釣れないときの3つのヒント!「シーバスフィッシングで悩んだら」

シーバスが釣れなくて悩んでいる

こんにちは

獅子狩ジンです。

 

 

「釣れなかったけど、どうしたら良かったの?」

「なにかヒントがほしい」

 

 

 

 

釣りをしている以上は

釣れない日は必ず来ます。

 

しかし、

「次こそ釣ってやろうと」対策を考えるのが釣り人です。

 

 

 

その中でも

ビギナーが直面する悩みの解決策を3つ考えてみました。

 

 

 

関連記事:ビギナーにおすすめする ミノー、シンキングペンシルをただ巻きをする時のロッドの位置、角度は?たった1つのレンジキープさせるための必須知識

関連記事:釣果アップのための1つの解決策!ただ巻きで釣れる確率がアップする「リトリーブコース」とは?

 

 

 

釣れないときの3つのヒント!「シーバスフィッシングで悩んだら」


 

ポイント変更

レンジキープ

ルアーチェンジこの3つをピックアップしました。

 

 

 

 

 

「シーバスがいないポイントで粘っていた」

 

「レンジキープができてなかったからシーバスに無視された」

 

「ルアーのタイプを変更すればよかったのに、

こだわってしまって時間ばかり過ぎていた」

 

 

こんな悩みに直面していませんか?

 

 

 

 

 

 

釣れなくても楽しければいいのですが、

また釣りたくなったときは

この3つを何度もチェックしています。

 

 

 

 

そのポイントにに「ベイトフィッシュ」は居るのか?


シーバスはベイト(エサ)を求めて回遊(移動)する魚です。

 

 

「どの釣り場にもシーバスがいるわけではありません。」

 

 

 

 

ベイトもシーバスもほとんど居ない条件の釣り場はあります。実績があったり有名なポイントでも、ベイトとシーバスが移動していることも珍しくありません。

 

 

 

 

 

ベイトが居るフィールドで釣りをしなければ

シーバスが釣れる確率はとても低いです。

 

 

 

 

 

こういったときは、

その季節のベイトがどこに接岸するのかを予測しながら

ポイントを変更しちゃいましょう。

 

 

 

 

 

私はポイントをコロコロ変更して

活性の高いシーバスを探しています。

 

 

何よりも

活性の高いシーバスはただ巻きで釣りやすいです。

 

すぐ釣れて

小細工をする手間も省けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

レンジキープできているのか?


 

 

 

私は、

釣りを始めたばかりの時点では

シャローから攻略するのをオススメします。

 

 

 

これは攻略難度から考えると、

ミドルレンジはレンジキープできないと攻略できませんし、

ディープは根掛かり連発なんてことも…

 

 

 

また、

「レンジのどこを通過させたら釣果が期待できるのか?」

これを自分自身で予測できる必要もあるのです。

 

 

 

 

 

経験の少ないアングラーにとって

しっかり通せるレンジはシャローだと思うからです。

 

 

 

 

シャローのレンジキープは、

フローティングミノーを巻き続けるだけで可能です。

 

 

フローティングミノーを同じ速度で巻き続けて、

レンジキープを感覚的に覚えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

釣れないときは狙いのレンジを変更してみましょう。

 

 

 

同じシャローでも、

 

水面下なのか

水面上を攻略するのかで反応が違ってきます。

 

 

 

 

レンジを変えるには

同じフローティングミノーでも潜るタイプの製品を用意して

ただ巻きをするだけです。

 

 

 

「少し潜らせたら釣れた」なんてこともあるので

釣れないときは試してみましょう。

 

 

 

 

ルアーのタイプを変えてみる


同じシャローでも

ミノーで釣れなくてもシンキングペンシルに変えただけで釣れることも珍しくありません。

 

 

シンキングペンシルは

レンジキープするのが難しいので、

 

ミノーで練習して慣れてから

ステップアップとして挑戦してみることをオススメします。

 

 

 

 

 

シンキングペンシルはリップがないので

引き抵抗が少なくリトリーブしている感覚がつかみにくいです。

関連記事:最初の使い方は1つだけ「シンキングペンシル」を使った釣り方に挑戦しよう

 

 

 

でもやることは

ミノーのレンジキープを応用するだけです。

 

確かにシンキングペンシルは放っておくと沈んだりと

ミノーとは勝手が違います。

 

 

 

 

 

しかし、

ただ巻きで使われるのなら

 

ミノーもシンキングペンシルも

「キャストしたら一定の速度でリトリーブする」という共通点があります。

 

 

 

感覚的にリトリーブの抵抗がないのが大きな違いですが、

慣れることで解決します。

 

 

そうそう、

シンキングペンシルは風が強いと

とても糸ふけが出るので扱いが難しいです。

 

いままでシンキングペンシルを使おうとして

糸が絡んで諦めてませんか?

 

 

 

 

シンキングペンシルを

強風下で試されたのなら、

 

あなたのせいではなく

風のせいかもしれませんよ。

 

 

 

(今度から

風が弱い日に使ってみてください。)

 

 

 

 

 

今回お話ししたのはこの3つです。

 

・シーバスとベイトがいるポイントに移動する事

・レンジキープができているのか見直してみる

・ルアーのタイプを変えて反応を見ること

 

 

 

確かに他にも釣れないときの原因はあります。

 

しかしこの3つは、

少し気をつけるだけで解決するので

気軽に試してみてください。

 

 

今回の記事も

全部お読みになっていただいて

ありがとございます。

 

また次回も読んで

あなただけの釣りにお役立てくださいませ。

 

関連記事:F?S?ミノーのタイプと使い分け 最初に使うなら○タイプのワケとは?

関連記事:え?ルアーは全部のカラー、サイズを揃える必要があるの?

——————

はじめまして、獅子狩ジンです。

私はタダ巻きをメインに使って
ナイトゲームでシーバスを釣ってます。

 

タダ巻きの具体的なコツは
・活性の高いシーバスを見つける
・正確なキャストをする
・ロッドをブレさせない
・最後まで同じリズム、速度でリトリーブする
・リトリーブコースを工夫する
・レンジに注意する
この6つでしょう。

 

 

今でこそ、

どうやったら釣れるのかはっきりしていますが、

過去の私は全く釣れない時期が2年もありました。

 

 

雑誌を読み漁り、
何度も試行錯誤を繰り返して、釣り修行をしたところ
タダ巻きで釣るコツが解るようになりました。

 

現在では、
「釣れる日を選んで、釣れそうなシーバスを見つけてタダ巻きで釣る」という楽なスタイルで釣ることを楽しんでいます。

 

 

「タダ巻きで釣れるシーバスだけを狙っても
それなりに釣れるのです。」

 

 

メールマガジンでは、
楽なスタイルでタダ巻きを使った釣り方を
包み隠さずに発信しています。

 

 

 

メルマガ【柔らかく考えるシーバスフィッシング講座】のご案内

 

スタンダードなシーバスの釣り方を
毎日一通ずつのメールで学んでみませんか?

 

 

※主な登録特典
便利で簡単なラインシステムの組み方をメルマガ登録者様限定で動画でご視聴できます。

(本当は秘密にしておきたかったとっておきのノットです。この機会にGETしてください。)

シーバスが釣れなくて悩んでいる
sisigarijinをフォローする
【オンラインシーバス釣り教室】
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました