知らなかったら損をする!?3つの釣具を買ったときの必須チェックとは?

シーバスフィッシングのタックルの悩み

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

 

「釣り具を購入したら、しておくことってあるの?」

「普通に釣り場で使えばいいんじゃないの?」

 

 

 

実は、

釣り具を購入した後に

 

製品ごとのばらつきや、

初期不良をチェックしておかないと

悔しい思いをする事になってしまいます。

 

 

 

 

 

釣具購入後はちゃんと動くのか調べましょう


 

「新品なのに

ゴリゴリした巻き心地のリール」

 

「実は、

ガイドが曲がっていたロッド」

 

 

 

こういった初期不良を買ってしまったら

保証書があれば

ちゃんとした製品と交換してもらえたり、

返金してもらったりできます。

 

 

 

 

しかし、

初期不良に気付かずに釣り場で使ってしまうと、

 

本当に初期不良で動作がおかしいのか、

自分がぶつけて壊してしまったのかの判断が難しくなります。

 

 

 

関連記事:最初に揃えるべき!シーバスを釣るために必要な18個のアイテムとは?

関連記事:知っておかないと釣具を買い直すことに…!?「釣具の後片付け」の方法を知って長持ちさせよう

 

 

 

こうなってしまうと、

保証も効かない場合もあります。

 

 

 

 

 

初期状態を確認してトラブルが起きたときに対応しやすくするために

釣り場で使う前に、必ず初期不良や動作チェックをしましょう。

 

 

 

 

 

ロッドは特にガイドをチェックしたい!


ガイドの取り付けがまっすぐかどうか確認したいです。

 

 

 

私は以前、

ガイドの曲がったロッドを購入して使っていたことがあります。キャストのたびに右にカーブする軌道になってしまう現象が起きたんです。

 

 

 

他のロッドに持ち替えると起きない現象だったので、

ロッドをの各パーツをチェックしたんです。

 

 

 

そうしたら、

ガイドのフットが斜めになった状態で取り付けてあったのを発見しました。

 

結構高いロッドだったのですが、購入する前によく見ておけばよかったと激しく後悔しました。

 

 

 

 

もちろん購入される前に

ガイドがまっすぐついているのかチェックされるのがベストです。

 

すでに購入してしまったものは、

ダメ元で釣具屋さんで保証が効くのかどうか相談してみましょう。

 

 

 

 

 

 

また釣具屋さんでよくあるのですが、

購入する前にロッドを箱から出して振っているお客さんがいらっしゃいます。

 

 

こういったときに

ロッドを釣具屋さんの壁や他の商品にぶつけたりして

傷んでいることがあります。

 

 

 

どんなふうに傷むのかというと、

ガイドをぶつけてリングが割れていたり、

ガイドフレームが変形したりです。

 

 

 

 

 

やはり購入した後でも

釣り場に持って行く前に

すべてのガイドをチェックしておきたいです。

 

 

もしもガイドが

欠けたり割れたりと破損していたら

 

保証を使うか

修理依頼を出しておきましょう。

 

 

 

 

 

リールは確認できる範囲でチェックする


リールは複雑な構造なので

すべてのパーツをバラシてチェックするのは難しいです。

 

まずスプールやボディに傷が入っていなのか確認します。

 

 

次に、

ハンドルをまわしてみて

滑らかに回るのかをチェックしましょう。

(新品なのにゴワゴワした巻き心地のものもあります。)

 

 

 

ベールが起きるのかどうかを

実際に動作させてチェックしておきましょう。

 

 

 

次にラインを巻いた後に

ドラグが効くのかチェックしましょう。

 

 

 

ドラグのノブが閉まっている時にブレーキが効くのか、

ドラグのノブを緩めたときにスムーズにラインが出るのかをチェックしておきます。

 

 

 

同時に、

ラインを出した時に

ラインローラーが回転しているのかもチェックしてみましょう。

 

 

 

ラインローラーは

ベイルの端っこにあるラインが擦れるパーツです。

 

このパーツが回転する事で

ラインがスムーズに出るのでドラグと併せて使うことでラインへの負担が減らせるのです。

 

 

 

この

ラインローラーがうまく動作しないと、

ドラグ設定によりラインが出ていても、

負担が集中してしまい切れることがあります。

 

 

ラインローラーが確実に動作するのかを

チェックしておきたいです。

 

(スムーズに回らない場合は、オイルをさし直すと直る場合もあります。)

 

 

 

 

 

ルアーのラインアイが曲がってないか?


実はロッド、リールだけでなく、

ルアーも初期不良が存在します。

 

ラインアイという

ルアーの先端にある

リーダーやスナップと接続するための金属製の輪があります。

 

このラインアイが

初期状態で曲がっていることがあります。

(※購入時点でまっすぐ泳いでくれるのなら調整の必要はありません。)

 

 

 

ラインアイが曲がったまま使うと

どんな現象が起きるかというと

 

 

流れのないところで

まっすぐリトリーブしたのに、

「ルアーが左右どちらかに偏って通過してしまう。」

なんてことが起きてしまいます。

 

 

 

これでは、

リトリーブコースが意図してないコースになってしまったり、ルアー本来の動きが出ずにシーバスに嫌われたりします。(釣れない原因になってしまいます…)

 

 

こんなときに

どうしたらいいのかというと、

 

 

 

 

 

【トゥルーチューンする】


最初にフックを装着するアイが曲がっていないかチェックしておきます。

真っ直ぐになっていないのなら、プライヤーで少しだけ曲げて真っ直ぐに調整しておきます。

 

 

 

そうです、

フックを装着するアイをすべて真っ直ぐにしてから

ラインアイを調節します。

 

 

この作業は必ず、スプリットリングを外せるプライヤーを使って行いましょう。

(爪を使って行うと、やりにくいですし怪我をしてしまいます。)

 

 

 

 

もし、

ラインアイが

ルアーを正面から見て右に曲がっていたとしたら

 

 

プライヤーで挟んだまま、

向かって左にほんの少しだけ「クッ」と曲げてから

再び泳がせて、まっすぐ泳ぐのかチェックしましょう。

 

 

少しずつ調整するのがコツで、一気にやろうとすると曲げすぎてアイが壊れたりします…)

 

 

 

 

調整して

まっすぐ泳ぐのなら完成です。

 

 

 

 

他にチェックしたいことは

フックの先が鈍くなっていないか?です。

 

フックの先端が曲がっている場合は

新しくフックを用意して交換しましょう。

(交換するときは専用のプライヤーを使ってスプリットリングからフックを外します。)

 

 

 

まとめ

・ロッドはガイド周りをチェックする

・リールはチェック項目が多いので、1箇所ずつ動かしながらチェックする。

・ルアーはフックのアイ→ラインアイの準備で調節する。真っ直ぐに泳いだらOK

 

 

 

初期不良を確認するために、

ロッド・リール・ルアーと3箇所のチェックをしてから釣り場に持ち込みましょう。

 

 

これなら初期不良なのか

あとから壊れたのかはっきりしますね。

(あとで修理などの対応するのもスムーズに行なえます。)

 

 

関連記事:禁断の!釣果の情報から攻略のヒントを盗み出す方法

関連記事:釣れないときの3つのヒント!「シーバスフィッシングで悩んだら」

 

 

 

長くなりましたが、

全部お読みくださりまして

ありがとうございます。

 

また次回も読んでくださいね

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスフィッシングのタックルの悩み
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました