ルアーを選ぶ時のヒント!ルアータイプは◯◯で選ぶ3つの理由

シーバスが釣れなくて悩んでいる

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

 

「どのルアーで釣れるのかよくわからない。」

「どのルアーを選んだらいいのかわからない。」

 

こんな悩みの解決のヒントを

お探しではありませんか?

 

 

 

 

 

釣具屋さんに行ったら

「釣れるルアー」を選びたいですよね。

 

そもそも、

「釣れるルアー」とは何でしょうか?

 

 

 

 

関連記事:F?S?ミノーのタイプと使い分け 最初に使うなら○タイプのワケとは?

関連記事:最初の使い方は1つだけ「シンキングペンシル」を使った釣り方に挑戦しよう

 

 

 

釣れるルアーとは?


 

そもそも

釣れるルアーかどうかというのは、

 

「◯◯というルアーが釣れるルアー」ではなくて

「今の状況では◯◯というルアーが釣れる」というものだと思います。

 

 

 

 

 

これは言い換えると、

「今の状況では◯◯というルアーが、

状況にマッチしているので釣れる」ということも言えます。

 

 

 

つまり、

「このルアーなら常に釣れる」といった万能ルアーは存在しません

 

 

「釣り場の状況にマッチするルアー」が

釣れるルアーなのです。

 

 

 

—基本的にはこんな感じで選びます。—

シャローならミノー

シャローで弱波動を使いたいのならシンキングペンシル

深いレンジはバイブレーション

 

 

 

私はこんなふうにルアーを使い分けています(早見表)


バイブレーションは、広範囲を探るときで少し潜らせたい時に使うことがあります。

 

でも、波動が強めのタイプなのでスレやすい特性があるために2番手か3番手で使います。(釣れなかったら移動します。)

 

 

 

 

ミノーは広範囲を探る時、フラつきのアクションにより目で見切られたくない時(デイゲーム)、波動が強めでも反応しそうなときに使います。

 

また、シンキングペンシルが使いにくい強風下ではメインで使うこともあります。

 

 

 

 

シンキングペンシルは、ミノーと同じようなレンジを弱い波動で通過させることができます。波動が弱いほうが良いときは独壇場になることも!

 

ただし、強風下では糸ふけが出やすく扱いにくいです。

 

 

 

 

あとはサイズやボリューム

ベイトのサイズに合わせて使い分けます。

 

 

 

 

 

 

ルアーをどの状況で使うのか絞ろう


ルアーは、

「どんな状況で使うために作られたのか?」といった使用目的に絞って作られることが多いです。

 

 

 

 

ルアーに含まれている要素と

その時の釣り場の状況がマッチしているのか?

 

 

これを知るために

ルアーの特性を知っておきましょう。

 

 

 

 

 

・サイズ、ボリュームでの使い分け


ルアーの長さ、太さ、による違い。

 

 

これも状況に応じて使い分けます。

大きなベイト(エサ)を追いかけているシーバスには大きなルアーが良いことが多いです。

 

 

 

逆に小さなベイトを追いかけている場合は、

小さなルアーを使うことが効果的な場合が多いです。

 

(サイズでのマッチ・ザ・ベイトですね)

 

 

 

 

・波動の強弱より使い分け


ルアーの出す水の動きの強さがルアーによって違います。

 

波動の強さ★の数で表してみます。

(★が多いほど強い波動とします。)

 

バイブレーション★★★★★

ミノー★★★

シンキングペンシル★

 

 

波動もベイトに似せる目的だったり、広範囲からシーバスに発見してもらうために使い分けたりします。

 

逆に、目立ちにくい弱い波動で弱々しい泳ぎのベイトのマネをしたり

(バチ、アミだったり)

 

 

 

他には、

強い波動を嫌っているシーバスにはシンキングペンシルの弱い波動が効果的な場面もありますね。

 

 

 

 

 

・レンジでの使い分け


基本的にはルアーのタイプによって得意なレンジが違います。(メーカーがチューンナップして、本来のタイプと違うレンジを攻略できるものもあります。)

 

 

ルアーのタイプ別の得意レンジを★で表してみます。

(★が多いほど得意レンジ深い)

 

バイブレーション★★★★★

ミノー★

シンキングペンシル★★

 

 

バイブレーションは投げて放っておくとどんどん沈みますね。(こういう働きをするルアーはシンキングタイプといいます。)

 

 

少しだけ沈めて巻けば中層、

もっと沈めて巻けば深いレンジを通過させることができます。

 

 

 

ミノーは、フローティングタイプ(放っておくと浮く)でも、

シャロー専用のものから

少し潜るタイプが存在します。

 

リップが長いほど深く潜りますが、

潜るほど釣れるわけではありません。

 

 

 

 

浅いレンジほど釣れることもありますし、

もちろん潜らせたほうが釣れるときもあるので

複数持っておいて使い分けます。

 

 

 

また、シンキングミノーの場合は

フローティングミノーよりの少し下のレンジを通過させるのに使うこともあります。

 

 

どのレンジが得意なのかは製品ごとに違うので

パッケージを確認してみましょう。

(潜行レンジ20cm~50cmなどと書いてあります。)

 

 

 

 

シンキングペンシルは

放って置くと沈みますがゆっくり沈みます。

 

 

そして巻き上げると浮上する性質があり、

シーバス用に設計されたシンキングペンシルは

浅いレンジを通るように作られています。

 

 

 

よってキャスト後にゆっくり巻くことで

「シャローを通過させるのに使うことが多いです」

 

 

 

 

 

最初は、

「攻略したいレンジ」からルアーを決めて見られると良いと思います。

関連記事:レンジは重要な要素!レンジキープを試してみよう

 

 

シャローならミノー、

同じシャローでも波動が弱いほうが良いのならシンキングペンシル

深いレンジはバイブレーションでいかがでしょう?

 

 

 

 

全部お読みくださって

ありがとうございます。

 

次回もまた読んでくださいませ。

お疲れさまでした。

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいる シーバスフィッシングのタックルの悩み
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました