシルを通常よりも浅く、水面直下で使いたい場合は、ロッドを立ててリトリーブすることがあります。

 

 

 

 

バチ抜けの時などの、

引き波を立てたいときロッドを立ててリトリーブします。

 

 

 

 

シーバス用のシンキングペンシルは

浮き上がりやすい設計が多いですので

 

ロッドを立てる効果と、浮上する設計の両方の要素

より素早く浮き上がるというわけです。

 

 

 

 

また、シャローエリアで

根掛かり回避したい時にも重宝しますね。

 

 

 

 

ロッドを下げながらスローリトリーブをすれば、「横に浮上させにくいように引くことができる」


なるべく浮上させずに

レンジを通過させたい時にはロッドを下げながらリトリーブします。

 

 

 

「ここだ」と決めたレンジを

ネチネチとキープしながら通過させたいときに

ロッドを下げながらリトリーブしてやりましょう。

 

 

 

 

 

ロッドを下げた状態でスローリトリーブをしたら、

深めのレンジでも横気味に通過させることができます。

(また、風があるときでもレンジキープしやすいです。)

 

 

 

 

このロッドを下げた状態でやや早めにリトリーブをすると、

斜め上にすばやく通過させることができます。

(リトリーブスピードによるリアクションバイトを狙う時には

こういう使い方もします。)

 

 

 

 

シャローエリアでは

根掛かりに注意しましょう。

 

 

 

ロッドを下げた状態でのリトリーブはここが使い所


シンキングペンシルを横に引きたくて、浮上させたくない時はロッドを下げてリトリーブします。

 

また足場が高い時、風が強くて(ラインが引っ張られて)浮くときにも、

ロッドを下げると浮き上がりを抑えることを狙えます。

 

 

 

 

ある程度レンジをキープしながらやや早くリトリーブをするときも

ロッドを下げながらリトリーブします。

 

(速度でのリアクションバイトを狙うときですね。)

 

 

 

 

微妙な角度も使おう


ロッドの角度は極端な加減が全てではありません。

微妙に立ててみるだとか

都合がいい角度を探してみてください。

 

 

 

今回はここまでです。

 

お読みになってくださって

ありがとうございました。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【オンラインシーバス釣り教室・入門講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

リトリーブを覚えたいあなたへの記事
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました