F?S?ミノーのタイプと使い分け 最初に使うなら○タイプのワケとは?

シーバスフィッシングのタックルの悩み

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

「ミノーを使いたいけど、フローティングとかシンキングとか

タイプが良くわからない」

 

「最初はどっちを使えばいいの?」

 

 

 

こういった悩みに

お答えします。

 

 

 

ミノーはシャローを攻略するのにかかせないタイプ


ナイトゲームでシャロー攻略をする上で欠かせないのが
「ミノー」です。

 

 

ミノーも
フローティングタイプ、
シンキングタイプと大きく分けて2種類あります。

 

 

 

フローティング(放置したら浮く)
シンキング(放置したら沈む)

 

 

 

 

設計がそれぞれ異なり、
使ったときにどんなふうに役に立つのかが違います。

 

 

 

 

フローティングはシャロー専用

シンキングは沈む速度が遅いので

 

浅めのレンジを攻略するのが中心の設計と言えるでしょう。

 

 

 

 

シンキングペンシルよりも動くルアーなので

広範囲を短時間でサーチしたいときにも使います。

 

 

 

関連記事:最初の使い方は1つだけ「シンキングペンシル」を使った釣り方に挑戦しよう

関連記事:シーバスをナイトゲームで釣るためのポイントがわからない→「ベスト4のポイントに通おう」

 

【フローティングタイプのミノー】


フローティングタイプ
遠浅の干潟のような場所でも
根掛かり(水底などに引っ掛けてしまうこと)を
防止しながら釣ることができます。

 

 

これは、
フローティングは、
一定の深さ以上は潜らないように設計されているからです。

 

 

 

そうです、
どんなに頑張っても
潜る深さに限界があるのがフローティングタイプの特徴です。

 

 

 

 

これは探れる範囲が狭いとも言えますが、
「浅いレンジだけ」を攻略するにはとても便利ですよ。

 

「浅いレンジだけを通過させることができる」
つまり、レンジキープが簡単です。

 

 

 

 

例えば、
50cm以上潜らないミノーで
限界まで潜るように使っても

50cmをずっとキープすることができるからです。

 

 

 

 

レンジキープがとても簡単ですので
フローティングタイプは
必ず一つは用意しておきましょう。

 

 

 

 

「シャロー以外でも出番アリ」

深いレンジまで潜りませんが、
シーバスが浮いていれば
深いポイントでも釣ることはできます。

 

 

 

 

 

【シンキングタイプのミノー】


沈めずにリトリーブしても
フローティングタイプより下のレンジを
引く物が多いです。

 

そして、
シンキングタイプは、
放って置くと沈みます。

 

 

これを利用して
フローティングでは攻めきれない
少し深いレンジまで沈めてからリトリーブすることができます。

 

 

 

ただ、
沈む速度がそんなに早くないので
10mも沈めようなんてことは現実的ではありません。

 

沈めて使う場合でも
およそ、上から2mくらいまでだと思っていてください。

 

 

 

キャストして
うまくフェザーリングをします。

着水したら
ラインのたるみをとらずにそのままラインを送り込みます。

 

 

 

そして、

目的のレンジまで沈めたら
リトリーブします。

上から1m沈めて釣れなかったら
今度は1,5mといったように上から順番に探るのが
シーバス・フィッシングのセオリーです。

 

 

 

 

【ラインは少しづつ送る】

コツはラインを少しずつ送ることです。
一度に送るとラインが絡んだり、

ラインの出過ぎが原因で
流れたラインが広範囲に広がってしまいます。

 

 

こうなってしまうと、
どこを通過させているのかがわかりにくく、
また細かく通過コースを決められないので
やめて置いたほうがいいです。

 

 

 

シンキングミノーを沈めたいときに
ラインを送る時は、

 

チビチビと必要なだけ送りましょう。
(例:「1m沈めたら、また1mラインを出す」といった感じです。)

 

 

 

 

海底まで沈めてしまうと
根掛かりしてしまうので注意しましょう。

浅いポイントでは、よく根掛かりします。
(こういう浅い場所ではフローティングを使いましょう)

 

 

 

 

 

 

 

【オススメの使い分け】


最初はフローティングタイプをおすすめします。

というのも、
シンキングミノーでレンジを上から刻むのは
有効なテクニックですが、

どのレンジを狙ったらいいのかが
とても難しいです。

 

 

はっきりと上から○mなどと目的がしっかりしてないと
永遠とレンジを探って時間を使ってしまうことがあります。

 

 

 

これは
そのポイントにレンジの正解があるかどうかもわかりません。

もしかしたら釣れない原因は
レンジではなく、ポイントが悪い場合かもしれません。

 

 

こういう場合は、
レンジを刻むのではなく
ポイントを移動するのが正解です。

 

 

ということで、

一番最初はレンジで迷わないためにも

フローティングミノーだけに絞って
シャロー限定の釣りをするのをおすすめします。

 

 


フローティングミノーで
シャローだけ攻略、

釣れなかったら移動

 

最初はコレでいいでしょう。

 

 

 

シャロー限定でも釣れなくないので
シンプルに遊べますのでお試しあれ。

 

 

もう少し、
レンジ攻略もやってみたいと思われたら

シンキングミノーや、シンキングペンシルで
レンジ攻略もされたらいいでしょう。

 

 

関連記事:釣果アップのために!【シーズナルパターンをレンジで攻略する】

関連記事:4つの「ただ巻きでシーバスを釣るために気をつけたいこと」

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスフィッシングのタックルの悩み
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました