シャローレンジを○から順番にチェックするべき1つの理由と3つのカベとは?

シーバスが釣れなくて悩んでいる

こんにちは
獅子狩ジンです。

 

 

今回お話するのは、


シーバスフィッシングでは
欠かすことのできない要素「レンジ」についてです。

 

 

 

 

ナイトゲームではシャローレンジ専門からはじめる


最初にやるべき攻略方法は、
難しく考えず
シャローの一定のレンジのみを通過させるだけです。

 

フローティングミノーや
シンキングペンシルをキャストして巻くだけです。

 

 

 

これで
シャローで捕食しているシーバスを
狙い撃ちしていきましょう。

 

 

 

ミドルレンジやディープ付近は、
レンジをコントロールするテクニックや、

対応したルアーを揃えるのが
めんどくさいので、

ここでは攻略しないことにします。

 

 

 

(ミドル、ディープは
シャローでたくさん釣ってから、
ステップアップとして挑戦してみましょう。)

 

 

 

 

ナイトゲームでは、
シャローの一定のレンジを通過させるパターンだけでも

釣ることはできます。

 

 

 

確かに、
シャローがダメな日もありますが、

こういう日は、
ポイントの流れやベイトの観察をして
次の釣りのためのヒント探しをしておきましょう。

 

 

 

【ひたすらシャロー攻略する】


キャストしてリトリーブ…

フローティングミノーの場合は
上から一定のレンジしか通過しません。

 

 

 

同じフローティングミノーでも

50cm潜るタイプもあれば
80cm潜るものもあります。

 

 

このときのレンジでの
ルアーの選び方は

基本的には「上から順番」に使っていきます。

 

 

 

 

シーバスは
自分よりも浅いレンジに居るエサを狙いやすいです。

シーバスよりも下を通過するルアーは
見切られることが多いです。

 

 

 

ここなら釣れそうだというポイントを
見つけたら、

浅いレンジを通過できるルアーから
使ってみましょう。

 

 

 

 

もしも、
反応がなかったら
もう少し潜るタイプを使ってみましょう。

 

 

 

 

全く釣れなかったのに
ほんの少し潜ったら
びっくりするほど連発することも珍しくありません。

 

 

 

それだけレンジの正解を探すことが重要です。

 

 

ちなみに、
レンジを変更しても釣れそうにないポイントの場合は
釣れなかったら移動してしまうほうが効率がいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

【シャロー攻略】


ここでは
シャロー攻略がメインなので
深くても2mまでしか攻略しないことにします。

 

まず一番浅いレンジを通過できるのは
トップウォーターや水面系プラグです。

 

 

トップウォーターはペンシルベイトなど、(フローティング)

水面系は「モアザン クロスウェイク」などの
水面専用ミノーことです。

 

 

これらは
水面で引き波を立てることでアピールするルアーなので
シーバスが水面を意識している場面で活躍します。

 

 

 

まず、
今の状態のシーバスが水面を意識していますか?

 

引き波でアピールしたいので凪の時、

 

さらに、
水面までエサを追いかけていて
釣れそうだったら使ってみます。
(あとはベイトがボラのときですね)

 

 

 

使い方もタダ巻きだけでいいです。

(途中で止めると見切られる可能性もあるため
巻き続けたほうがいいです。)

 

 

逆に
秋に荒れていたら
水面系は後回しにします。

 

 

荒れていると
水面系の引き波は目立ちにくく効果が薄いことがあるので

こういうときは
もう少し潜るミノーでの「波動」のアピールに期待します。

 

 

 

引き波は視覚的には
目立つのですが、

波動、音波としては
そこまで強くないと思います。

 

 

荒れていたら
シーバスの活性が高いことを期待できますし、

そういう場合は
ミノーの波動でいい思いをしたことがあるので

水面系より先にミノーを使います。

 

 

 

少し荒れている時は

ミノーの中でも
潜りにくいリップレスから使っていきます。

 

 

出番が多いのは
コモモ125fなどです。

 

これも、
難しく考えずに
タダ巻きで使っていきます。

コモモのレンジは30〜40cm
コレはかなり浅いです。

 

 

水面まで
追い詰められたベイトにそっくりな動きとレンジです。

 

 

しかし、
もっと激荒れの環境ですと
30〜40cmよりも潜るタイプも使うことがあります。

 

 

荒れ過ぎると
海面に泡が立つので、

泡よりも下のレンジの方が
ルアーを発見してもらいやすいこともあるのです。

 

 

 

こういう場合は、
リップが付いたミノーの出番です。

 

コストパフォーマンスがいいのは
「アブガルシア ワンカレント」でしょう。

レンジは50~80cmでコモモの下を通過できます。

 

 

使い方もレンジにかかわらずに
タダ巻きで攻略できます。

 

 

 

ブレないように
一定のリズムでリトリーブしましょう。

 

 

 

 

 

さらに深いレンジは
シンキングペンシルを沈めるか
シンキングミノーを用意して使うといいです。

 

 

シンキングミノーは
メガバスのX-80 SWなどがおすすめです。

 

こうして上から順番にレンジを切り取るように
通過させていきましょう。

 

 

 

個人的には
レンジを探らずに
ポイント移動した方が釣れることが多いです。

 

 

どこに移動してもダメな時は
レンジを攻略するように作戦を立てています。

 

 

というわけで
レンジをチェックするのは
とても時間と手間がかかります。

 

 

ここぞという
決定的に期待できるポイントだけで行うのを
おすすめします。

 

 

 

 

 

【なぜ上から順番なのか】


シーバスは
追い詰めれるエサを狙います。

 

 

シャローでは
水面がカベとなるので
エサの移動できる範囲が狭いです。

 

 

 

さらに岸壁があれば、
縦にも壁ができるのでエサを追い詰めやすいです。

 

同じことが海底にも言えるので
シャローエリアではエサを追い詰めやすいです。

 

 

 

水面のカベ、岸壁のカベ、海底のカベと3つありますが、
シンプルに考えると、

水面付近を基本にして
+aとして岸壁、シャローでの海底の要素を合わせて考えます。

 

 

 

ちょっと複雑な文章になりましたが、

やることは
ルアーをシャローを通過させるだけです。

 

 

 

そのうえで、
もっと期待できるのは岸壁+水面
もしくは、海底+水面というわけです。

 

 

フローティングミノーでは
潜るレンジが浅いので
海底まで届かないと思われるかもしれませんが、

 

もともと浅い場所で使えば
浅いので海底付近まで潜らせることができます。

 

 

 

 

エサにとってカベが多い場所ほど
シーバスが捕食しやすい
見逃せないポイントです。

 

「エサにとってのカベ」を探して
シーバスにチャレンジしてみてください。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいる シーバスフィッシングのタックルの悩み
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました