「潜らないシャローランナーは極上のエサ」の意外な理由とは?

知っておきたいキャスティングの基本テクニック

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

 

「フローティングミノーって

リトリーブしてもあまり潜らないけどなぜなの?」

 

「こんな浅くても釣れるの?」

といった疑問にお答えします。

 

 

 

 

潜らないのは浅いレンジ専用ルアーだから


フローティングミノーも様々ですが、リトリーブしてもあまり潜らないタイプはシャローランナーというタイプです。

 

 

シャローランナーは潜らないで、

シャローだけを通過するように作られています。

 

 

 

いわば、

シャローを通過させ攻略するための専用ルアーなので、

シャローランナーが潜らないのは自然なことです。

 

 

 

 

しかもフローティングですから

放っておいても沈まないので、

決まったレンジしか通過できません。

 

 

しかしコレには

理由があったのです。

潜らないことを武器に最高のエサの真似ができる


潜らないのは

シャローを専門的に攻略するために設計されているからです。

 

 

これは、

専用のルアーを用意してでも

「シャローレンジには、攻略するほどの価値がある」ということです。

 

 

特に、

好条件下での捕食したくなったシーバスは

シャローで捕食することが多いです。

 

 

 

シャローというのは水面の少し下とも言えます。

 

 

水面とは小魚にとって

通過不能の壁になります。

 

 

深いレンジから追われたら上に逃げて行くと、

限界が水面です。

 

 

水面よりも上の空中へは

泳いで逃げることができません。

 

 

この水面付近まで追い詰められた小魚は、

シーバスとって捕食しやすい好都合のエサなのです。

 

 

 

つまり、

シャローレンジを専用に通過する

シャローランナーは

「捕食しやすい都合のいい小魚の真似ができる」のです。

 

 

 

シャローランナーは潜りませんが、

潜らないことで美味しいレンジを通過させ続けることができる夢のようなルアーなのです。

 

 

 

しかも、

どなたがリトリーブしても

「一定のレンジだけを通過させることができる」のでとても扱いやすいのです。

 

 

「一味違う!?シャローランナーの使い方」


シャローランナーは「タダ巻き」で使ってみましょう。

キャストして一定の速度でリトリーブし続けるのです。

 

 

これだけですが、

浅いレンジで捕食しているシーバスには絶大な効果が出ることもあります。

 

 

でも、

もうひと工夫が欲しい場合は

同じタダ巻きで使うにしても

捕食行動の直後のシーバスを狙い撃ちする様に使います。

 

 

どういうことかと言うと、

たとえば、ベイエリアの常夜灯の下でシーバスがボイル(捕食して小魚を水面に追っかけてバシャバシャさせている状態)しているときに、

 

ひたすらキャストするのではなく

ボイルした直後にタイミングよく通過させるようにします。

 

 

 

つまり、

キャストするのもタイミングを図るために待ちます。

 

ボイルが起きたときまでひっそりと動かずに待ちます。

 

 

 

そして、

小魚が追いかけられたタイミングで(捕食してから1秒後くらいにキャストしたいです。)

ボイルが起きているポイントの2m以上先にキャストします。

 

 

直撃だと見切られてしまうので

やや遠目の位置にキャストしたほうが良いです。

 

 

そしてあとは

タダ巻きをしてみてください。

 

驚くほど反応がいい場合があります。

 

 

ボイルは

秋によく起こります。

 

そして常夜灯の下は

小魚とシーバスの動きを確認しやすいので

とても美味しいポイントでもあります。

 

 

チャンスのときに

タイミング+タダ巻きを試してみてください。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

知っておきたいキャスティングの基本テクニック
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!