釣れるタダ巻きの秘密「リトリーブだけでは釣れる気がしません…」→「ルアーが特別美味しいエサ」になる記事

シーバスが釣れなくて悩んでいる

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

「アクションを付けずに、

リトリーブしただけでは釣れる気がしません…」

こんなことを相談されることがあります。

 

 

 

 

「リトリーブするだけ」というと

タダ巻きのことですが、

 

 

 

これはタダ巻きが

見た目が地味なテクニックなので

よく「釣れなさそう…」と思われるかもしれません。

 

 

 

 

ちょっと

私なりの考えを

ご説明させていただきます。

 

 

 

 

関連記事:レンジは重要な要素!レンジキープを試してみよう

関連記事:釣果アップのための1つの解決策!ただ巻きで釣れる確率がアップする「リトリーブコース」とは?

 

 

 

釣れるタダ巻きの秘密


タダ巻きといっても、

「釣れるタダ巻き」と

「ただ巻いただけ」は違いますよね。

 

 

 

 

 

 

タダ巻きでレンジを攻め続ける


釣れる場合のタダ巻きは、

レンジがぴったりで

ルアーもマッチしているから釣れているのです。

 

 

 

 

シーバスでは一番重要なのが

レンジだと思います。

 

 

(狙ったレンジを攻め続けるタダ巻きは

レンジキープし続けられるので強力ですね。)

 

 

 

 

つまり、

釣れる場合のタダ巻きは

 

狙ったレンジを攻め続けるための

タダ巻きを行っているのです。

 

 

 

 

 

 

実はタダ巻きは◯◯そっくりな動き


そして、

ただ巻きをしているときのルアーの挙動ですが、

 

ミノーにしろシンキングペンシルにしても

軌道がシンプルですよね。

 

 

 

ああいう

「ストレート気味+潮の流れでカーブする」という動きは

 

「遊泳力が少なくなったベイト」の動きそっくりです。

 

 

 

 

弱ったベイトは

スタミナが減ってしまい、

短距離でもダッシュができなくなってしまいます。

 

 

 

こうなると、

フィッシュイーターに追われても

逃げられる確率は低いです。

 

 

 

 

 

逆に言うと、

シーバスにとっては

弱ってストレート気味

 

しかも、

ダッシュする体力のないベイトこそ

「少ない労力で捕食できる特別美味しいエサ」なのです。

 

 

 

 

つまり、

タダ巻きで動いているルアーは、

「少ない労力で捕食できる特別美味しいエサ」を演じるということでもあるのです。

 

 

これはケースバイケースなので

 

タダ巻きですべてのシーバスを釣る事が

できるわけではありませんが、

 

 

 

 

「少ない労力で捕食できる特別美味しいエサ」が効果を発揮する場面は多いでしょう。

 

 

 

 

タダ巻きは食欲の無いシーバスにはあまり効果がない


タダ巻きでよく釣れるのは、やる気のある捕食中のシーバスを見つけたときです。

 

 

 

シーバスは、

個体によってまったく食欲が異なります。

 

 

 

 

シーバスが居ても

本物のベイトしか食べないやつや

まったく食欲が無くて、何も食べないやつヤツも居ます。

 

 

 

食欲ないシーバスを相手にすると

とても時間がかかりますし、

 

そもそも、

どうやっても釣れないシーバスも居ます。

 

 

 

こういう難しいシーバスは無視して、

やる気のあるシーバスを探しましょう。

 

 

 

 

 

 

フィールドのどこに行けばやる気のあるシーバスに出会えるの?


私は年間を通じてやる気のあるシーバスをあるポイントで探していい思いをしております。

 

 

どうしても困ったときの切り札にしている

いい思いができるポイントとは

「シャローエリア+ワンド」のタイプのポイントです。

 

 

 

私の言うシャローエリアとは

浅い入江のような地形のことで

 

カケアガリがありますが、

全体的に浅いです。

 

 

 

 

こういった浅い場所は

ベイトは水面から上に逃げられません。

 

 

 

浅いだけで

ベイトが追い詰められやすいので

捕食者にとって都合がいいです。

 

 

なので、

捕食したい食欲旺盛のシーバスが

エサを食べるために出入りします。

 

 

 

 

 

さらに、

堤防の壁のせいでワンドのようになっています。

 

 

 

壁はベイトの逃げ道を

減らす要素なので

これも捕食者にとって都合がいいです。

 

 

 

 

ということで、

このポイントは浅さと壁のせいで

ベイトの逃げ道がとても少ないのです。

 

 

関連記事:禁断の!釣果の情報から攻略のヒントを盗み出す方法

関連記事:シーバスをナイトゲームで釣るためのポイントがわからない→「ベスト4のポイントに通おう」

 

 

みなさんも

浅くて壁だらけのポイントを探してみてください。

(きっといい思いができると思います)

 

 

 

(ちなみにこういった場所では

ファイト中に海底にある瀬や障害物に擦られやすいので、

リーダーは5号以上がおすすめです。)

 

 

 

それではまた記事を読んでくださいね。

おつかれさまでした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいる
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました