潮の流れがあったほうが釣果に期待できるのはなぜ?大潮じゃなくても釣れる?

シーバスが釣れなくて悩んでいる

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

「大潮の日じゃないと釣れないでしょ?」

「休日に釣りをするときはどの潮がいいのかわからない」

 

 

 

 

 

関連記事:ビギナーにおすすめする ミノー、シンキングペンシルをただ巻きをする時のロッドの位置、角度は?たった1つのレンジキープさせるための必須知識

 

最初は潮にこだわらない


まず大潮だろうと小潮だろうと

休日の少ない時間で釣りをされるのなら

潮を選びにくいかと思います。

 

 

 

まず潮を選ばずに

釣り場に通ってみられてください。

 

 

釣り場によって

大潮の方が釣りやすいポイント

小潮の方が釣りやすいポイントもあります。

 

 

 

たとえば、

大潮の日に釣りをしていたとして

もともと流れの強いポイントでは流れがきつすぎて

釣りにくかったりします。

 

 

 

こういうときに

どうしたらいいのかというと、

 

 

【ポイントの特性と地形と潮回りをあわせて計算して

都合のいいポイントに移動しちゃいましょう。】

 

 

 

 

潮回りと大潮


大潮→中潮→小潮→長潮→若潮…

「その日によって、どれくらい海水が移動するのか」というレベルのこと

 

 

 

この中でも「大潮」は大きく潮の流れが発生しやすい日になるので、大潮の日を狙って釣りに行く方もいらっしゃいますね。

(シーバスは潮が動いている方が、活性が高い事が多いですよね)

 

 

 

でもでも、

大潮ばかりを狙わなくても良いんです。

 

 

 

だって大潮の日は

ライバルもたくさんいますし、

 

釣り場によっては

潮の速さが災いして「時合いがすぐに終わってしまう」などといった

逆に釣れないという現象も起きるので

 

大潮にこだわる必要はありません。

 

 

 

大潮は流れが発生しやすいのですが

なぜ流れがあったほうが釣れそうなのかというと、

 

 

 

 

 

流れがあったほうが釣果に期待できるのはなぜ?


そもそもなぜ

潮の流れがあった方が釣りやすいのかと言うと、

 

 

 

 

シーバスもベイトもですが、

あまり流れの中にずっといることはできません。

 

 

 

 

魚の泳げるチカラは

自動車のエンジンように出せる限界の速度が決まっています。

 

(※軽自動車は、100kmくらいだとしたら、

レース用のフォーミュラーカーは200キロを越える速度が出るといったように)

 

 

 

 

 

流れに強い魚や

弱い魚がいるのです。

 

ベイトフィッシュになる小魚は

流れに強いタイプばかりではありません。

 

 

 

 

シーバスに追いかけられて逃げているうちに

流れと流れがぶつかる場所に

追い詰められたときに、

 

 

速度をうまく制御できなかったり

流れの強い抵抗でブレーキがかかったりして

 

隙(スキ)ができることで

シーバスに食べられてしまうのです。

 

 

 

これはシーバスの視点で見ると

流れがある方がベイトを追い詰めやすいので

好都合なのです。

 

 

 

 

1度ココまでの情報をまとめます。

 

ベイトは流れの中では自由に泳げない、

動きが流れのせいで鈍ったらベイトはシーバスに食べられやすい。

なので流れがある条件で釣りをしたい.

 

 

こういった条件を望むのなら

大きく潮が動く「大潮」が都合が良さそうですが、

 

実際には、大潮の日でなくても釣れます。

 

 

 

 

むしろ

大潮の日には潮が動くイメージから

釣り客が大量に来ることがあるので

ポイントを選べないこともあります。

 

 

 

さらに、

大潮は時合がすぐに終わってしまうので

どんな流れで地形との組み合わせも考えると

 

釣れるスポットを知っておかないと

釣りにくい環境でもあります。

 

 

 

 

 

 

最初は潮で釣りに行く日を選ばずに

いつも通っているポイントに行ってみてください。

 

すると

潮によってどんな変化が起きているのかを観察してみましょう。

 

 

実際に釣りをしてみるともっとわかりますが、

普段のポイントでも釣りやすい日と

釣りにくい日があるはずです。

 

 

 

釣りやすいときは

時間帯や潮をメモしておいてもいいでしょう。

 

 

もしも

釣りにくい場合は他のポイントを探してみましょう。

 

なぜ釣りにくいのかの理由も

観察して覚えておきます。

 

 

 

流れがきつすぎて

釣りにくいのなら

 

流れが緩やかなエリアに行ってみるなどしたらいいでしょう。

 

 

 

【観察することにに慣れてきたら】

またこれでは

流れだけで考えています。

 

 

地形の変化や

ベイトフィッシュがいるのかどうかも

同時に考えてみましょう。

 

 

 

 

何度も釣り場に通い、

 

失敗を恐れずに

釣れなくてもたくさん吸収して帰りましょう。

 

 

 

 

私は潮の動きは後回しにして

ベイトがたくさんいる条件を優先してポイントを選んでます。

 

実際に釣り場に立って「もう少し流れがほしいな」と思ったら

河口に行くなどとアバウトに釣りをしています。

 

 

 

 

私も研究中ですが、

 

現時点では

流れよりもベイトのほうが重要な場面も多々あると思います。

 

 

潮で日を選ばずに

トータルでポイント選びをしてみましょう。

 

 

 

 

今日はココまでです。

また次回も読んでくださいね。

 

お疲れさまでした。

 

 

関連記事:釣果アップのための1つの解決策!ただ巻きで釣れる確率がアップする「リトリーブコース」とは?

関連記事:4つのコツでただ巻きを使いこなそう「リトリーブスピード編」

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいる ポイント(釣り場)の悩み
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました