ラインの強度維持に重要!「2つ+1つのPEラインの強度を維持するための方法」

シーバスが釣れなくて悩んでいる

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

 

釣りをはじめたばかりの方に多い悩みがコレ

 

「いざという時にラインが切れる」

「いつの間にかラインに傷が入っている」

 

 

 

PEラインは

無傷の状態では強度が高いのですが、

1回傷が入ってしまうと極端に弱化します。

 

 

 

シーバスフィッシングをはじめたばかりのビギナーは

ラインに傷が入らないように使うためにはどこに気をつけたらいいのかを記事にしました。

 

 

 

 

関連記事:知っておかないと釣具を買い直すことに…!?「釣具の後片付け」の方法を知って長持ちさせよう

関連記事:堤防でシーバスを釣るための「タックルのバランス」を5分くらいで解説します。

 

PEラインをこすらないために【リーダーシステム】を使う


PEラインはコンクリートなどの硬い障害物に擦れてしまうと傷が入ります。

 

この状態では大幅に強度が落ちてしまい、

ちょっとした負担で切れてしまいます。

 

 

 

 

「PEラインを使うときは

ラインに傷が入らないように使いたいです。」

 

 

 

 

なるべく傷が入らないように使うために、

ショックリーダーを使う


PEラインに直接ルアーを結んで使うと

ルアーの近くの部分のPEラインが擦れやすい状態になってしまいます。

 

 

(そうですね、

ルアーの近くは障害物にぶつかりやすいですし、

シーバスの体にも近いですよね。)

 

 

どうしたいのかというと、

PEラインの先端にリーダーというフロロカーボンやナイロンラインを結んでおくのです。

 

 

 

いわゆるリーダーシステムというものです。

 

 

 

 

最初は

リーダーを組むことが難しいですが、

この記事を読んで何度も練習してみられてください。

【動画あり】5分で覚える「FGノットのやり方」楽しく釣りをするための1つの訓練とは?

 

 

 

 

 

私もリーダーを組めるように50回は練習しました。

(もういらなくなったナイロンラインで練習すると、お金がかかりません♪)

 

 

 

 

 

 

PEラインを傷つけないための2つめの方法、

キャストに気をつける【低い弾道で投げる】


 

障害物に触れないように

キャストするコースを決めましょう。

 

 

 

これは護岸で多いのですが、

意外とキャスト後の横風を受けた時に

糸ふけが出てコンクリートにPEラインが擦ったりします。

 

 

(糸ふけが擦れてしまうので、

リーダーシステム組んでいても

PEラインにダメージが入ってしまいます。)

 

 

 

特に風の強い日に起こりやすいですよね。

 

 

 

こういったときにどうしたらいいのかというと、

「なるべく糸フケが出ないように低い弾道でキャストする」のです。

 

 

 

 

 

私がよく使うキャスト方法は

アンダーキャストです。

 

下からの振り込みで水面スレスレをかすめるように飛ばします。

 

 

 

確かにオーバヘッドやサイドハンドキャストよりも飛距離が落ちるといったデメリットはありますが、

 

 

低い弾道で飛ばすことにより、

水面に落ちる前に落下する距離が少なくて済むので

糸ふけが少ないのがとても便利な投げ方です。

 

 

 

ここまでのまとめです。

 

・ラインシステムを使えば

PEラインが直接擦れることを防げます。

 

 

・糸ふけが原因で

横風を受けてコンクリートの壁に擦れてしまう。

 

アンダーキャストなどで

低い弾道で投げれば落下する距離が短くできるので

糸ふけを極力少なくできます。

 

 

 

基本この2つが大切ですが、

もう1つ重要なことがあります。

 

 

 

PEラインをたびたびチェックする事がとても重要です。

 

傷が入ったまま気付かずに使っていると、

シーバスがかかった瞬間に切れてしまうなど

とても残念な結果になります。

 

 

 

 

 

ラインをチェックするタイミングは、

何かに擦れたかな?と思ったときは必ずチェックします。

 

 

またゴミを引っかけてしまったときも

ゴミと擦れた可能性があるので、

リーダーとリーダーの結び目から2mまでのPEは必ず調べます。

 

 

キャストのミスをした時、

大きなシーバスを釣ったあとも

確認しましょう。

 

 

 

 

もしも傷が入っていたら

傷がついたエリアから30cm の部分から PEラインを切ってラインシステムを組み直します。

 

 

 

 

面倒くさいですが

傷が入ったまま使うと必ず切れるので

ルアー1個分の値段が浮くと思えば得した気持ちになれます。

 

必ず結び替えましょう。

 

 

 

 

 

PEラインは無傷の状態でこそ強度が発揮されるラインです。

 

管理は大変ですが、

細くて強い夢のようなラインなので、

使いこなしてどんどん釣りたいですね。

 

 

 

 

今回の記事はここまでです。

また次回も読んでみてくださいませ。

 

お疲れ様でした。

 

 

関連記事:最初に揃えるべき!シーバスを釣るために必要な18個のアイテムとは?

関連記事:自信がないファイトを脱却するためには5つの◯◯に気をつける

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいる シーバスとのファイトで困っている時の処方箋 シーバスフィッシングのタックルの悩み フッキングの悩み ランディングに失敗しそうで不安なあなたへ
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました