バイブレーションだけじゃダメなワケ【ルアーセレクトが必要なワケ】

シーズナルパターンの知識

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

「オールレンジで使えるバイブレーションだけでは釣れないの?」

「なぜ他のルアーが必要なの?」

 

 

 

私も最初は同じことを思ってました。

(シーバスをやる前のバス釣りをしていた時は、タックルボックスの中はバイブレーションがかなり多く、他のルアーは要らないなんて思ってました…

 

 

 

なぜ他のルアーが必要なのか


バイブレーションは

沈めてしまえば上から下までのレンジを

一通りこなせそうに思ってしまいます。

 

 

確かに、

オールレンジを攻略できそうですが、

条件によっては、もっと専門的なジャンルのルアーのほうが向いている場合がほとんどです。

 

 

例えばシャローレンジを通過させたいのなら

バイブレーションをロッドを立てて巻くよりも

シャローレンジを得意とするミノーの方がより細かくレンジを通過させやすいのです。

 

 

 

「あと5cm上を通過させたらヒットしそうだけど…

バイブレーションではロッドを立てて巻いても

これ以上に浅いレンジは通過させにくいな…)」なんてことになります。

 

 

 

 

こういったときは、

たくさんのルアーを持ち込んで使い分けるのが手っ取り早いです。

レンジごとに攻略できるルアーを用意しておきましょう。

 

 

関連記事:F?S?ミノーのタイプと使い分け 最初に使うなら○タイプのワケとは?

関連記事:え?ルアーは全部のカラー、サイズを揃える必要があるの?

 

ちなみにバイブレーションは

中層からディープレンジが得意です。

(ミノーでは潜らない、すぐに浮いてしまうレンジも引ける)

 

ロッドを立てて表層で使う場合は

ファーストリトリーブ気味になります。(デイゲーム向きですね)

—-

 

 

 

シャローでは重みがあるのでゆっくり通せない


「ゆっくりとリトリーブしたい」そんな時はバイブレーションよりもミノーのほうが向いています。

 

 

バイブレーションの軽いものを用意すれば重いバイブレーションよりもゆっくりリトリーブできますが、更に遅くしようと思うのならミノーを使います。

 

 

 

バイブレーションでは水面直下までは攻略できない


立ててシャローレンジを通過させようとしても限度があります。とくに水面直下や水面はバイブレーションでは攻略しきれません。

 

 

波動を使い分けたい


ルアーごとに波動の出方が違います。その条件で有効な波動でシーバスにアピールしなければ全く釣れないといったことになります…

 

例えば、バイブレーションの強くて振り幅の小さい小さなボラのような波動だけでなく、太めのミノーの大きなボラのような波動や、細いミノーのサヨリのような地味系のウォブンロールを演出させたりと、波動でもマッチザベイトを意識したいですね。

 

 

大きなシルエットを見せたいときはボリューム不足


バイブレーションは重さの割に小型に作られています。

ベイトが小さいときにはサイズがマッチするのでいいのですが、大きなベイトを追ってる状況では大きなルアーがほしいです。

 

 

こういったときに対応するためにも

大型のミノーやシンキングペンシルを用意しておきたいですね。

 

 

 

秋から冬にかけてはベイトが大きくなりますね。

夏の終わりに大型ミノーを用意するなどと、釣りに行くシーズンごとに少しずつ揃えていきましょう。

 

 

 

バイブレーションだけで攻略することは、ものすごく極めたらできるかもしれませんが、様々なテクニックを要求されるとても難しいイバラの道です。(極めても釣れるシーバスの数も限られます。)

 

 

釣果を出して楽しむために

バイブレーションオンリーではなく、

ルアーセレクトで条件を攻略しましょう。

 

関連記事:禁断の!釣果の情報から攻略のヒントを盗み出す方法

関連記事:4つのコツでただ巻きを使いこなそう「リトリーブスピード編」

関連記事:レンジは重要な要素!レンジキープを試してみよう

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーズナルパターンの知識 シーバスが釣れなくて悩んでいる シーバスフィッシングのタックルの悩み
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました